タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



タイ人と面接(3回目)
前回の続き。。。

タイ人の営業担当者を採用すべく面接を継続中。

~面接3日目~

1人目(男性)・・・来ない。連絡なしドタキャン。 クズ野郎。

2人目(男性)・・・中華系タイ人。

           シロウ「あなたの強みは?」

           男「中国語が話せますし、中国にコネがあります」

           日系企業じゃなくて中華系企業に行けよ。

           しかも希望給料が高かったのでオファーせず。

3人目(女性)・・・面接1時間前に、これからお伺いしますとわざわざ連絡してきた。
          面接時間ちょうどに到着。
          英語も上手ではないが、問題ないレベル。
          受け答えもしっかりしている。事前に会社情報等勉強してからきたのも分かった。
          外見はかわいくはないが、愛嬌があり皆にかわいがられるだろう。

ということで、この3人目の女性が面接終わった時点で
すぐ社長に「23歳とまだ若いですが非常にしっかりしていて、
19,000バーツ+諸手当という条件でオファーしたいのですが」と報告。
※19,000バーツ(約6万円)
諸手当がプラスで10,000バーツ位(約3万円)つくので
トータルでは3万バーツ近く(約9万円)いくので条件は悪くないだろう。

社長「ちょっと高いけど・・・。シロウ君がそんなに気に行ったならそれでいいよ」

総務から彼女に条件を伝えてもらい、結果を待つことに。

後日連絡があり、無事入社することが決まった。
良かった。

タイ人と面接するとだいたい2~3割くらいですね。まともなのは。
まともと言っても、日本での新入社員面接だと全員落ちるレベルだけど。


~営業担当タイ人入社後から現在~

一般的なタイ人より仕事も早く、物覚えもよく
採用して正解だったと思う。
今のところ、引き合いは何件かもらってきたが、
まだ受注には結び付いていない。
本人は「仕事以外の雑談はお客と何を話していいか分からない。
営業向いてないかも。。。」と悩んでるようだが、まだ入社して3ヶ月。
焦らず成長していってもらいたいと思う。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック