FC2ブログ
タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



キム2度目の訪タイ(後半)
前回の続き。。。

キム2日目。(3月25日金曜日)

シロウは本当は勤務日なんだけど、
社長に了承取って休ませてもらった。
入社してから4ヵ月は試用期間中で有給休暇がないので
特別に「病欠扱い」にしてもらった。

社長、ありがとうございます。

この日はキムからのリクエストでドライブ
モーターウェーをぶっ飛ばしシラチャへ。

シラチャの海に突き出た完全ローカルなシーフードレストランで昼飯。

安くて新鮮なのでいつも地元タイ人でにぎわっている。
メニューは当然タイ語のみ。
キムはとりあえずビールさえ飲めればOKという感じ。
WP_20160325_001.jpg

WP_20160325_002.jpg
↑こんな感じ

キム「地球の歩き方に出てない町は
   やっぱ旅行者来ないね~」

この店を見つけたのもホント偶然だった。
以前Kenさんが来た時に「シーフード食わせろ」と騒がしいので
とりあえず海沿いのレストランに行ってみた。
その店は結構高そうな外国人も来そうな店である。
そこの駐車場の警備員に「この辺でどっか安くておいしいシーフード料理しらない?
店は汚くてもいいので」と聞いてみた。
こういう時タイ人は、「相手が日本人だから失礼のないように」と
おしゃれな店を勧めてくる傾向がある。
だからあえて「汚くてもいい」と念をおしたのだ。
その警備員が教えてくれたのが、今回キムと来た店だ。
狭い路地を入って行かなければならず場所が非常に分かりにくく、
地元の人以外まず来ない店だが、警備員の道順の説明が完璧だったので、
Kenさんと一緒にたどり着けたのだった。
まあ、この店は当たりでしたわ。
警備員のおっちゃん、グッドジョブ!

話がそれてしまったので戻します。

シラチャでシーフードを腹いっぱい食べた後、
パタヤへ。

パタヤ周辺の海岸沿いなどドライブ。

海岸を通ってキムの希望で水上市場へ行ったのだが、
これがまたひどかった。

中国人専用観光地となっており、中国人だらけ。
しかも市場に入るのに入場料とられる。(タイ人は無料だが外国人は200B)
こういう2重価格のところでは、タイの運転免許証をみせればタイ人扱いにしてくれるのに
ここはだめだった。

受付「1回目は200Bかかります。2回目からはチケット見せれば無料となります」

こんなとこ、何度も来るかよ。

庶民の生活の場とかではなく、観光用に作られた市場なので
見る価値も感じられない。
池の上に高床式のお店が並んでるだけ。
標記は中国語ばかり。
おそらく中国人用のツアーに組み込まれてるのだろうけど、
中国人はこんなとこ来て楽しいのかね?
タイっぽさのかけらも感じられないんだが?

パタヤで軽く夕食を取ってから、飲み屋へ。
キムと店員がビリヤードをやってるのを見ながら飲み。
キムが店員に勝利して、なにやらご褒美をもらっていたようだが、
詳しいことは割愛させていただく。
あとは店員と3人でジェンガで遊んだ。

http://www.takaratomy.co.jp/products/jenga/whats/index.html
↑ジェンガについては説明面倒くさいので、このHP見てね。

残念ながらキムは明日(3月26日)の早朝にはシンガポールへ移動してしまうので
まだまだ遊びたいところだったが、ドンムアン空港近くのホテルへ送ることに。

今回は短い滞在だったけど、次回はもっと余裕のある日程で来てほしいですね。

お土産ありがとう。
シロウからリクエストしたサラダせんべいなど頂いた。

(キム、また7月にも来ると連絡あり。
 既に航空券取得済みとのこと。この決断の早さ気持ちいいね。
 次回はタイ東北部イサーン地方の都市と国境越えてラオスに行く予定。)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック