タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



将棋について(その1)
最近、日本中が将棋ブームらしい。

藤井聡太四段が中学生でプロ入りし、
なんと負けなしの29連勝!!(7月1日現在)

米長邦雄の言葉で「兄達は頭が悪いから東大へ行った。
自分は頭が良いから将棋指しになった」というのがある。
それほどの天才達が集まるプロ将棋界で
勝ち続けてるんだから、天才中の天才ですな。

シロウは地味に将棋ファンだったので、
藤井聡太のことはプロ入り前から知っていたけども
タイでも話題に上がるくらいなので、
日本ではすごいことになってるんやろうなあ。

藤井四段のことはテレビで散々やってるだろうから、
そのことには触れず、他のことをメインに書いてみたい。

2016年10月、三浦九段がソフト不正使用疑惑で処分されるという事件があった。
この事件については、後にシロだったということが判明するも
将棋界にとっては非常に暗いニュースであった。
↓その事件の経緯はこちら
http://shogi1.com/miurahiroyuki-soft-ryuousen-3rd/

シロウが最初に将棋ソフトで遊んだのは
中学3年生の時。
当時のソフトはアホな手ばっかりさして激弱だった。
それが、人間より強くなってしまい、
こんなニュースになるとは驚きだ。

この三浦事件は、将棋界のイメージを悪くするニュースだったが、
ほんのちょっとだけシロウは喜んでいた。
というのも三浦九段が処分され、竜王戦挑戦者になんと
丸山九段が繰り上げとなったのだ。
丸山九段はシロウの出身高校の学年が1つ上の先輩で、
ずっと応援していたからだ。

高校時代の丸山については誰も知らないだろうから
この機会に書いておく。
当時はまだプロ入りはしておらず(後に早稲田大学進学しプロ入り)、
アマチュア将棋界では強く、将来プロ入りするだろうと高校内では有名だった。
大事な対局の前には授業中は目を閉じてピクリとも動かず、
精神集中していたという。
成績は数学は非常に優秀だったと聞いたことある。
授業をまともに受けていれば東大にいけるくらい優秀だったらしい。
卒業アルバムには全員が何か一言書くのだが
「二枚飛車に追われる夢を見た」と書いてあった。
その後丸山は順調に成長し続け、タイトルは名人2期と棋王1期獲得。
タイトル戦登場も10回とトップ棋士の1人となった。(千葉県木更津市の名誉市民賞も受賞した)
最近は若手に押され、2流レベル。
ちなみに藤井聡太四段に抜かれるまでは、
丸山が連勝記録2位だった。(24連勝の記録で現在は3位)
現在、竜王戦挑戦者決定トーナメントを行っているが、
このまま藤井と丸山が順調に勝ち続ければ、決勝で当たることになる。
藤井の連勝記録は丸山に止めて欲しい。

シロウの高校は将棋が強い奴が多くて、
授業中しょっちゅう将棋をしてしのぎを削っていた。
シロウもその中の1人だった。
シロウは後に大学時代にアマチュア三段取得。
周りにはシロウに勝てる人は誰もおらず、
40連勝以上した記憶がある。
ちなみにアマチュア三段の実力はどれくらいかというと
『県大会ベスト8入賞レベル。このレベルに到達するまでは相当な努力が必要。
主要な定跡変化や手筋はほぼマスターしている。詰将棋は15手詰が解ける』
↓参考ホームページ
http://将棋の棋力.com/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E6%AE%B5%E7%B4%9A%E4%BD%8D%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E7%9B%AE%E5%AE%89%E8%A1%A8/

三段取得後、シロウの中で将棋熱が冷めてしまい
(就職活動とかもあったりして忙しかったせい)その後、ほとんど将棋を指していない。
昨年、オンライン将棋をちょっと指した時は、1級か初段の人といい勝負だったので
今の実力はそれくらいかな。

その2に続く


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック