タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



タカさん3度目訪タイ
最近、ちゃんとノートに日記書いてないから
かなり記憶があやふやなんだけど、
適当に書きます。

日本勤務時代の大先輩タカさんが3度目の訪タイ。

↓1度目訪タイ時の日記
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-364.html

↓2度目訪タイ時の日記
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-805.html


今回も2度目のメンバーと全く同じで
タカさん夫婦&オグさん夫婦の4人。
前回もそうだけど、タカさんはパソコン使えないので、
日本在住のハッチャンがシロウとタカさんの間に入って
全て調整してくれた。

コンタクトの流れ:タカさん←(携帯)→ハッチャン←(Line)→シロウ

さすが、ハッチャン。仕事ができる男。
これ、かなり大変だったのに、嫌な顔せず対応してくれた
ハッチャンに感謝。

しかもタカさんから「ハッチャンからこれお土産」と
野球用ソックス3足頂いた。
1足1,000円もする高級品。ありがとう、ハッチャン。
この場を借りてあらためてお礼を言っておきます。

4人は12月23日~26日タイ北部チェンマイ旅行で、
その後26日夕方にバンコクへ。
その時にお会いすることになった。

ややお疲れ気味の4人とシーロムのナライホテルロビーで待ち合わせ、
一緒に夕食へ。
シロウのお勧めのちょっとローカルなタイ料理屋へ。
オグさんの奥さんが辛いのは全くダメなので、
辛くない料理中心に注文。

注文した料理は特に食べられないのはなかったようで、
ほぼ完食。良かった。

食事しながら翌日の予定打合せ。
シロウがいくつか提案した中で、
ワニ園へ行くこととなった。

そして翌27日の朝。
ホテルロビーへお迎えに。
タカさんに会うなり「有馬記念をハッチャンに買ってもらわないと、
連絡取ってくれる?」と。

ハッチャンにLineで買い目を連絡。

タカさんがタイにいても要求が。
ハッチャン大変やな~。

今回はシロウが会社の車を運転をして4人を乗せてワニ園へ。
1500ccのViosにシロウを含めて5人乗りは正直キツイ。
道順が不安だったが、さすがグーグル先生、迷わず到着。

ワニ園はシロウはもう何度も来てるので、
新たな感動などは特になし。

ただ、前回来た時より中国語表記が増え、
ワニショーも中国語とタイ語だった。
入場者の大半が中国人ツアー客となっている模様。
チャイニーズマネー恐るべし。

ワニ園で昼飯。ワニの肉など食べた。
店員のおばちゃんが「精がつくよ」とうれしそうにいってたな。

ワニ園からチャトゥチャックウィークエンドマーケットへ移動。
ここは、約1万店が集まる巨大週末市場

奥さんたちが急に元気に。

お土産用や自分用の品定め。
時々シロウが通訳。

男ども3人は、奥さん方があっちいったりこっちいったりするのを
後についていくだけ。

奥様方「ここ楽しすぎ。何時間あっても足りないわ~」

男ども「いつになったら終わるんやろか・・・」

雑貨、衣服、ペット、家具などなんでも売ってるこの市場は
ショッピング好きにはたまらん
でしょうなあ。

夕食はオグさんの奥様がガイドブックで事前に調べておいた
ヤワラー地区にあるカオマンガイ屋へ。
しかし、行ってみたら日曜日は定休日だった。。。残念。

ホテルから近い所においしい中華料理屋があるのを知っていたので、
そこへ行くことに。
タイは中華系が多いので、安くて美味しい中華料理屋があちこちにあり、
タイ料理に飽きたら、中華料理もお勧め。

わざわざ日本にいるハッチャンに買いに行ってもらった有馬記念の馬券だったが、
残念ながらハズレ
だったとのこと。
ハッチャンへのお土産のグレードは上がらなかった模様。

「また来たい」と言ってたが、次回はメインが
チャトゥチャックウィークエンドマーケットになりそうな予感。
あそこは暑くて嫌いなんだよな~。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック