タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



駐車トラブルあれこれ
シロウは今、シラチャに住んでいるが
週末はバンコクによく行っている。

この日はナリ君とバンコクの中華料理屋で食事。
中華料理屋の前に路駐

食べ終わって帰ろうとすると、
男が走ってきて、「駐車場代40バーツ」と言う。

ナリ君「は?なんで払わなきゃいけないの?
     責任者呼んで」

男「じゃ、20バーツでいいです。」

ナリ君「あほか、こいつ。」

無視してそのまま発車。
路駐の車に勝手に課金してんじゃねえよ。ボケが。

タイの大型店舗に併設されてる駐車場にはよく
チップ目当ての誘導員がいるが、こいつらときたら
ろくに仕事もしないで「チップ、チップ」と言ってくるからウザい。

しかも今回は店と関係ない路駐でこれだからな。
こんな奴にはチップあげる必要はない。

上の出来事と同じ日にもう一つ駐車トラブルがあった。

バンコクのアパートはもう解約してしまったので、
その都度ホテルに泊まっている。
部屋は狭いが安くて清潔でアメニティも一通りそろっているので
よく下記HPのホテルを利用している。

https://www.zenrooms.com/th/hotel/13/zen-rooms-suanplu-soi-7-bangkok-1631

HPには「Parking(駐車場)あり」となっているが、
実際はこの記載はウソでホテルの前に路駐させるだけ。

「まあ、いつも空いてるのでそれでもいっか」とあまり気にしてなかった。

しかし、この日はホテルの周りが路駐の車だらけで、
駐車スペースが全くない。
とりあえず、大通りにウインカー出して一時停車し、
ホテルの従業員(男)に聞いた。

シロウ「駐車できるところがないんですが」

男「隣の通りは確認しました?」(面倒くさそうに)

シロウ「見ましたよ。空いてなかったです。」

男「じゃあ、しょうがないですね」(知らんがなって態度)

シロウ「いや、しょうがないじゃなくて、車停めるところがないと
    困るんですが。」

男「通りを奥に入ったところに
  有料駐車場があるからそこに停めたらどうですか?」

シロウ「分かりました。駐車場代はホテル側で負担してくれるんですよね?」

男「いやいや、お客さんの負担ですよ。」(何言ってんのコイツ?みたいな感じで)

シロウ「え?ちょっと待ってください。ホテルのHPに駐車場ありとなってますよね?
    だからこのホテルを選んでるんですよ?」

男「うちが負担は無理です。嫌なら、自分で路駐できるところを探してください。」

シロウ「いや、こういう場合、普通ホテル側が負担するんじゃないの?」

男「お客さんの負担です」

シロウ「じゃあ、HPに駐車場ありなんて書くなよ。
    いいよ、違うホテルにするから。返金して。」

男「当日キャンセルは全額お客側の負担になるので
  返せません。」

シロウ「上の人と話させてくれない?」(おまえじゃ話にならん)

ホテル「じゃあ、今回は特別に駐車場代はこちらの負担でいいです。」(かったるそうに)

シロウ「・・・・」(最初からそう言えよな~) 

ホテル「次は忘れずにホテル予約時に“車有り”と連絡してださい。」(えらそうに)

は?いかにもシロウの連絡ミスみたいな言い方、
まじムカつくわ~。

まあ、同じくらいの金額で近くに駐車場付きホテルが他にもあるから
今度からそっちにするかな~。

このホテルのタナコンという名の男従業員、
言葉遣いとか態度がとてもサービス業で働くレベルじゃないな。
俺が経営者なら即クビにするレベル。

あと、よくあるのがコンビニの駐車場に停めて
買い物終えて戻ってきたら、車の後ろにピッタリとバイク停めてやがる。
出れないんだけど。人の迷惑考えないんだろうね。馬鹿だから。
これは本当にしょっちゅうで、もう10回くらい経験ある。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック