タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



eスポーツ
(いよいよ、1月26日から3日間「EVO Japan 2018」が開催されます!!
 日本にいたら絶対観に行ったんだけどね。予選は入場無料で
 決勝はS席8,000円。
 賞金はたったの総額500万円だって。 
 この10倍は出さないとねー。日本は規制が厳しいんだと。
 https://evo-japan.net/
 ↑EVO Japan詳しくはこちら)

さて、上記に関係している本文いきます。

最近、シロウのマイブーム(死語)はeスポーツ観戦だ。
eスポーツとはエロクトロニック・スポーツのことで
簡単に言うとコンピューターゲームのこと。

eスポーツの世界大会は頻繁に行われており、
賞金総額が億単位の高額な大会もある。
ただ、残念なことに日本国内では景品表示法等の規制で
高額な大会は行えないようだ。
eスポーツの世界では、日本は中国・韓国に完全に後れを取っており
なんとかならないものか。
世界的にはeスポーツをオリンピックの種目にという動きもある。
日本も規制撤廃など対応を強く望む。

シロウが特に興味を持っているのが、
カプコン社の「ストリートファイター」という格闘ゲーム。
大学生の頃、しょっちゅう麻雀をやっていたのだが、
メンツが余って抜け番の時に、ストリートファイター2(通称スト2)を
友達相手、もしくはコンピュータ相手に遊んでいた。

社会人になってからは遊ぶことはほとんどなくなったが、
梅原大吾という「格闘ゲームの神」と呼ばれた人については
興味を持っており、時々YouTubeなどで大会の観戦はしていた。

2017の7月に「ときど」という東大出身の日本人プロゲーマー
ラスベガスで開催された「Evo2017」の『ストリートファイターV』部門で、
見事チャンピオンに輝いたのをきっかけに、最近頻繁に動画を見ている。

しかし、現在46歳で四捨五入して50歳になるというのに
ゲーム動画を見て喜んでるってのは、ちょっと自分でも驚きである。
大学生の頃からあまり進歩してないってことか?

シロウは今後もeスポーツを観戦し続けるだろうし、
この分野の発展と認知度向上を応援したい。
とりあえず応援の意味でこの分野の株を買ってみようと思う。
10年後に今の数倍くらいになってればうれしいね。

【20年後のeスポーツ状況】(シロウの勝手な予想)
1.全国の主要都市に数千人を収容できる規模の専用スタジアムがあり、
  連日プロeスポーツプレイヤーの試合が行われる。
2.その試合の様子はインターネットテレビで配信され、
  大きい大会では視聴率10%以上。
3.各高校にeスポーツ部があり、eスポーツ甲子園のような大会も行われる。
4.オリンピックでは日本人がeスポーツで金メダル獲得。
5.年収1億円以上のeスポーツプレイヤーが日本国内だけでも50人以上。
  ちなみに現在プロゲーマーで年間1億以上稼いでる人は
  世界中で数人しかいないらしい。
(参考:2017年のプロ野球選手の年棒1億円以上は日本人約80名)
6.小学生の将来なりたい職業ランキングのトップにeスポーツプレイヤー。
  ちなみに2016年のランキングでは、
  1位サッカー選手、2位野球選手、3位医師、4位ゲーム制作、5位建築士
  すでに4位にその兆しが見えてます。
  本当は野球選手が1位であって欲しいが、厳しいだろうね。


https://www.youtube.com/watch?v=MF8wpwMknic
↑世界大会Evo2017、日本のときど選手の優勝動画。
 感動もの。


https://www.youtube.com/watch?v=fS4SKgzKawI
↑プロゲーマー梅原が大学で講演。
 いいこと話してます。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック