タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



インド旅行の写真とまとめ
前回の続き。。。

適当に写真貼っていきます。

india27.jpg

ビジネス街。日系企業も進出。
街並みはとてもきれいでインドっぽくない。

india28.jpg

きれいなビジネス街のすぐ近くには、こんなエリアも。
アジアらしく貧富の差がすごい。

india29.jpg

貧しい暮らしだが、にこやかな住人。

india30.jpg

フルーツジュースの売店。
オレンジジュースにスパイスと塩が入った飲み物が絶品。

india31.jpg

インドのスタバはセキュリティチェックあり。

【インドの印象など】
・食べ物は何食べても美味しかった。 
 カレーテイストばかりだが、短期旅行では飽きなかった。
 ただ、長期では厳しいと思う。
・インド人は人懐っこく好奇心旺盛
 携帯いじってるとのぞき込んでくるし、
 セルフィ―撮ってたら勝手にカメラ目線で入ってきたりする。
・街は汚い。うるさい。実にアジアっぽい。
・野良犬多し。神様である牛も野良牛でゴミ漁ってたりする。
・サービスレベルはあきらかにタイより上
 観光地や駅前はオートリキシャ(三輪タクシー)の客引きがしつこかったりしたが
 ホテルやレストランなどのサービスで不快な思いはしなかった。

日本とのギャップが大きいので、
インドは楽しい国。
行って良かった。

数年後の2024年には、インドの人口が中国を抜いて世界一になる見込みだそうだ。
2017年のGDPは世界7位だったが、ここ数年7%程度成長しており、
2028年までにドイツや日本を抜き、GDP世界3位になる見通しとのこと。
今回旅行して感じたけど、活気もありたしかに成長しそうな雰囲気だった。
インドが経済開放、自由化を本格的に開始したのが1991年と非常に遅く、
中国が1978年に経済開放したのに比べ10年以上遅れている。
これから投資でも全然遅くない、というか本格的な成長はこれからだろう。
インドへ投資するなら、米国ADRに上場しているインド株を
楽天証券かSBI証券で買うことができる。配当も米ドルで受け取れる。
経済発展と同じように安定した伸びを期待するなら、
ICIC銀行など大手銀行への投資がいいと思う。
ちょっとリスクを負ってもいいなら、
インフォシスというIT企業が配当も高く面白いと思う。


インド旅行の写真
(おねえちゃんが「ドリアン食べたい」と。
 さっそく買って食べました。
 雨季が始まるとドリアンも食べごろですね。
 匂いが苦手な人多いですが、「果物の王様」といわれるドリアン、
 東南アジアに旅行したらぜひチャレンジしてみてください。
 ホテルは持ち込み禁止のところが多いので気を付けてね。 シロウ)

さて、インドの写真適当に貼っていきます。

india20.jpg
↑野菜の屋台。インドはベジタリアンが多いので野菜の屋台は多いです。
 しかし、道端はゴミだらけですね。

india21.jpg
↑市場で売られてたヤギの頭。もちろん食材です。ちょいグロ。

india21-1.jpg
↑さばかれる前の鶏さんたち。まだ生きてます。

india22.jpg
↑豚。重そう。

india23.jpg
↑スパイスの種類は豊富。 インドは大腸ガンが少ないらしいですが、
 この中のどれかが効いてるんでしょうね。

india24.jpg
↑左上の方の下顎がとび出た魚、なんていうんでしょうね?
 食べたことないけど、きっと美味いんだろうな。

india25.jpg
↑寺院の横の広場で草クリケットやってたので、観戦。
 結構、迫力あるね。

india26.jpg
↑インド人の子供らは「写真撮って~!!」と群がってくる。

india26-1.jpg
↑遺跡。学生もウジャウジャ。

続く。。。


インド旅行2日目~3日目
(メジャーへ行った大谷選手、すご過ぎるだろ。
 マンガでも嘘くさいって言われるレベル。
 大谷選手の動画を見るのが楽しくてしかたない。
 怪我だけはしないことを祈ります。   シロウ)

さて、本文いきます。
前回の続き。。。

インド旅行2日目。

電車でタージマハールへ向かう。

india11.jpg
↑駅のホームの様子

india12.jpg
↑特急電車の中。 指定席。

india13.jpg
↑車内食。インドらしくベジタリアン専用メニューもあり

意外と快適。
インドの電車って屋根まで人が乗ってるイメージだが、
さすがに特急電車はそういうことはなかった。

あ~、書くのが面倒になってきたので
インド旅行2日目以降は写真適当にアップすることにするわ。

india14.jpg
↑インドでは神様扱いされてる牛が、普通に野良牛状態。

india15.jpg
↑巨大なタージマハール

india16.jpg
↑すごい行列。入口から中に入れるまで4時間かかるという。。。
  外国人は高いチケット買わされるので優遇。専用レーンを通って30分ほどで中へ。

india17-1.jpg
↑インドの裏道風景

india17.jpg
↑子供らは「写真撮って」と寄ってくる。

india18.jpg
↑「パーン」という嗜好品。噛むと口の中が真っ赤になって
 何とも言えない香りが広がる。
 台湾のビンロウと同じようなもの。

india19.jpg
↑街中ではサルをあちこちで見かけた。

続く。。。

インド旅行1日目
米中貿易戦争がなんだか子供の喧嘩みたいになってきたな。
 報復の報復、さらにそれに対して報復、、、
 2大国が喧嘩すると当然世界の景気は悪くなるわけで、
 特に米中と関係が深い日本、ASEAN各国も悪影響が出てくるだろうね。
 どっちかが倒れるまで本気で殴りあったら、
 最終的にはアメリカが勝つんだろうけど、
 インドあたりが一番漁夫の利を得そうな気がするなー、これは。
 ウヒヒ。                       シロウ)
 
さて、そんなインドへ行ってきたときの日記いきます。

高校時代からの友人Q君からの誘いで
インド旅行へ。

まず準備から大変だった。

①航空券チケット
SpiceJetというインドの航空会社を利用。
ネット上でチケット予約できるが、
他の航空会社のネット申込よりも操作が分かりにくい。
往復で約200ドル。(約2万円ちょっと) 安い。

②ビザ
インドへ旅行するにはビザが必用なのだ。
ビザ申請はネット上でできるのだが、
質問項目が多すぎて大変。
しかも最後のカード決済画面で、
「インド国内発行カード」か「国外発行カード」を
選ぶのだが、国外発行カード画面から決済すると何度やってもエラーになる。
試しに「インド国内発行」で試してみたら、すんなり通った。
なんなのこれ。
もちろんシロウのカードは国外発行なのに。
ビザ申請用の写真は、スマホで撮った写真で大丈夫だった。

特にインドに行きたいとか強い希望がなく、
なんとなく「インドでも行ってみるか~」程度の旅行者だと
ビザ申請時点で面倒くさくなって挫折すること間違いなし。

インドは旅行者に来て欲しくないように思える。

③リエントリーパーミットの取得
これをタイのイミグレーションに行って事前にとっておかないと、
シロウのタイでのビジネスビザが失効してしまう。
1,000バーツと高い(約3,000円)

今回はホテルはQ君が予約してくれたので
事前準備が完了し、11月24日(金)早朝3時発の飛行機でインドへ。
と思ったら、3時間の遅れ。
インド・ニューデリー空港で待ち合わせすることになってるQ君へ
Lineで「飛行機3時間遅れだから待ち合わせ時間も3時間後ろ倒しでよろしく」と
連絡。
飛行機が遅れたので空港内で使えるお食事券200B分をもらった。

ニューデリー空港で入国手続き。すごい行列。
全ての手の指紋を採取されるので、それに時間が掛かる。
見てると指紋認識の機械の精度が悪いようで、
エラーになって取り直してるのが頻発。
こりゃ時間掛かるわ。

空港出て事前に決めていた待ち合わせ場所へ行ってみたが、
Q君が見当たらない。
5分程さまよってたら、ベンチで爪をカジカジしながらスマホを見ている
Q君発見。良かった無事会えた。

まず向かったのは翌日タージマハール行きの鉄道切符購入。
その後、歩いてホテルへ向かう途中の安っぽいレストランで食事。
Q君はカレー、シロウは焼きそば風の何か。
すげーしょっぱい。

India01.jpg
↑量多し。

インド、汚い上に渋滞ひどいしクラクション鳴らしまくるんでうるさい。
まさにアジアのイメージをそのまんま。
あきらかにタイより濃い。

ホテルで一休みしてから市内観光へ。

india02.jpg
↑駅前風景。 タクシーがいっぱい。客引きもしつこい。

india03.jpg
↑街並み。ゴチャゴチャしてる。

india04.jpg
↑観光客はインド人ばかりで外国人は意外に少ない。

india05.jpg
↑上からの眺め

india06.jpg
↑屋台は充実してて小腹が空いたときに便利。

india07.jpg
↑ビリーという安タバコ。フィルターないのでガツンとくる。

夜はホテルの屋上のレストランで食事。
すごいボリューム。2人でシェアしてちょうどいいくらいの量。
おいしい。

india08.jpg
↑ビールは薄い

ちょうど日本では競輪祭やってるので、
我々もダイジェスト動画を鑑賞。
インドから日本の競輪見れるとは
すごい時代になったものだ。
シロウは大学生の時から競輪が好きで、
大学生の時、Q君を競輪場に連れて行ったらハマってしまい、
今ではシロウよりはるかに詳しい。
最近シロウは大レースだけ動画でハイライトを観るくらい。

india09.jpg
↑Q君の解説で競輪動画鑑賞

シロウはQ君より先に爆睡してしまい、
Q君が夜遊びに行ったかどうかは不明。

2日目へ続く。。。
...read more

ソフトボール大会優勝
(シロウがタイに来た当初2007年から10年以上同じチームで
 三遊間を一緒に守っていたソフトボールのチームメートが
 3月末に帰国してしまった。すげー悲しい。。。  

 明るいニュース。
 シロウの高校の1学年上の先輩であるプロ将棋指し丸山九段
 カロリーメイトのCMに出演中!!
 将棋ブームすごいね。           シロウ)

https://www.j-cast.com/2018/04/05325411.html?p=all
↑丸山九段CMのニュース

https://www.youtube.com/watch?v=Q_C7IUDhpZE
↑カロリーメイトのCM

さて、本文いきます。 

11月12日(日)ソフトボール大会。

今回は味の素さん主催の大会で
記念すべき第一回大会だ。
参加チームは全6チームとちょっと寂しい。

シロウの所属するチームはここのところチーム弱体化が進み
最下位争いになるかと思われたが、
優勝する気満々の男が一人。そう、監督だ。

午前中は3チームずつ2つに分かれての
総当たりのリーグ予戦。
それぞれ上位2チームが決勝トーナメントへ進む。

なんと、予選を1位で通過!!
1試合目はリードされる苦しい展開だったが、
ライトのダイビングスーパーキャッチでピンチを切り抜けてから流れが変わって
大逆転勝利。
これで波に乗って2試合目も勝って1位抜けとなった。

午後は勝ち抜け4チームによる決勝トーナメント。
接戦をものにし1回戦突破!!
他チームからノーマークだったが、なんと決勝へ。

決勝の相手は優勝候補と言われているチーム。
この試合、奇跡的に打線が繋がり大量得点。
さらに守備でもファインプレーが連発し、
なんと勝って優勝してしまった!!
初代「味の素カップ」チャンピオンに。

監督を胴上げして打ち上げ。

やっぱ優勝っていいね。

Soft01.jpg
↑優勝カップ
 カップをうれしそうに持ってるおねえちゃんは
 いつも打ち上げをする店のウェイトレス。

(12月21日にチーム忘年会が行われ、
 年間の各タイトルの表彰が行われた。
 シロウはお客さんとの忘年会が同日入っていたので
 参加できなかったが、ゴールデングラブ賞だった。
 結構、とんでもないエラーやらかしたんだが、
 2年連続取ることができた。2018年も3年連続目指して
 がんばろうっと。 シロウ)


インフルエンザで入院
(2018年3月10日、スピード違反2度目。またもオービスでやられた。
 1回目は15キロオーバーで今回は5キロオーバー。罰金500B。
 タイ警察に順調にカツアゲされてます。 シロウ)

さて、本文行きます。あいかわらずの5ヵ月遅れ日記。。。

10月23日(月)から調子悪かったけど、
24日(火)気合で出社。

帰宅するころにはかなりが出てきた。
ただ、体温計持ってないので正確な体温は不明。
風邪薬を飲んで寝たけど
一向に熱が下がらず。

25日(水)朝起きた時に非常に体がだるいので
会社は休むことにした。
2017年は病欠ゼロだろうと思ってたんだが、
ついに初の病欠。

病院に行って熱を測ると39.5度。
検査の結果B型インフルエンザと。

即入院。

看護婦は可愛かったが
全く元気出ず。
せっかく個室なのに。
点滴受けているので、身動きもできない状態。

翌日熱が37度台まで下がったので退院許可。
ただ、他の人にうつす可能性があるということで、
10月30日(月)までは会社行くな、と。

請求書22000バーツ。(約7万円)
高い!!

保険がきいて自己負担は1000バーツちょっと。(約3000円)
保険入ってなかったら大変な出費になるところだった。

人生初の入院経験でした。

sick2.jpg
sick1.jpg
薬の量がすごい。 

ラーン島
カンボジアが独裁化に突っ走ってて、とんでもないことになってる。
 そのうち欧米諸国と国交断絶とかになりかねない事態。
 シロウはカンボジアには投資してないが、もし投資してたら
 リスク回避のために早急に資金引き上げるレベルだな、これは。
 元本はまず回収しておかないと。
 直接カンボジアに投資してなくても、日系企業は結構カンボジアに進出してるから
 自分が持ってる株が間接的に影響ないかどうかなど、
 は調べておいた方がいいだろうね。 
 主要製品の部品をカンボジアにある工場や会社から購入してる、など。)
 
http://kunota506.com/2018/02/11/post-18673/
↑カンボジア独裁化参考情報     
 
さて、本文いきます。  最近、公私ともに忙しくて、半年近く遅れ日記。時間が欲しい。。。     

10月21日(土)~23日(月)、タイは3連休なので
ガーンちゃんとパタヤ沖にあるラーン島へ2泊3日。

パタヤの港の近くの駐車場に車を停めて、
船で島へ渡る。
island01.jpg
↑船に乗ったところ。パタヤ近くなのでまだ海は汚い。

島に着いてまず、ホテルへ。
スッケー アイランド リゾート (Sukkee Island Resort)
港から徒歩10分くらい掛かるが。きれいで良かった。
食事もしっかりしてた。
island02.jpg
↑今回泊まったホテル

ホテルでちょっと休憩してから、モタサイをレンタル。
ガーンちゃんを後ろに乗せて、島巡り。

小さい島なので2泊3日だと時間が余る。
ほとんど全ての観光地回れた。
海はまあまあきれいで海水浴は気持ちよくできる。
island03.jpg
↑人少ない

island04.jpg
↑なぜか岩場へザブザブ

island05.jpg
↑海を眺めながら軽く食事

island06.jpg
↑あちこちで写真撮影(汗

夜は遊ぶところがない。夜市くらい。
夜市は島民やら旅行客がうじゃうじゃ集まってきて、
人気のシーフード屋台などは行列。

パタヤでイルカショー観て帰宅。
ガーンちゃん、初めて観たらしく、大喜び。
「妹より言うこと聞く!!賢い!!」とか言ってたな。
イルカと比較される妹って。。。

island07.jpg
↑イルカかわいい

のんびりできた2泊3日だった。
1泊2日でも十分だね。


最近見かけた怪しい話
以前から宗教やマルチ商法など、
何度も勧誘を受けたことがあったけど、
最近もなぜかいろいろな怪しい情報が送られてきます。

ほとんどは「こんなのに引っかかるやついるのかよ?」という
ネタとして情報提供してくれる人たちですが、
中には本気で勧誘してくる人もいます。

勧誘に対しては、面倒くさいので
「東芝株でやられちゃってさ~、全然資金がないんだよね~、
 まずは俺に融資してくれん?」と言うと、だいたいおとなしくなります。(笑)

※実際は東芝株の取引きしたことはないです

最近シロウの元に来た怪しいネタを下に書いていこう。

1.カンボジアへの不動産投資
  知り合いから「カンボジアの不動産視察ツアーがあるんで行こうよ。
  数年で数倍は確実だってよ。」と誘われた。
  聞いたこともない不動産会社で怪しすぎ。
  もちろん「東芝が~」とお断り。
  そもそもシロウは不動産投資はやらない。
  なんだかんだ手間掛かるし、すぐに現金化できないし
  保険は使えるんだろうけど天災とか火事とか起きたら面倒だし。
  カンボジア投資ってタイに住んでる日本人向けなのかな?
  それとも日本でも流行ってるの?
  https://media.tousee.jp/knowledge/real-estate-investment-fraud-2/
  ↑参考情報。お気をつけください。

  もし、不動産投資をやるとしたら(やらないけど)、
  信用できる業者選びが一番大事で、さらに自分でケツ拭けるかどうか
  ポイントだろうね。借り手がいない場合、最悪自分でそこに住むとか。

2.男性募集!!(お金持ちの美熟女の簡単なサポート)  
 sagi2.jpg
  ↑知人がネタとして送ってくれた募集広告
  
  これはもうおそらく20年くらい前からある詐欺で、まだやってんの?って感じ。
  流れとしてはこんな感じ↓
  入会金を払って登録(数万円くらい?)→女性を紹介される(詐欺師の雇ったサクラ)
  →女性をエスコート→そこで問題が起きて女性激怒→大事な客なのになんてことしてくれたんだゴルァ!?
  →怖い人出てきて賠償金請求。(数十万円くらい?)もちろん払い済みの入会金は返って来ず。
  というのが典型的パターン。
 
3.仮想通貨
  「今働いてる会社で新しく仮想通貨を立ち上げたので投資してチョンマゲ」だと。
  ICO案件だ。(仮想通貨を発行して資金を調達すること。株で言うところの新規上場みたいなもの)
  
  sagi1.png

  ↑本気で人にお願いするのならラインはちょっと。。。
   ばらまいてるってのがバレバレだぜ!
  
  実に怪しいぜ~。株は新規上場するにあたって厳しい審査があるんだけど、
  仮想通貨はやろうと思えば誰でもICOできるらしい。なんじゃそりゃ!?
  何の保証もないものには投資できません。
  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9412.php
  ↑参考情報。お気をつけください。

4.「〇〇」へ投資
  共通の知人がここを見てる可能性が高いのであえて伏字にさせてもらいます。
  以前から何度も勧誘受けてて、もちろん「東芝が~」とか
  「興味ないっすね~」とか言ってたんだけどなかなか粘り強く勧誘してくる。

1月26日に起きた580億円分の仮想通貨(NEM)盗難事件の翌朝にも
さっそく電話がきた!!

シロウはまだ寝ていた。

タキさん「シロウくん、おはよ。 NEM(ネム)は大丈夫だった?」

シロウ「あー、おはようございます。タキさんもEVO 見てるんですか?」むにゃむにゃ

※この時、ちょうどEVO JAPANという e スポーツのイベントが行われていて、
 てっきりそれに出場している日本人プロゲーマーNEMO(ネモ)選手のことと勘違い。

タキさん「なんだよ、そのEVOって? 仮想通貨だよ、NEM(ネム)だよ、ニュース見てないの?」

シロウ「あー、知ってますよ、盗難事件でしょ?」

タキさん「シロウくんは大丈夫だった?」

シロウ「仮想通貨には投資してないんで大丈夫でした」

タキさん「あっ、そうなの? なっ、俺が前から言ってたとおりになっただろ!?
      仮想通貨はやばいって。 あんな実態がないものに投資なんてできないよな?
      金融庁の認可受けてないモグリの業者で取引とかやばすぎるだろ。
      あれおそらく自作自演やぞ。
      それに比べて〇〇は国がバックについてるから信用度が違うよ。」

いや、〇〇も相当怪しいと思うぞ。(笑)
いつもは「興味ないっすね~」とか「東芝が~」とか言ってたのだが
なぜかこの時はちょっとからかってみたいと思って
話を続けることに。

シロウ「そうですね~、タキさんの言ったとおりですね。的中おめ、です。」

タキさん「〇〇は今年に入ってからすでに5倍位になってるけど、
      まだまだこれからだし。数年内に数百倍は確実だからな!」

シロウ「すごいっすね。ちょっと前向きに検討してみます。」

タキさん「もし投資するとしたらいくらくらい?」

シロウ「いけると確信したら、1本くらい勝負しますよ。」

タキさん「100万円?」

シロウ「いえ、1億です。」

タキさん「そんなに買ったら、数年後には小さい国の国家予算くらいに
      なってるぜ! ってか、以前東芝でやられたって言ってたのに
      まだそんなにあるの!?」(メッチャ興奮しながら)

シロウ「あー、そうでした。東芝でやられたんでした。じゃ、1万円で検討してみます。」

タキさん「まあ、1万でも数年で高級車1台分は確実だからな。」

これたぶん、タキさんはシロウをだまそうとしてるわけじゃなくて、
本気で〇〇を信用してるっぽい。
「情弱のシロウにいい情報おしえてあげよう!」という親切心か?
昔のアイドルとかがゲストの怪しいセミナーとかに参加してるみたいだし、
洗脳されちゃったんだろうね。

20代頃のシロウだったら、「タキさんの洗脳を解かなきゃ!!」と頑張ったはずだが、
最近は傍観することにしてる。
〇〇が万が一、数百倍になった時、
「シロウくんが止めろっていうからチャンス逃しちゃったじゃんか!」と恨まれてもやだし。
まあ、仮想通貨みたいにブームになって、投資をしたこともないカモが
次から次にネギしょってくるようになれば、
もしかしたら本当に数百倍になるかもしれんしね。
ブームの絶頂でうまく逃げられるかどうかはタキさんの洗脳度合によると思うが。
一番儲かるのは間違いなく胴元であり、タイミングをみてとんずらするんだろうけどね。
典型的なポンジ・スキームだろう。(↓参考)
http://okanedai.com/blog/sagi-ponzi/

しかし、よく分からないのは、タキさんがこんな怪しい話にハマったきっかけ。
地元では結構名家のおぼっちゃんであり、お金には不自由してないどころか
むしろお金持ちなんだが。
基本、「金持ち喧嘩せず」の法則で、ハイリスクの投資はやらないはずなんだけどな~。
やるとしてもせいぜい小遣い程度だろう。
貧乏人が一攫千金を狙って投機に手を出すのは分かるけどね。
タキさんの行動は全くもって意味不明

投資(投機)はあくまでも自己責任です。
先日の仮想通貨盗難事件も取引所の責任はもちろん大きいけど、
それを選んだ人にも責任はあるということ。
ほかの人に勧められてもまず自分でよく調べて考えないと。
それを理解してないと、失敗する人は何度でも失敗する。

「次こそはうまくいく!」ってそんなにあまくねーから。      

悪い奴はいっぱいいるからシロウも騙されないように気を付けないと。
タイ人おねえちゃんとか。
シロウの知り合いにも車3台やられてる人いるしね。タイ人怖い。

eスポーツへの投資について
(藤井棋士、中学生史上初の五段昇進おめでとう!
 2月17日には羽生竜王対と藤井五段が直接対決!!
 将棋界もますます盛り上がることでしょう。)

さて、本文いきます。
前回の日記で『この分野を応援する目的で e スポーツ関連株を買うことにした』
と書いた。

まずは、シロウの投資の方針について
一番重要なことは、「実生活に影響しないこと」

これはどういうことかというと、
「当面使う予定のないお金を投入する」ということと、
日々値動きを確認しなきゃいけないような、
「貴重な時間をとられる投資はしない」ということ。

上記を守っていれば、日々の値動きが気になって一喜一憂するような
精神衛生上良くない状態
にはならないですむ。
実際、今投資しているところは全て10年後20年後を見ての投資先なので、
値動きも1年に1回くらいしか見てない。

それに短期予想より長期予想の方が簡単、ということもある。

例えば、自動車関連でいえば、短期で投資するとなると
ほとんどギャンブルになってしまうが、
20年後は電気自動車が一般的になっているだろうことは予想がつく。
そういう観点で銘柄を絞っていけばいい。

さて、今回の e スポーツ分野の長期予想だが、
今より市場が拡大していることは、ほぼ確実。
まだ駆け出しの段階なので、応援する意味もこめて
今のうちに投資をしておこう、ということになる。

シロウは「よく分からないから分散投資」というのは基本的にやらないので、
投資先は3銘柄ほどにしたいと思い、銘柄の絞り込みを行った。
んで、今回はどうやって絞ったかを紹介したい。

①まずは eスポーツに関連してそうな企業を探す
  ゲーム大会のホームページをチェックしてスポンサーになっている会社や
  ゲーム用機器、ソフトなど少しでも関連してそうな会社を
  とりあえずは、なんでもかんでもピックアップ。
  カプコン、バンダイ、サイバーエージャント、NTTドコモなど
  大企業も引っかかってくるが、もうすでに規模が大きいと、
  今後株価が十倍とかになる可能性が少なく、あまり夢がないので
  ピックアップはしない。
  この時点で60社ほど。

②60社の中から上場している会社のみピックアップ。
  上場してない会社の中にもかなり面白そうな会社がいくつかあり、
  今後上場したら投資先として検討したい。
  この時点で残ったのは20社ほど。
 
  ここまでは単なる作業なので簡単。

③20社の過去5年分ほどの決算内容のチェック。
 決算内容があまり良くないところは20年後どころか
 数年で消えてしまうかもしれないので除外。
 少々頭を使うが、チェックポイントは数か所だけなので
 それほど時間は掛からない。
 この時点で16社(海外6銘柄 日本株10銘柄)が残った。
 
リスクのチェック。
 悪い評判や経営リスクの材料となりそうなものはないか
 グーグルで企業名を検索。

 ↓例えばこういう情報などが出てきたら、とりあえず除外しておく。 
【東マ 6670】村上ファンド、ライブドア人脈の生き残り MCJの行く末
↑すでに記事は削除されておりキャッシュのみ

  MCJはゲーミングPCで売り上げを伸ばしており、面白そうだったけど除外。
  この時点で10社(海外5銘柄 日本株5銘柄)

企業ホームページをチェック。
  更新があまりされていないなど、やる気が感じられない企業は除外。
  それでも絞り切れないので、最後はで。
  
  その結果残ったのは、、、
  1.Logitech International(スイスの会社)
     eスポーツ選手をスポンサードするなど、この分野に積極的に
    投資していこうとする姿勢に好感。
    今後伸びていくであろうVR(バーチャルリアリティ)分野にも期待。
    (投資しようと思ったら日本の証券会社で取り扱いしてないことが判明。
     一番買いたかった株なのに、まじかよ!!)
  2.NVIDIA (米国)
    eスポーツ選手をスポンサードするなど、この分野に積極的に
    投資していこうとする姿勢に好感。
    今後伸びていくであろうAI(人工知能)分野にも期待。
  3. カヤック(マザーズ3904)
    https://www.kayac.com/
    オンラインゲームやネット広告作成、ゲームコミュニティの運営など。
    ホームページがふざけすぎ。
    なんか、普通の会社じゃないところに期待。
    今後伸びていくであろうVR(バーチャルリアリティ)にも注力。
  4.ヒビノ(JASDAQ2469)
    http://www.hibino.co.jp/
    イベント用映像・音響サービスの会社。
    今後、 e スポーツのイベントが増えていくので、
    それに合わせて地味だけど堅実に成長していくだろう、ということで。
  5.SHIFT(マザーズ3697)
    http://www.shiftinc.jp/
    ソフトウェアのテストが主業務。
    ゲームなどソフトウェア制作会社は当たれば大きいけど、
    はずれることも多い。
    この会社は、そういうのに左右されないので安定して伸びていくと思われる。
  6. イー・ガーディアン(東証1部)
    https://www.e-guardian.co.jp/
    ネットセキュリティやゲームサポートなどが主業務。
    社内に e スポーツ部を発足させ、業務にも活かしていく動きあり。

さて、銘柄の絞り込みが終わったら(ってあんまり絞り込めてないけど)、
投資時期をどうするか考えないと。
市場全体が冷え込んだ時に投資するのがいいだろうね。別に焦って買う必要もないし。
まずは証券口座に資金を移さないといけないのだが、
セキュリティが厳しく銀行口座の振込金額の上限が1日いくらまで、と決められてて
毎日せこせこと上限金額での振込処理中。めんどくせー。
振込手数料は掛からないからまだ我慢してるけど。
それと、ロジテックの株、日本の証券会社も取り扱いしてくれないかなー。
一番買いたかったのに。。。
上記ロジテックを除く5銘柄のうち、様子を見ながら順次買い付けしていきます。

上の日記は投資の勧めではないです。 が、eスポーツ観戦はお勧めです!!
分かってはいると思うけど、投資は自己責任です。

と、この日記を書いているところで、
ビッグニュースが!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000007-famitsu-game
↑きたよ~!!
 シロウが一番懸念していた賞金の少なさが
 プロ化で規制がなくなる
と。 

【記事抜粋】
今回プロライセンス制度が生まれた背景には、“景品表示法などにより、
日本では高額の賞金付き大会を開催できない”という状況があった。
しかし、大会参加者が“ゲームを生業とするプロ”であれば、
景品表示法は当てはまらず、参加者が賞金を手にすることができ、
選手にとってよりよい環境が整う、というのがJeSUの目指す未来だ。


eスポーツ
(いよいよ、1月26日から3日間「EVO Japan 2018」が開催されます!!
 日本にいたら絶対観に行ったんだけどね。予選は入場無料で
 決勝はS席8,000円。
 賞金はたったの総額500万円だって。 
 この10倍は出さないとねー。日本は規制が厳しいんだと。
 https://evo-japan.net/
 ↑EVO Japan詳しくはこちら)

さて、上記に関係している本文いきます。

最近、シロウのマイブーム(死語)はeスポーツ観戦だ。
eスポーツとはエロクトロニック・スポーツのことで
簡単に言うとコンピューターゲームのこと。

eスポーツの世界大会は頻繁に行われており、
賞金総額が億単位の高額な大会もある。
ただ、残念なことに日本国内では景品表示法等の規制で
高額な大会は行えないようだ。
eスポーツの世界では、日本は中国・韓国に完全に後れを取っており
なんとかならないものか。
世界的にはeスポーツをオリンピックの種目にという動きもある。
日本も規制撤廃など対応を強く望む。

シロウが特に興味を持っているのが、
カプコン社の「ストリートファイター」という格闘ゲーム。
大学生の頃、しょっちゅう麻雀をやっていたのだが、
メンツが余って抜け番の時に、ストリートファイター2(通称スト2)を
友達相手、もしくはコンピュータ相手に遊んでいた。

社会人になってからは遊ぶことはほとんどなくなったが、
梅原大吾という「格闘ゲームの神」と呼ばれた人については
興味を持っており、時々YouTubeなどで大会の観戦はしていた。

2017の7月に「ときど」という東大出身の日本人プロゲーマー
ラスベガスで開催された「Evo2017」の『ストリートファイターV』部門で、
見事チャンピオンに輝いたのをきっかけに、最近頻繁に動画を見ている。

しかし、現在46歳で四捨五入して50歳になるというのに
ゲーム動画を見て喜んでるってのは、ちょっと自分でも驚きである。
大学生の頃からあまり進歩してないってことか?

シロウは今後もeスポーツを観戦し続けるだろうし、
この分野の発展と認知度向上を応援したい。
とりあえず応援の意味でこの分野の株を買ってみようと思う。
10年後に今の数倍くらいになってればうれしいね。

【20年後のeスポーツ状況】(シロウの勝手な予想)
1.全国の主要都市に数千人を収容できる規模の専用スタジアムがあり、
  連日プロeスポーツプレイヤーの試合が行われる。
2.その試合の様子はインターネットテレビで配信され、
  大きい大会では視聴率10%以上。
3.各高校にeスポーツ部があり、eスポーツ甲子園のような大会も行われる。
4.オリンピックでは日本人がeスポーツで金メダル獲得。
5.年収1億円以上のeスポーツプレイヤーが日本国内だけでも50人以上。
  ちなみに現在プロゲーマーで年間1億以上稼いでる人は
  世界中で数人しかいないらしい。
(参考:2017年のプロ野球選手の年棒1億円以上は日本人約80名)
6.小学生の将来なりたい職業ランキングのトップにeスポーツプレイヤー。
  ちなみに2016年のランキングでは、
  1位サッカー選手、2位野球選手、3位医師、4位ゲーム制作、5位建築士
  すでに4位にその兆しが見えてます。
  本当は野球選手が1位であって欲しいが、厳しいだろうね。


https://www.youtube.com/watch?v=MF8wpwMknic
↑世界大会Evo2017、日本のときど選手の優勝動画。
 感動もの。


https://www.youtube.com/watch?v=fS4SKgzKawI
↑プロゲーマー梅原が大学で講演。
 いいこと話してます。