タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カンチャナブリ2017(その2)
前回からのつづき。。。

7月9日(日)まず向かったのはシーナカリン・ダム
ここはガーンちゃんの希望。
以前、ナコンナヨックのダムに行った時に、
景色が素晴らしかったので、ダムに興味をしめしたようだ。

しかし、「ナコンナヨックのダムの方がいいね」と
あまり感動はしなかった模様。
kan2-1.jpg
↑ダムの眺め

ダムの次に向かったのはPhra That Cave(洞窟)。
洞窟の入り口に向かうには
駐車場から600メートルほど山登りをしなきゃいけない。
結構急なところもあるので、サンダルとかだと辛いかも。
普段あまり歩かないタイ人たちも頑張って登っていた。

Kan2-2.jpg
↑ちょうど半分まで登ったところ。300メートル地点。

kan2-3.jpg
↑ちょっと休憩。

洞窟の入り口には「ガイドが来るまでここで待て」と書かれており
しばらく待つことに。
ガイド同伴じゃないと入れない。

照明がなく真っ暗なので
ガイドが持つ照明がないとちょっと危険かも。
まあそれなりにきれいだが、コウモリ独特の匂いがあったし、
洞窟の中は蒸し暑かった。

kan2-4.jpg
↑洞窟内。

kan2-5.jpg
↑洞窟内。結構狭い所も。

日本の三大鍾乳洞の内の2つ、龍泉洞(岩手県)と
秋芳洞(山口県)に行ったことがあるシロウにとっては
ちょっと物足りない。
たぶんここは日本人はほとんど来てないと思われる。

洞窟の後は、エラワンの滝へ。
ここは以前来たことがあり2回目。
公園内にはいくつかの滝があり、
そこを歩いて回る。
人が多くて景色がイマイチ。

ドクターフィッシュもいっぱいで、
水の中に入るとすぐかじりついてくる。

kan2-6.jpg
↑滝つぼの様子。雨季なのであまり透明度は高くない。

Kan2-7.jpg
↑滝の裏側まで泳いで行ったガーンちゃん。

今回、思ったのは「ガーンちゃん、水泳が上手になったなー」と。
足が届かないところも平気で泳いでいた。
海とか滝とか何度も一緒に行ってるから、そら上手になるわ。

エラワンの滝の後は、象乗りに行く予定だったけど、
洞窟と滝でだいぶ時間が取られてしまったので、パス。
Malika R.E.124というところに向かった。
エラワンの滝からグーグル先生に従って最短ルートで向かうと、
とんでもない農道やら林の中を通らなければならず、
途中やたらと看板で「野生象に注意!」とあり、
道路上に象のでかいウンコが大量に落ちていたりして、
危うく車で象のウンコに突っ込むところだった。
ガーンちゃんは不安になり「ほんとにこんなところに
観光地あるの?」と。

走り続けていると急に町が開けてMalika R.E.124へ到着。

シロウもここは初めて。
広い敷地内が昔のタイの街並みになっており、
店員などが全員、民族衣装を着ている。
しかも観光客も民族衣装のコスプレ可。
衣装のグレードにより金額はいろいろ。

シロウ「ガーンちゃんも民族衣装着てみたら?」

ガーン「実はさっき滝で泳いだ時にパンティ濡れたから
    今、ノーパンなの」

民族衣装は自力で着るのが難しいらしく、
着付け担当者が付いて着替えさせてくれるので
ノーパンがバレてしまう。
恥ずかしくて無理なんだと。

あ~。

kan2-9.jpg
↑施設内ではこの古銭みたいのに両替してから
 買い物ができる。
 とりあえず300B分(約900円分)を両替。

kan2-8.jpg
↑人力車。

kan2-10.jpg
↑コスプレしたタイ人がうじゃうじゃ。

kan2-11.jpg
↑店員も民族衣装。

施設内でだらだらメシ食ったり、お茶飲んだりしてたが、
観光地にしては意外と安く、300Bも使い切らなかった。

kan2-12.jpg
↑素焼きのコーヒーカップがおしゃれ。持ち帰り可。

kan2-13.jpg
↑後ろに見える塔は登れる。

後日、ガーンちゃんがMalika R.E.124の写真を友達連中に見せたら
皆うらやましがって、「私も行きたい~」とか「どこにあるの!?」とか
興味津々だったとか。
おねえちゃんと一緒にカンチャナブリに行くなら、
Malika R.E.124はお勧め。
ただしちゃんと「パンティは着けてくるように」と伝えるのを忘れずにね!

7月10日(月)に続く。。。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック