タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カンチャナブリ2017(その1)
7月10日(月)がタイの祝日なので
3連休7月8日(土)~10日(月)を利用してカンチャナブリへ行ってきた。

カンチャナブリは今回で4回目かな。
シロウがタイで最も気に入ってる観光地だ。
今回はガーンちゃんと2人で。

お昼頃到着予定だったのだが、なぜか道がガラガラに空いていて、
ホテルに10時過ぎに着いてしまい、
「チェックインできるのは13時から」と追い返される。

時間的に余裕ができたので、
「3日目に電車に乗る切符を予約しておくか」、と駅へ。

駅員「切符の事前購入は不可。当日朝10時頃来やがれ」
と、ここでも追い返され。

まずは定番中の定番、「戦場にかける橋」へ。
橋を歩いて渡り、川向こうのお寺へ。
しかし、カンチャナブリのこの景色、いつ来ても素晴らしい。
Kan1-1.jpg
↑鉄橋は歩ける。電車が迫って来てる。

Kan1.jpg
↑鉄橋の上に電車避難場所があるので、そこから撮影

Kan2.jpg
↑対岸の寺から鉄橋をバックに撮影

kan4.jpg
↑上からの眺め。鉄橋の向こうに大仏

また歩いて橋を戻り、戦争博物館へ。
ここに来ると自分が「日本人である」ことをあらためて感じる。
こんな山奥で欧米の捕虜が多数、事故や病気で亡くなり、
また激しい戦闘があり多くの兵士の命が亡くなったというのは、
今のこののどかな景色を見てるとどうしても信じられないのだ。

平和の大切さを知るためにも、日本人にはぜひ行って欲しい場所だ。
こんな遠くまで我々の先祖が来て、
鉄道を敷いてそれが今なお使われているというのにも
毎回の事ながら感動を覚える。

Kan3.jpg
↑少々グロもあり

Kan3-1.jpg
↑右後ろに見えるのは「戦場にかける橋」

激しく汗をかいたので、一旦ホテルにチェックイン。
汗まみれになった服を洗濯してシャワーを浴びた後、
虎寺へ。

道中土砂降りでどうなることかと思われたが、
着いたらお寺は雨降ってなかった。

Kan5.jpg
↑なかなか立派なお寺。

kan6.jpg
↑微妙な出来のトラ

この日はガーンちゃんがピザ食べたいとのことだったので
イタリヤ料理店へ。
美味しかった。

7月9日(日)に続く。。。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック