タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



クレット島
8月12日(金)、タイは母の日で祝日。
ガーンちゃんが以前から「クレット島へ行きたい」と言ってたので
行ってみることに。

シロウはこの島のことは知らなかったのだが、
日本人向けのツアーにも組み込まれてることもある
比較的有名な観光地らしい。
(地球の迷い歩き方にも出てた)
海に浮かぶ島ではなく、チャオプラヤ河の三角州だ。

この日は3連休の頭ということもあり、
行ってみると大渋滞
島に渡るボート乗り場近くの駐車場も満車で、
車停められない。
タイ人情報だと「タクシーで行った方がいい」と言ってたからな~。
バンコク中心部から高速使えば1時間もかからず行けるので
たしかにタクシーでもいいかも。
タクシー代+高速道路代で片道300バーツ(約900円)しないと思う。
3~4人で行って割り勘するなら安い。

駐車場を探していると、ボート乗り場から歩いて数分のところに
テスコロータス(スーパーマーケット)があって、
そこの駐車場に10B(約30円)/時間で停められた。
タイ人は歩くのを嫌がる距離だが、日本人なら全く問題ない距離。
ついでにここでトイレもすませておく。

乗り合いの大型ボート乗り場(2バーツ/人)は長蛇の列だったので
行きはチャーターの高速ボート(20Bx2人=40B)を使うことに。
川沿いのお寺敷地内に入って右側のあたりから出ている。

クレット島には数分で渡れるのだが、ボートの揺れが激しく、
ガーンちゃんは軽く船酔い。
島の見どころは、「傾きかけた塔」「建築中のお寺へタンブン」
「河のナマズへ餌付け(タンブン)」「タイの雑貨(お土産)などを売っている店」など。
歩いて回れる範囲でも十分楽しめるが、
レンタル自転車もあるので、時間の余裕がある人は
借りて島を一周するのもいいかもしれない。
川沿いの眺めの良い食堂は値段設定はどこも安め。

WP_20160812_005.jpg
↑川岸が侵食され傾きかけた塔

WP_20160812_002.jpg
↑日本語の案内もあり

WP_20160812_006.jpg

↑建築中のお寺の瓦を寄付。名前と願い事を書くらしい。

帰りは2バーツ(約6円)/人の乗り合いボートを使用。

観光客のほとんどはタイ人であり、英語や日本語を何度か耳にした程度。
中国語もあまり聞こえてこず、観光地ずれしてないので
日帰り旅行やデートの選択肢の一つとしてお勧めできる。
かといって「来てよかった~!!」となるほどの所でもない。
日本へのお土産を買うならクレット島は物価が安いので
ここで買っておくのもありか。
チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットよりも安い感じ。

http://www.bangkoknavi.com/miru/87/
↑クレット島参考情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック