タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



将棋について(その1)
最近、日本中が将棋ブームらしい。

藤井聡太四段が中学生でプロ入りし、
なんと負けなしの29連勝!!(7月1日現在)

米長邦雄の言葉で「兄達は頭が悪いから東大へ行った。
自分は頭が良いから将棋指しになった」というのがある。
それほどの天才達が集まるプロ将棋界で
勝ち続けてるんだから、天才中の天才ですな。

シロウは地味に将棋ファンだったので、
藤井聡太のことはプロ入り前から知っていたけども
タイでも話題に上がるくらいなので、
日本ではすごいことになってるんやろうなあ。

藤井四段のことはテレビで散々やってるだろうから、
そのことには触れず、他のことをメインに書いてみたい。

2016年10月、三浦九段がソフト不正使用疑惑で処分されるという事件があった。
この事件については、後にシロだったということが判明するも
将棋界にとっては非常に暗いニュースであった。
↓その事件の経緯はこちら
http://shogi1.com/miurahiroyuki-soft-ryuousen-3rd/

シロウが最初に将棋ソフトで遊んだのは
中学3年生の時。
当時のソフトはアホな手ばっかりさして激弱だった。
それが、人間より強くなってしまい、
こんなニュースになるとは驚きだ。

この三浦事件は、将棋界のイメージを悪くするニュースだったが、
ほんのちょっとだけシロウは喜んでいた。
というのも三浦九段が処分され、竜王戦挑戦者になんと
丸山九段が繰り上げとなったのだ。
丸山九段はシロウの出身高校の学年が1つ上の先輩で、
ずっと応援していたからだ。

高校時代の丸山については誰も知らないだろうから
この機会に書いておく。
当時はまだプロ入りはしておらず(後に早稲田大学進学しプロ入り)、
アマチュア将棋界では強く、将来プロ入りするだろうと高校内では有名だった。
大事な対局の前には授業中は目を閉じてピクリとも動かず、
精神集中していたという。
成績は数学は非常に優秀だったと聞いたことある。
授業をまともに受けていれば東大にいけるくらい優秀だったらしい。
卒業アルバムには全員が何か一言書くのだが
「二枚飛車に追われる夢を見た」と書いてあった。
その後丸山は順調に成長し続け、タイトルは名人2期と棋王1期獲得。
タイトル戦登場も10回とトップ棋士の1人となった。(千葉県木更津市の名誉市民賞も受賞した)
最近は若手に押され、2流レベル。
ちなみに藤井聡太四段に抜かれるまでは、
丸山が連勝記録2位だった。(24連勝の記録で現在は3位)
現在、竜王戦挑戦者決定トーナメントを行っているが、
このまま藤井と丸山が順調に勝ち続ければ、決勝で当たることになる。
藤井の連勝記録は丸山に止めて欲しい。

シロウの高校は将棋が強い奴が多くて、
授業中しょっちゅう将棋をしてしのぎを削っていた。
シロウもその中の1人だった。
シロウは後に大学時代にアマチュア三段取得。
周りにはシロウに勝てる人は誰もおらず、
40連勝以上した記憶がある。
ちなみにアマチュア三段の実力はどれくらいかというと
『県大会ベスト8入賞レベル。このレベルに到達するまでは相当な努力が必要。
主要な定跡変化や手筋はほぼマスターしている。詰将棋は15手詰が解ける』
↓参考ホームページ
http://将棋の棋力.com/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E6%AE%B5%E7%B4%9A%E4%BD%8D%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E7%9B%AE%E5%AE%89%E8%A1%A8/

三段取得後、シロウの中で将棋熱が冷めてしまい
(就職活動とかもあったりして忙しかったせい)その後、ほとんど将棋を指していない。
昨年、オンライン将棋をちょっと指した時は、1級か初段の人といい勝負だったので
今の実力はそれくらいかな。

その2に続く


スマホ死亡
3月16日(木)、ラインメッセを開こうとしたら
スマホの電源が突然落ちてしまった。

たまに落ちることは今までもあったので、
立ち上げようとしたら、エラーメッセージが出て
立ち上がらない。

一旦電池抜いてから再度挑戦するも同じ状態。

やばい、これから社長と食事の予定だが
待ち合わせ場所すら決めてない。
連絡がとれない。

PCを立上げライン電話してみたが、社長出ない。
とりあえずメッセージを「携帯壊れたので連絡とれませんが、
とりあえず●●前で7時ヨロピク」と送って家を出た。

待ち合わせ場所でメッチャキョロキョロしてる社長を発見。

シロウ「すんません、先に携帯修理に行きたいんですが」

携帯修理屋店員「300バーツで直せますが、
           データは全部消えます」

シロウ「データ全部消えるんなら直さんでいいよ。
     新しいの買うわ。」

ノキアのスマホが調子悪くなり出した数ヶ月前から、
Sonyのエクスペリアに買い替えようと思ってたので
ちょうどいい機会だ。

シロウ「Sonyのエクスペリアある?」

携帯店員「うちでは扱ってないけど、
       あそこの店で売ってます」

タイではSonyのシェアが非常に低いので、
このショッピングセンター内にある数軒ある携帯ショップで
取り扱ってるのは1軒だけだった。

エクスペリアXA(日本では未発売モデル)が
1,000バーツディスカウントされて8,900バーツ(3万円弱)だったので
それにした。

スマホは iPhone →ノキア(Windows Phone)と今回が3台目。
初めてのAndroid端末なので慣れるのに時間掛かりそう。

エクスペリア用のカバーがどこにも売ってなかったので、
後日バンコクのマーブンクロンで手に入れた。
さすが、マーブンクロン。なんでもあるな。
SONYXA.jpg


タイ人マネージャー解雇
前回のボイコットからのつづき。

ボイコットされた日はバンコク支店からヘルプ要員送ったり、
取引先から人を借りてなんとか客に迷惑掛けずにしのぐことはできた。

技術部門と営業のタイ人全員が集団病欠という
ボイコットを重く見た会社側は、
首謀者であろう技術マネージャーを解雇する方向に動き出した。

病欠についてはタイ人が「偶然同じ日だった」と言い張れば
証拠がないので、発覚した副業を理由に解雇する方針となった。

弁護士に相談し、証拠集め。
副業している自分の会社の
お客名やサービス内容やら自分の顔写真など
フェイスブックにアップしていた。
アホすぎやろ~。

ということで証拠集めは簡単だった。

弁護士からのアドバイスもあり、
「解雇にした場合、裁判になる可能性がある。
 それでもほぼ勝てるが、いろいろ面倒なので
 自主退職という方向にもっていきたい」とのこと。

タイ人連中に気付かれぬよう、着々と水面下で準備は進む。

そしてXデー。

弁護士に会社に来てもらい、
マネージャーと話し合い。
結果、1ヶ月後の自主退職となった。
ただし、職場に出てくるのはこの日まで。

他の一斉ボイコットしたメンバーには
社長が個別面談。
「マネージャーは解雇になるだろうが、
 お前はどうする? 続けてもいいし辞めてもいい」という
スタンス。
結局は全員が続けることとなった。

残念だったのは、誰一人として
「お客に迷惑掛かるからこういうことするのは
 やめよう」と考えていなかったこと。
タイ人と一緒に働くと問題ばかりで嫌になるよ。


ボイコット
会社で集団ボイコットが勃発。
タイ人の技術者と営業が全員同じ日に病欠

全員が同じ日に病欠する確率を計算すると4000年に1度という
ありえない数値になる。
最初は皆でパーティーしてて集団食中毒にでもなったかと思ったら
皆理由がバラバラだった。
これは間違いなく皆で示し合わせて行った行為だ。

診断書を偽造した可能性がある、とのことで
総務の担当者が裏を取るため各病院に電話確認。
しかし、全員ちゃんと病院に行っていた。

【集団ボイコットに至るまでの経緯】
新しく総務のマネージャーを雇ったところ、
タイ人従業員全員が反発。
今までユルユルの環境でやりたい放題だったのに
総務マネージャーが管理を厳しくしたため。
そこでタイ人従業員が「総務マネージャーとは一緒に仕事はできない」と
全員の署名入りで社長あてに「総務のマネージャーの問題点」を送付。

その「問題点」の中身だが、、、

・一緒に食事にいかない
・スカートが短すぎる
・役所に行ったら閉まってる時間に行って無駄なことをしている

などと業務に関係ないことや、些細なミスなどどうでもいいことを羅列してあった。

集団病欠ボイコットの理由は「彼女を辞めさせないとどうなってもしらんよ?」という
意思表示であろう。
署名入り文書を社長に送りつけてきたのは技術マネージャーなので
彼が首謀者だろう。

この事件とほぼ同時期にこの技術マネージャーの副業が発覚。
ボイコット事件の問題もあるし、副業を理由に解雇することとなった。

タイ人クソ過ぎ。

(マネージャー解雇へつづく)


タリンチャン水上市場2017
2月13日(月)はタイの祝日。
ガーンちゃんとタリンチャン水上市場に行くことに。
しかし、ちょっとまてよ? タンリンチャン水上市場は土日限定のはず。
祝日はやってるのかな?

ガーンちゃんがネットで事務所の電話番号を調べて電話。
「やってますよ」と。

シロウは3回目かな、4回目かな。

ここはあまり観光客がおらず
ほどよいローカル具合でシロウのお気に入りの水上市場。

しかし、今回久しぶりに行ってみたら
白人やら中国人がウジャウジャ。

ボートツアーも以前はほとんどタイ人だったのに、
タイ人半分以下。
しかもボートツアー、上陸したのは1ヶ所だけ。

一番最初に行った時は観光スポット3,4ヶ所に上陸したのに
ツアー内容もしょぼくなっていた。(69バーツ)

昔を知ってるだけにシロウは納得できなかったが、
ガーンちゃんは写真撮りまくってたので、
それなりに楽しかったみたい。

唯一良かったのは、途中運河の魚にタンブン(餌やり)できるところがあるのだが、
タンブン用の食パンが焼きたてアツアツですごく美味しかった。

ガーン「それ魚用でしょ、食べてるのあなただけよ。」

と冷たい視線。
いや、まじで魚にやるのはもったいないぐらい美味しい焼きたてパンだった。

Floating market

ツアー後は水上市場でシンハビール飲みながらタイ料理。
水上でフワフワしてるので、すごく気持ちよくなって
店の座敷で横になって爆睡。

バンコク近郊の日帰りスポット、
興味あるところ行きつくしたなあ。
どっか面白いとこ知らない?

マツさん意識不明
この日記にも過去何度か登場したことがある
マツさんだが、今非常にヤバイ状況。
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-311.html
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-399.html
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-447.html
↑主なマツさん登場過去日記

経緯を書いてみたい。

1月11日に一休からこんなメールがきた。

「マツさんですが、正月から病院に入院してます。
今日の情報だと自発呼吸出来ていないらしいです。
原因は歯痛からの脳疾患。
虫歯は怖いすね・・・。

治療費、1週間で600万円かかったらしいですよ。
今現在は、1日25万バーツ掛かってるみたい。
なんにせよ、回復を祈ります。
ではでは・・。」(原文ママ)

その後、虫歯という情報は間違いと判明。
年末に顔がむくんだので、薬局行ったら「総合病院行け」といわれ
抗生物質を処方された。
薬飲んだが治らず、年明けの翌日まっすぐに歩けないほどフラフラ状態に。
友達が病院に連れて行ったらしい。

んで、脳梗塞と診断。即入院、手術。
手術失敗で意識不明、人工呼吸器となった。
一度心肺停止したので、意識回復は望み薄とのこと。

1月16日にマツさんの部屋を友達のニシさんが片づけを始めた。
マツさんの部屋は以前シロウがバンコクに住んでた時の同じ階。
部屋の中からゴルフセットが14、大量のゴルフボールとスリッパとコンドームが
発掘されたとのこと。

1月20日、無事日本の病院に移送完了。
日本からの医師、看護師、スタッフの派遣費用、
航空券代などでトータル650万円。

タイの病院からは入院費と治療費の請求が750万バーツ(約2千300万円)。
しかし日本からの医療コーディネーターが値切ったら350万バーツ(約1千万円)に。
大幅ディスカウント。タイっぽい。

2月17日の情報では、マツさんの母親が呼びかけると
まぶたが動くとのこと。

奇跡的に回復できるといいけど。。。
家族大変やな~。

(ちなみに5月現在、まだ植物人間状態です。)


マイナーな水上市場(Bang Nam Phueng水上市場)
1月15日(日)、ガーンちゃんと
「Bang Nam Phueng Floating Market」というところに行ってきた。
トリップアドバイザー情報↓
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g2148067-d7363439-Reviews-Bang_Nam_Phueng_Floating_Market-Phra_Pradaeng_Samut_Prakan_Province.html

場所はサムットプラカーンのチャオプラヤ川近く。

水上市場がメインなのだが、
近くに観光スポットが点在しており、
丸一日楽しめる。

まずは市場を見学。
観光客向けの店と地元民向けの店が混在している。
観光客はほとんどタイ人。たまに白人を見かけた程度。
市場では特に欲しいものはなし。

水上市場近くにレンタル自転車店がいくつかあるので
そこで自転車を借りた。
1台あたり60B/日。
近くの観光スポットが書いてある地図を1枚くれるのだが、
これが非常に分かりづらい。
この地図だけだとかなり厳しいので、
地元民に道をたずねたり、スマホでGoogleマップを使ったりしながら
目的地を目指さないといけない。

最初に向かったのが、「Sri Nakohn Khuean Khan Park」
これが結構遠くて、ガーンちゃんが何度も
「まだ着かないの?」とシロウに聞いてきた。
シロウはサイクリングを楽しんでいたので全然苦痛ではなかったんだが、
ガーンちゃんにとって自転車はただの移動手段という感覚だったようだ。

「暑い」「疲れた」「喉渇いた」「日に焼けて肌が黒くなる」
「車で行った方が楽なのに」と不満タラタラ

この公園がなかなか自然豊かな公園で、
サイクリング向き。
バードウオッチングスポットや天然のアリの巣観察など
見どころもある。
池の魚にタンブン(餌付け)もできる。
バンコクから近いし、気軽に自然を味わいたいなら
いいところ。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g2148067-d10461018-Reviews-Sri_Nakhon_Khuean_Khan_Park_And_Botanical_Garden-Phra_Pradaeng_Samut_Prakan_Pro.html


公園の次に向かったのが、「Siamese Fighting Fish Gallery」。
日本では「ベタ」とか「闘魚」という名前で熱帯魚屋に売られている魚が
大量に展示されている。
シロウは日本時代飼ってたことがあるので、
興味があってどうしても行きたいスポットだったが、
ガーンちゃんにはどうでもいいところだったかも。
Water Narket3
↑ベタという魚。ものすごい数が展示されていてマニア必見!!

ここの敷地内はきれいに手入れされて
気持ちの良い所。
2階のカフェで休憩。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g2148067-d3532629-Reviews-Siamese_Fighting_Fish_Gallery-Phra_Pradaeng_Samut_Prakan_Province.html


お腹が空いてきたので、
チャオプラヤ河沿いのレストランへ向かう。
またここが陸地からだと非常にアクセスしにくいところ。
船で川を渡って来るのが一般的みたい。

พบรัก ณ บางน้ำผึ้ง(Pobrak Na Bangnumphueng)という店。
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g2148067-d8411574-Reviews-Pobrak_Na_Bangnumphueng-Phra_Pradaeng_Samut_Prakan_Province.html


Water Narket1
↑陸地からだとこんな狭い道を結構な距離をチャリで走らなきゃいけない。
ギリギリすれ違えるくらいの狭さ。
しかも飯食った後は飲酒でちょっとフラフラして落っこちそうに。
Water Narket2
↑レストランからの眺め

無事レンタルサイクル屋に戻ってこれたんだが、
結構疲れた。
ガーンちゃんは翌日筋肉痛になった。

ここに行くなら乾季の涼しい時期12月~1月がいいと思う。
それでも十分暑い。
雨季は雨が降ったらサイクリングできないし、
晴れててもクソ暑いので、お勧めしない。



タイ人にケンカ売るとヤバい話
前回の日記で予告したとおり、
タカさんから聞いた話を書きます。

先日、タカさんが車(BMW)を運転していて、
車線を変更しようとしたところ、後ろから猛スピードで
2人乗りのバイクが突っ込んできて、危うく接触しそうになったとのこと。

バイクが激しくホーンを鳴らしたため、タカさんもクラクションを
鳴らし返したと。
するとバイクがタカさんの横を並走し、何やら叫んできたので、
タカさん、頭にきてバイクのタイ人に向かって中指を立てたら、
タカさんのBMWの前に出て進行を邪魔しスピードをゆるめてきた。
無理やりタカさんのBMWを停めさせた。

そして、そのタイ人はバイクを降りてタカさんに向かってきた。
(バイク後部席の女性は止めようとしたらしい)

脱いだヘルメットを思い切り助手席側のドアウィンドウに叩きつけ
割ろうとした。
しかし、さすがBMW、ウィンドウ割られず。
変わりにサイドミラーを破壊して走り去った。

動画を撮っていたのを証拠に警察に届け出、
後日犯人は警察から呼び出し。
サイドミラーを弁償することで和解。

これ、もしウィンドウ割られてたら、タイ人に引き摺り出されて
やばいことになってたかも。
キレたタイ人は何するか分からないからな。

タカさんも「タイ人怖いわ~」と言ってたが、
シロウより在タイ長くて今頃何言ってんだか。

タイ人にはなるべく関わらないのが吉。


サラリーマン復帰後1年半
(ソンクランの連休が今日で終わり。
 明日から仕事や~。)

今回の日記は愚痴っぽくなってます。
ご容赦を。。。

サラリーマン復帰して1年半が経過。
仕事内容は前サラリーマン時代と大きくは変わらないので
特に不満はない。
タイ人がクソだというのも想定済みなので、
ムカつくことが多いがこれはまあしょうがない。

しかし今、声を掛けてくれるところもいくつかあったりして
ちょっとだけ転職を考えている。

大きな理由は2つ。

1つ目は社長対応。

以前、社長はほとんどシロウのいるオフィスに
来ることはなかったんだが、最近は毎週のように来る。
それはまあどうでもいいのだが、夜の食事に頻繁に誘われるのだ。
月に1回位だと別に構わないんだけど、月に数回も。
シロウはプライベートと仕事ははっきり分けたくて、
仕事時間外はなるべく仕事の匂いがしない方がいい。
しかし、社長と飲むとどうしても気を遣うし、
仕事の話も出る。
あと、鬱陶しいのは、ゴルフをしつこく誘ってくること。
シロウは入社する前の面接時に「ゴルフはやりません」と
ちゃんと伝えてあって、社長も了承したのにコレである。
休日はソフトボールやってるし、
そもそも休みの日に会社の人やお客さんに会いたくない。
お金も時間ももったいない。
仕事の匂いのしない仲間内だけのゴルフなら楽しめるけどね。

それと最初はあまり気にならなかったが、
割り勘について。
シロウはアパートの場所柄、車を運転して食事に行くので
当然アルコールは飲めない。
社長はウイスキーや焼酎をパカパカ飲む。
多く出してくれることもあるが、会計の半分以上酒代なので
どう考えても毎回割り勘負け。
しかも毎回のようにカラオケをハシゴするので、
負担も大きい。
居酒屋→カラオケ1→カラオケ2というのがだいたいのパターン。

この割り勘問題が気になりだしたのは、
取引先のタカさんと社長と3人で
ゴーゴーバーに行った時の事がきっかけ。
タカさんとシロウは自分の分1杯だけしか飲まなかったのだが、
社長はおねえちゃんをはべらせドリンクを奢りまくっていた。
さてお会計。

社長「一人1,000バーツね」

この時は特に何も思わなかったのだが、
帰り道にタカさんが「私ら1杯ずつしか飲んでないのに
一人1,000バーツってひどくないですか?
せいぜい200バーツですよね!?」と
シロウに愚痴っていたのだ。

その後、この時の話を社長とタカさんの共通の知人であるナリ君にした。

ナリ君「毎回そんなことしてたんで、
     しまいには誰も一緒に行く人が
     いなくなっちゃんですよねー。」

シロウ「えーっ、そんな重要なこと
     知ってたら教えてよ。」

ナリ君「有名な話なので知ってると思ってました」

昔からこうなのか。。。じゃあ、誰かが言わない限り治らんな、コレ。
以上が転職を考えている1つ目の理由。

2つ目はバンコクへの費用が結構馬鹿にならないこと。
今シロウはシラチャに住んでるが、週末はソフトボールなどで
ほぼ毎週バンコクに行っている。
ホテル代、ガソリン代、高速道路代で
月1万バーツ以上(3万円超)掛かっている。
しかも往復4時間位は掛かる。
費用と時間を考えると、給料が同じかもしくは少々下がっても
バンコクで働いた方がいいような気がする。

そんなことで、今ちょっと迷ってます。。。

※今回登場したタカさんについては面白い話があるので
 次回紹介します。


2017年始(ナコンナヨック旅行)
1月1日(日)
2泊3日でガーンちゃんとナコンナヨックという
タイ人向け山間リゾートへ。

年初ということでまずは初詣に。
Pasawangboon寺へ。バンコクから3時間程で到着。

nakon1.png
↑わびさびを感じられない金ぴか寺へ。
 タイ人はこういう派手なの好き

寺の後はNang Rong滝へ。
ここは滝を見るのが目的ではなく、
渓流で水遊びする場所のよう。
タイ人(主に家族連れ)が大勢水遊びしていた。

ブタラリゾートホテルへチェックイン。
(朝食付きとはなっていなかったが、
  パン、フルーツなど簡単な食事つき。
 一泊600B。(約2,000円)
 部屋からの眺めも良く、清潔。
 観光に便利な立地。
 近くにレストランもいくつかあり、
 コンビニも歩いて行ける範囲。)

近くのタイ料理屋でメシ食って終了。
夜遊びするところもなく、早めに就寝。

1月2日(月)
ダムを見に。(Khun Dan Prakan Chon Dam)
観光船が出ているが、2人だと1,000B/人。
高いのでパス。
無料観光ソンテウがあるが長蛇の列でこれもパス。

結局、徒歩でダムへ。
駐車場から歩いても5分掛からないくらいだし。
まあ、これで十分だろう。

ダム上から湖側の写真を撮ると
午前中は逆光になるので、午後来た方が良かったか?

ダムの次は、サリカ滝へ。

今まで行ったタイの滝は結構な距離歩かされるところが多かったので
覚悟して行ったが、ここは10分程度歩けば滝つぼに到着する。
大小5つの滝がある。
タイ人は滝つぼで水遊びしていた。

Nakon2.jpg
↑水量少な目。雨季にくればもっと迫力ありそう

滝の次は、昨日に引き続きまたお寺へ。(Phrammani寺
ここはシロウの希望。

Nakon.jpg
↑ここに行きたかった
   戦死した日本兵にお祈り
本堂から少し外れたところにあり、
 参拝者もおらず寂しい

参拝の後は、Wang Takrai Parkへ。
入場料は車1台あたり150B(約500円)。

川の周りを公園にしたようなところ。
水遊びできるが、水が濁っていて日本人には厳しいか。
シロウは平気だけど。

40Bで浮き輪(タイヤチューブ)が借りれる。
返却すると10B戻ってくるので実質30B(約100円)。
気温は30度近くあるはずだが、水はかなり冷たくて寒い。

お花畑とかタイ人の好きそうな撮影スポットもあり、
タイ人とのんびり半日くらい楽しむにはいい場所。

ホテル戻り、近くのタイ料理屋で夕食。

1月3日(火)
巨大ガネーシャが2体ある寺へ。
タイ人はタンブンできて喜ぶが、日本人的にはどうでもいい。
nakon4.jpg

ナコンナヨックはそれなりに観光スポットもあり、
バンコクから3時間程度とそんなに遠くないので
2泊3日で行くにはいいところだと思う。
ただ、車必須。