タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



久しぶりのカオサン
2017年4月6日(木)はタイの祝日で会社休み。

ガーンちゃんが「カオサン行ったことないので行ってみたい」と
以前から言ってたので、前日の5日夜はカオサンにホテルをとった。

今回泊まったホテルはSri Krungthep Hotel。
安いがカオサンまで徒歩10分程度、あまりきれいじゃない。

カオサンはシロウがタイに来た当初から比べて
かなり変化している。
以前のバックパッカー向けの安宿ばかりの
ゴチャゴチャしたところ、というイメージはあまりなく、
現在はバーなどが増え、おしゃれな街になった。

カオサン通りから1本北のRam Butri通りも人通りが多く
白人の姿が目に付いた。
Ram Butri通りにあるMax's Magical Thai Food という店で
軽く飲みながら夕食。
タイ料理店だが、店の名前のとおりオーナーが手品を見せてくれる。
また、彼は日本に行ったことがあるらしく、
片言の日本語で話しかけてくる。

もうすぐソンクラン(4月13日~17日)が始まるので、
世界中から旅行者が集まってきているのだろうか、
ものすごい賑わいだった。
深夜0時位だったが騒がしすぎ。
※カオサンはソンクラン祭りで盛り上がることで有名

面白かったのは、カオサン通りには旅行者向けに
サソリの姿揚げ
の売り子が多くて、
ガーンちゃんビビりまくり。

ガーン「あれ本物なの?」

シロウ「もちろん。食べると夜元気になるぜ。」ウヒヒ

あと目についたのは
「Laughing Gas」と「Bucket」と書かれたプラカードを持った人が
ウジャウジャ。
カオサンでは流行ってるみたい。

絶滅寸前かと思われた
「背中を棒でこすると鳴くカエルの置物」を
売ってる民族衣装を着たおばちゃんもここでは何人も見かけた。
ほとんど売れんと思うが、がんばって欲しい。

kaeru.jpg
↑カエルの置物はこんなの

ガーンちゃん的にはカオサンはイマイチだったようで、
「一回行けば十分」とのこと。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック