タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



セブンちゃんの攻撃
前回の続き。

電話を切った直後から、執拗な電話攻撃が始まった。
とりあえず、アパートの固定電話の線は抜き、
携帯の電源を落として寝ることにしたジン君。
このアパートは24時間監視員がいるので
部外者は勝手には入れない。
とりあえずは安全である。

「シロウさん、大変なんすよ、もう。毎日電話やらメールが数十件くるんですよ。
でも絶対、電話は出ませんからね。ここで負けたら別れられないっすよ。
朝会社に行くときは、セブンイレブンの前は小走りでコソコソしなきゃいけないし、
なんでこんな思いをしなきゃいけないのかなあ。ハァ。。。」

夜、ノイローゼになりそうなジン君を連れて、
同じアパートの一休ことミヤさんとその彼女のイエンちゃんと
4人で食事に出かける。
行きのタクシーの中でジン君の携帯が鳴った。
ジン君「ほら、始まりましたよ」
セブンちゃんからの電話攻撃だ。
その後、3分置き位で電話攻撃が続く。
ジン君「ねえ、タイ人の女の子ってみんなこうなの?」
とイエンちゃんに聞いている。
イエンちゃん「タイの女の子は好きな人には一生懸命だけど、これはちょっと異常かも」と
苦笑いしている。
食事中も電話攻撃がずっと続き、
食後、帰りのタクシーの中でまた電話が鳴った。
ジン君「今のでついに今日50回を超えましたよ。」
そしてアパートについてタクシーから降りた。
セブンイレブンから見える位置である。
シロウ「うわ!セブンちゃん、めっちゃこっち見てる!」
そう、セブンちゃんが店の窓に張り付くようにして
こっちを見ていたのである。
これは、怖すぎる!!
なぜか4人とも逃げるようにアパートに駆け込んだ。

そして数日後、毎日続いていた数十回の電話攻撃がピタっとやんだ。

ジン君「どうやら、やっとあきらめてくれたみたいです。粘り勝ちっすよ。ヤレヤレ」

しかし現実はそんなに甘くはなかったのである。

続く、、、
次回完結[予定]

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック