タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



久しぶりのカオサン
2017年4月6日(木)はタイの祝日で会社休み。

ガーンちゃんが「カオサン行ったことないので行ってみたい」と
以前から言ってたので、前日の5日夜はカオサンにホテルをとった。

今回泊まったホテルはSri Krungthep Hotel。
安いがカオサンまで徒歩10分程度、あまりきれいじゃない。

カオサンはシロウがタイに来た当初から比べて
かなり変化している。
以前のバックパッカー向けの安宿ばかりの
ゴチャゴチャしたところ、というイメージはあまりなく、
現在はバーなどが増え、おしゃれな街になった。

カオサン通りから1本北のRam Butri通りも人通りが多く
白人の姿が目に付いた。
Ram Butri通りにあるMax's Magical Thai Food という店で
軽く飲みながら夕食。
タイ料理店だが、店の名前のとおりオーナーが手品を見せてくれる。
また、彼は日本に行ったことがあるらしく、
片言の日本語で話しかけてくる。

もうすぐソンクラン(4月13日~17日)が始まるので、
世界中から旅行者が集まってきているのだろうか、
ものすごい賑わいだった。
深夜0時位だったが騒がしすぎ。
※カオサンはソンクラン祭りで盛り上がることで有名

面白かったのは、カオサン通りには旅行者向けに
サソリの姿揚げ
の売り子が多くて、
ガーンちゃんビビりまくり。

ガーン「あれ本物なの?」

シロウ「もちろん。食べると夜元気になるぜ。」ウヒヒ

あと目についたのは
「Laughing Gas」と「Bucket」と書かれたプラカードを持った人が
ウジャウジャ。
カオサンでは流行ってるみたい。

絶滅寸前かと思われた
「背中を棒でこすると鳴くカエルの置物」を
売ってる民族衣装を着たおばちゃんもここでは何人も見かけた。
ほとんど売れんと思うが、がんばって欲しい。

kaeru.jpg
↑カエルの置物はこんなの

ガーンちゃん的にはカオサンはイマイチだったようで、
「一回行けば十分」とのこと。


ソンクラン休暇2017前半(J-Park&Tiger Zoo)
今年のソンクラン休暇(4月13日~17日)はガーンちゃんと旅行。

4月12日(水)、終業後ガーンちゃんを迎えに行き
その日はバンコク泊まり。

4月13日(木)シラチャへ移動。
Jパーク日本村というショッピングモールへ。
ここは日本料理店や日本雑貨店が集まっていて、
日本人学校も近くにある。

Sriracha1.jpg

↑鯉のぼりの季節が近いのでこんな感じ。
Sriracha2.jpg
↑赤いのはダルマ

食事をJパーク日本村で済ませ、Tiger Zooへ。

名前のとおり、トラがメインの動物園。
Sriracha00.jpg
↑入り口

Sriracha3.jpg
↑ブタに育てられる虎のあかちゃん

Sriracha5.jpg
↑ブタレース。背中に乗ってるのは掛け金

Sriracha6.jpg
↑トラのあかちゃんにミルク飲ませたり

Sriracha4.jpg
↑トラのショー

Sriracha7.jpg
↑ピラルクー

Sriracha8.jpg
↑錦鯉に餌付け

Sriracha9.jpg
↑象ショー

Sriracha12.jpg
↑本物のワニのはく製を使った授業風景。ふざけすぎやろ。

Sriracha11.jpg
↑またも餌付け

Sriracha10.jpg
↑サソリねえさん。一緒に写真撮ると別途料金。

あまり規模は大きくないので
半日あれば十分。
トラだけでなく、いろんな動物がいるので
動物好きであれば結構楽しめる。

ソンクラン休暇2017後半(チャンタブリ→ラヨーン)
前半からのつづき。。。

4月14日(金)チャンタブリーへ。
シラチャからだと車で2時間くらい。

ホテルに行く前にWat Khao Sukimというお寺へ。
ソンクラン休暇のせいかすごい人の数。
無料でソムタムやらクイッティアオ(麵料理)やらフルーツ、
飲み物などが配られていて、タイ人群がっていた。
ガーンちゃんも当然、群がって食料ゲット。
結構腹いっぱい食べられた。
Chanta01.jpg
↑山の上に見えるのがお寺

Chanta02.jpg
↑暑い中、階段上るのキツイ

Chanta03.jpg
↑お寺からの景色。遠くまで見渡せてきれい。

お寺観光の後はHop Inn Chanthaburiへチェックイン。
このホテルは新しくて清潔。
車がある人にはお勧め。
普段は1泊600バーツ(約1,800円)だが、
ソンクラン期間中は800バーツ(約2,400円)

チェックイン後、まずはMaephra Patisonti Niramon Church(カトリック教会)。
すると、今日はイベントがあるため、車で敷地内に入れない、と。
歩いて敷地内には入れるのだが、教会内の見学も禁止。

Chanta04.jpg
↑とりあえず外から教会の写真を撮る。
 立派な教会。

イベントはどうやら夕方6時頃から行われるらしく、
それまでは教会周辺のウオーターフロントをぶらぶら。
川沿い全体が観光地となっており、古い町並みが残っている。

Chanta05.jpg
↑地図。雰囲気を壊さないようにするためか数字までタイ語。
 外国人旅行者には全く使えない。。。

ここにあるお洒落なレストランで食べた海鮮バミーは
薄味で上品で美味しかった。

夕方また教会に戻ってくると、信者が集まりだしていた。

Chanta06.jpg
↑イベントで使う十字架

Chanta07.jpg
↑信者。なんか雰囲気が怖くて
 ガーンちゃんは「もう行こう」と逃げ腰。

4月15日(土)
そういえば、ソンクラン期間中なのに
チャンタブリーでは全然水掛けをやっておらず、
非常に快適。

今日もお寺へ。
The King Taksin Shrine
City Pillar Of Chanthaburiへ。
ここは隣同士なので両方いっぺんに見学。
しかし、どこ行ってもすごい人。

Chanta08.jpg
↑タクシン王寺

寺の後は
Namtok Phlio National Parkという国立公園へ。

Chanta09.jpg
↑魚いっぱい

Chanta10.jpg
↑滝つぼで水遊び


夜はPanjimという川沿いのお洒落なレストランで食事。

Chanta11.jpg
↑人気のレストランの様で客がいっぱい。


4月16日(日)ラヨーン経由でバンコクへ。

Chanta12.jpg
ラヨーン水族館(シロウの希望)
 入場料30バーツ(約100円)
 コスパ良い!

Chanta13.jpg
↑入場料激安なのに素晴らしい

Chanta14.jpg
↑海外からの観光客が来ないので
  海がきれいというローカルなビーチへ。
  メーラムプーンビーチ

Chanta15.jpg
↑実態は海岸、ゴミだらけ
実にタイっぽい

途中、パタヤへ。

水掛祭り。オカマちゃんが目立っていた。

Chanta16.jpg
↑水を掛けられないように、
  道路の反対側で撮影。

今年のソンクランはほとんど水掛けられることなく終了。
快適でした。


Klong Lat Mayom水上市場
4月22日(土)、ガーンちゃんと水上市場へ行ってきた。
Klong Lat Mayom Floating Market(クローン ラット マヨム水上市場)
というところ。

シロウはこの水上市場はよく知らなかったのだが、
ガーンちゃんの姉の娘(名前はサニーちゃん。可愛い)がここで働いているとのことで
行ってみた。

サニーちゃんの働いてる店へ。
彼女は平日はOLとして働き、土日は水上市場で
副業
している。
つまり年中休みなし。働き者だ。
彼女が店のオーナーであり、
売ってるものはタイ風ソーセージ。
1本35バーツ(約120円)。
太くて長いのでガーンちゃんと2人で分けて食べたが、
食べごたえある。
商売としては上々とのこと。

この市場はかなりローカル度高め。
ツアーバスは停まっておらず、
ほとんどがタイ人。
日本人と中国人は全く見かけることなく
白人が少し。

ボートツアー60B(約200円)お勧め。
タリンシャン水上市場のボートツアーの質が落ちてしまった今、
この水上市場は穴場だと思った。

途中立ち寄るのは「しょぼいお寺」と「蘭園」の2ヶ所だけだが、
狭い運河の中を走る時間が長いので、
本来の目的である運河周辺観光が十分に堪能できる。
所用時間は1時間半程度。
Market1.jpg
↑観光用ロングボート

Market2.jpg
↑これがツアー目印

Market3.jpg
↑ボート内の様子

Market6.jpg
↑おばちゃん

Market4.jpg
↑ボートアイスクリーム屋

Market5.jpg
↑アイスクリームをサンドイッチにして食べるのがタイ流

Market8.jpg
↑蘭園。ガーンちゃんは花大好き

Market7.jpg
↑とりあえず花と一緒に写真撮っておけば上機嫌


ツアー後は市場で食事。
規模の大きい市場なのでいろんな物が売っている。

バンコク中心部からは旅行者の場合、
タクシーで行くことになると思う。
200バーツくらいかな?

ローカルの市場が好きなら行く価値は十分にある。お勧め。

↓クローン ラット マヨム水上市場情報
http://www.bangkok.com/jp/attraction/5-floating-markets.htm