タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



2016年一時帰国(後編)
10月21日(金)
前日用事で飲み会に参加できなかった草野球の元チームメートのリン君から
ラインが来て「昼飯でもどう?」と誘いが。
アナゴが美味しくて芸能人も来る「やまよ」へ。
デンさんも仕事を早めに終わらせて合流。

http://www.yamayo7240.com/
↑食事処やまよのホームページ

Yamayo.jpg
↑このボリュームで1,050円!うまい!

リン君がおごってくれた。
この御礼はリン君がタイに来た時に。
来年の3月に訪タイを予定しているとのこと。

デザートはコメダ珈琲へ。
シロウがタイに行く前はまだなかったな。

その後リン君と別れて、デンさんと三井アウトレットパークへ。
韓国人、中国人など観光客が結構いた。
タイ人おねえちゃん用のお土産としてGODIVAのチョコレートを
ここで購入。

この日の夜は元職場の同僚と飲み会の予定があるので、
デンさんと別れて向かうことに。

元同僚との飲みはカフェレストラン タローにて。
https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12035446/
↑幹事ヒラさんの中学時代の同級生がやってるお店。

シロウの元上司アラさんや同僚が集まってくれた。
そのうちの2人は既に定年退職済みで悠々自適の生活。
何人かの人が「シロウさんがいる間にバンコク行くよ」と言ってくれたけど
来てくれるだろうか。

2次会は和風居酒屋へ。
やっぱ日本のサービスレベルは高いね。
店員がテキパキしてる。

なんとか終電に間に合って帰れた。

よく考えたら今回の帰省のメインは親父に会うことだったけど、
毎日飲み会に出ずっぱりなので、親父とまだまともに話してないな。

10月22日(土)
弟のゴロウがシロウの帰省に合わせて顔を出したので、
家族皆でばんやへ。
http://www.banya-grp.jp/
ここは帰省の度に行くシロウのお気に入りの店だ。
行く度にどんどん店舗拡張している。

新鮮な魚介類がうまい。
イセエビの刺身とみそ汁、カワハギの刺身などなど。
いや~、日本のメシはいいね。

Banya2.jpg
↑うまいの安いの多いの

Banya3.jpg
↑ずっと食べたかった大好きなカワハギ刺身

Banya.jpg
↑ばんや

食後、道の駅に寄り道。
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1121127-d9585771-Reviews-Michi_no_Eki_Hota_Shogakko-Kyonan_machi_Awa_gun_Chiba_Prefecture_Kanto.html
ここは廃校になった小学校を道の駅として改装してある。
なんだか懐かしい感じがする道の駅だ。

鴨川の日帰り温泉へ。
https://www.kgh.ne.jp/04/higaeri/
いつもシャワー生活なので、気持ち良すぎ。
岩盤浴で1時間くらい昼寝してしまった。
外だけどそんなに寒くなくちょうど良かった。

Kamogawa.jpg
↑鴨川グランドホテル

その後、カフェへ。
シロウの地元はカフェ激戦区でおしゃれなカフェがいっぱいある。
今回選んだのはここ。
cafe 旅ヲスル木
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12032937/

デザートもコーヒーも美味しかった。
店の中の雰囲気はいいが、
隣の板金屋が景色を台無しに。
修理中の車がたくさん停められてるので、
これを見た時、ちょっと店に入るのをためらうほどのレベル。

cafe.jpg
↑ぱっと見、店が分かりにくい

今回はタイに行ってから初めて秋に帰省したけど、
暑くもなく寒くもなく実に気持ちいいね。

10月23日(日)
タイへ。

4泊5日短すぎてあっという間だったな。
飯はうまいし街はきれいだし、
サービスでイラッとしないし日本最高!
仕事しないですむんなら、やっぱ日本がいいね。

高速道路で前の車を煽りながら
頻繁に車線変更してるピックアップトラックを見た時、
ああ、またタイに来てしまったんだな、と実感した。

【おまけ】
PCで音楽を聞くときに標準装備のスピーカーは音が悪いし、
イヤホンは動きが制約されちゃうので
USBスピーカーが欲しいなと以前から思っていた。
なので、今回の帰国ついでに買うことにした。
タイからアマゾンで購入して実家に届けてもらい受け取り。
タイへ持って帰って使ってみたら、大満足!!
設定も不要でUSBに差すだけ。
この金額と大きさですばらしい音。世界が変わる。マジで。
Olasonic USBスピーカー 税、送料込みで6,636円だった。

https://www.olasonic.jp/usbspeaker/tws7w.html
↑メーカーの商品紹介ページ

いや~、これはいい買い物でした。


サタヒップ→パタヤ
日本からタイへ戻ってきた翌日の10月24日(月)は
タイの祝日で会社お休み。
さっそく、タイ人おねえちゃん(名前はオー)と
デートすることに。
オーちゃんは日記初登場だが、
もう何度かあんなことやこんなことはしている関係。ウヒヒ。
日本に一時帰国してる間は禁欲生活だったからね。
今日はおいしくいただいちゃおうってことで。

ここで簡単にオーちゃん紹介。
雰囲気が落ち着いてるので
初対面の時は30歳くらいかと思ったら
まだ23歳でびっくり。
性格は真面目。
キスしたりオッパイさわったりあんなことやこんなことはOKだけど、
なぜか下ネタ厳禁。

オーちゃんはウドンタニー県の出身なのであまり海を見たことがなく、
「きれいな海が見たい」と。

バンセン、パタヤビーチあたりだとあまりきれいじゃないので、
サタヒップまで遠征することに。
シラチャからは車で1時間くらい。

オー「いいねー、楽しみ!」

テンション上がってます。
しかし発車後、オーちゃんすぐに爆睡。

WP_20161024_001.jpg
↑爆睡中 Zzz...

サタヒップ海岸に到着したので
オッパイをつついてオーちゃんを起こす。
 
ビーチは3連休中なのですごい人。
しかも王様崩御で基本みんな黒い服を着てるので
アリンコの群れのよう。

オー「うわー!すごい人」

ゴザを借りて木陰に場所を確保。

オー「海すごいきれいだけど、めっちゃうるさい!」

周りでタイ人たち大騒ぎしている。
まだ王様が亡くなったばかりだというのに、、、

ビーチの日が当たるエリアはガラガラ。
タイ人は日焼けしたがらないからな。

「小腹が空いた」とのことで、ソムタムプーパラ-(カニ入り発酵魚入りソムタム)と
ホイクレーンルアック(塩ゆで赤貝)を海岸近くの店に注文。
オーちゃんの好物。シロウも好きな料理だ。

オーちゃんは、海に浸かるわけでもなく
3時間くらい体操座りをしてボーッと海を眺めていた。
シロウは昼寝。

WP_20161024_005.jpg
↑海を眺めるオーちゃん

帰りはパタヤのウォーキングストリートを散策。
いつもならすごい人だが、観光客が少なく閑散としていた。

4D映画が見たいというので見ることに。
アップダウンが激しいトロッコに乗るというアドヴェンチャーで
「怖い!怖い!」とシロウに抱きついてくる。
ちなみに客は2人しかいない貸し切り状態なので
なんでもあり。
座席は激しく揺れるし水は掛かるし、こりゃ面白い。
オーちゃん、10分もしないうちに「酔った。吐きそう」と。
出ることに。

店員「え? もう帰るんですか?」

パタヤビーチでオーちゃんが回復するまで休憩することに。
目の前で餌木を使ってイカ釣りをしていた。
バケツをのぞいてみると、結構釣れてる。
いやー、楽しそう。 日本ではシロウもたまにやってたからな。

egi.jpg

↑餌木はこういうの。これにイカが抱きついてくる。

その後、パタヤで夕食とってからシラチャのシロウのアパートへ。
4D映画に負けない激しさで、オーちゃんを完全にグロッキーにしてやりました。
ウヒヒ。。。

ブンサムランでナマズ釣りデート
11月5日(土)、ガーンちゃんと
ブンサムランへナマズ釣り。
シロウの希望。

ブンサムランについては何度か日記に書いてるが、
あらためて紹介。
場所はナワミンというバンコク市内北部。
メコン大ナマズなど1メートル以上の大物が釣れる。
ここもタイ人と外国人の二重価格だが、
タイの運転免許を持っていれば、外国人でもタイ人価格でOK。
尚、レンタルの竿とリールを魚に引き込まれるなどして紛失すると
2,000バーツ(約6,000円)の罰金。

http://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/kankospot/10445126/
↑ブンサムラン参考情報

本当はおねえちゃんと2人で行くよりも
バンガロー借りて数人でワイワイ飲んだり食べたりしながら
竿2本位で交代しながら釣るのが一番楽しいと思う。

Bunsam2.jpg
↑奥に見えるのがバンガロー

夕方が良く釣れるので
今回は午後3時頃に釣り開始。

Bunsam1.jpg
↑パンの耳をコネコネ

エサをブン投げて、待つ。

オラ~、早く食いやがれ!魚どもめ!うひひ。

しばらく時間が経ったら餌を付け換えて待つ。

再び餌を換えて待つ。。。

待つ。。。

なにこれ、全然釣れね~!!
あたりもない。

ガーン「釣れないね。。。」

周りはポツポツ釣れてるのに。

う~ん。。。

もう周り薄暗くなってきた。

開始から3時間ほどして、ようやく初ヒット!!

グオーッ!!一気に糸を引き出される。
ヤバイ、これかなりでかい。

結局、数分で糸を切られてしまった。

ガーン「あーあ、せっかく掛かったのに」

シロウ「池の主やろな。。。」

気を取り直してまた開始。

少し経ってまたヒット!!
数分のやりとりで1メートルちょいのナマズゲット。

ガーン「大きいね!!」

まあ、ここでは1メートル超えても普通サイズだけど。

しばらくして2匹目がヒット!!
今度はガーンちゃんに釣らせよう。

シロウ「ガーンちゃん、竿持って。」

ガーン「え~っ、無理。水の中にひきこまれちゃうよ」

びびってしまい、結局シロウが釣りあげた。
またも1メートルオーバー。

シロウ「俺が支えておいてあげるから大丈夫だよ、
     次に魚が掛かったらガーンちゃん釣ってみ?」

ガーン「いや、怖いから見てるだけでいい。」

3匹目も結局シロウが釣り上げた。
ガーンちゃんは「蚊に刺された」と騒がしいし、
見てるだけというのもかわいそうなので、
シロウは楽しかったが、早めに納竿し帰宅。

この後は俺の竿で、、、(以下自粛)

【備忘録】餌は食パンのみが良い。
他の集魚剤などを混ぜるよりも釣れる。

ノンヌット・トロピカルガーデン
11月12日(土)、パタヤの郊外にある
「Nong Nooch Tropical Garden」 というところに
ガーンちゃんと行ってきた。

ミニ動物園付の広い公園といった感じ。
ここも中国人観光客でいっぱい。
雨期が明けてタイは今がベストシーズン。

撮影スポットがいっぱいあるので
写真好きの中国人、タイ人には楽しいだろう。
特に展望台からの景色は最高。

Non2.jpg
↑意味不明なアリンコのオブジェ

Non1.jpg
↑展望台からの眺め。
 下の方に見えるのがアリンコのオブジェ

ここでピラルク釣りができるのだが、
ものすごいド迫力。
20B(60円)からできるのでお勧め。

Non3.jpg
↑ピラルクはこういう奴。
 1~2メートル位の大きさ。

エサのアジを水面付近でプラプラさせると、
ガポーンと大きな音を立てて食いついてくる。

遠くから釣り場が見えてきた時は
ガーンちゃん釣る気満々だったのに
近くに来ると「怖い」と結局挑戦せず。
あいかわらずビビりだなあ。

特に「これはすげー!!」となるポイントはないけど、
動物園、植物園、スポーツカー、展望台、
ピラルク釣りなどそれなりに見どころは多い
ので
まったりと1日すごすにはいいところ。
ただ、日数が限られる国外からの旅行者は
わざわざ行くほどのものでもないだろう。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293919-d669526-Reviews-Nong_Nooch_Tropical_Botanical_Garden-Pattaya_Chonburi_Province.html
↑参考情報

「君の名は。」タイで映画鑑賞
ここのカウンターが7のぞろ目になったら、
過去のおねえちゃん画像、記念に公開します!
(たぶん)

さてと、本文いきます。

11月13日(日)
ガーンちゃんと、レムチャバンのハーバーモールへ。
レムチャバンはタイで最大の港がある街。
シラチャとパタヤの間に位置する。
レムチャバン港には工業団地が隣接しており
日系企業も多く進出している。

「君の名は。」という日本のアニメ映画が
ちょうど上映されてたので見ることに。
事前情報ほとんどなかったので、
観る前は戦争映画かと思ってた。
上映前にちょっと時間があったのでスマホで調べたところ、
日本では大ヒットしていて号泣する人もいるとか。。。

kiminonaha.jpg

運よく音声は日本語のままでタイ語字幕だった。
もし吹き替えだったら「クンチューアライナ?」とか
間抜けなタイ語を何度も聞かされるハメになるところだった。

あまりにも現実離れしていて感情移入ができなかったんで
途中何度か睡魔に負けてしまったが、
まあ面白い映画だと思う。
特に映像と音楽には力入れてるな~、と感じた。
最後はハッピーエンドで良かった。
感情移入ができれば泣けたかもしれん。

映画を見終わった後、、、

ガーン「面白かったね。」

シロウ「日本では泣く人が多いらしいよ」

ガーン「え?面白いけど泣けないでしょ。
     日本人って変わってるね、
     日本でもあんな田舎あるんだね~。」

タイ人ならではの感想だな。
たしかに泣いてるタイ人は見なかったな。

タイでも日本映画をどんどん上映するようになってほしいな。



ロイクラトン@シラチャ
11月14日(月)ロイクラトン
灯篭流しの日。タイのカップルで一番大事な日。
あちこちおねえちゃんに手を出してる人には
スケジュール調整が一番大変な日。

最初、パタヤへロイクラトンのイベントを見に行こうと思っていたが
今年は喪に服すためイベント中止に。
シラチャで灯篭を流すことにした。
おそらくロイ島に行けば、流せるだろう。

ガーンちゃんとロイ島へ向かう。
シラチャで仲良くしてるオーちゃんに鉢合わせしないか
ちょっとドキドキ。
この日はバンコクに行ってることになってるからね。

ロイ島へ渡る橋が工事中で進入禁止。
隣接してる公園の海岸で流すことに。
環境に優しい魚のエサで作られた灯篭を2つ買って流す。

海岸から流すので、出来の悪い灯篭は波で転覆してしまっていたが
シロウたちの灯篭はうまく潮にのり、遠くまで流れて行った。

警察がスピーカーで「ロイクラトンは騒がずに静かに行ってください!」と
繰り返し言っていたが、一番うるさいのは警察だった。
海でのロイクラトンはどぶ川で流すバンコクよりも
趣があった。

WP_20161114_002.jpg
↑海に浮かぶ灯篭。夜景がきれい(シロウ撮影)

灯篭流し終わった後は、海辺のレストランで食事。

店員「今日は灯篭をサービスしてます。
    そこの海で流してくださいね。」

ガーン「え~っ!?タダでもらえるの?
    さっきわざわざ買って流す必要なかったね~」

ということで、おねえちゃんをハシゴしてるわけでもないのに
2度目の灯篭流し。

タイ人カップルにとって一番大事な日、
無難に終了。