タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ボイコット
会社で集団ボイコットが勃発。
タイ人の技術者と営業が全員同じ日に病欠

全員が同じ日に病欠する確率を計算すると4000年に1度という
ありえない数値になる。
最初は皆でパーティーしてて集団食中毒にでもなったかと思ったら
皆理由がバラバラだった。
これは間違いなく皆で示し合わせて行った行為だ。

診断書を偽造した可能性がある、とのことで
総務の担当者が裏を取るため各病院に電話確認。
しかし、全員ちゃんと病院に行っていた。

【集団ボイコットに至るまでの経緯】
新しく総務のマネージャーを雇ったところ、
タイ人従業員全員が反発。
今までユルユルの環境でやりたい放題だったのに
総務マネージャーが管理を厳しくしたため。
そこでタイ人従業員が「総務マネージャーとは一緒に仕事はできない」と
全員の署名入りで社長あてに「総務のマネージャーの問題点」を送付。

その「問題点」の中身だが、、、

・一緒に食事にいかない
・スカートが短すぎる
・役所に行ったら閉まってる時間に行って無駄なことをしている

などと業務に関係ないことや、些細なミスなどどうでもいいことを羅列してあった。

集団病欠ボイコットの理由は「彼女を辞めさせないとどうなってもしらんよ?」という
意思表示であろう。
署名入り文書を社長に送りつけてきたのは技術マネージャーなので
彼が首謀者だろう。

この事件とほぼ同時期にこの技術マネージャーの副業が発覚。
ボイコット事件の問題もあるし、副業を理由に解雇することとなった。

タイ人クソ過ぎ。

(マネージャー解雇へつづく)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック