タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



マレーシア旅行1日目
高校時代からの友人キムがマレーシアに出張するとのことで、
10月24日(土)~25日(日)に予定を合わせて、シロウも行くことにした。
マレーシアはタイに接してる国なんで「いつでも行けるやろ」と思ってたら
行かないまま気づいたら9年も経っていた。
これでタイに接してる4ヶ国(ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシア)
コンプリート


朝7時10分ドンムアン発の飛行機なので、
早朝3時半起き、4時過ぎにアパートを出発して
ドンムアンへ空港へ。
シラチャからだと2時間くらいかかる。
所々、スコールで大雨。スピードが出せず
ちょっと焦ったが間に合った。

エアアジアのゲート近くに行ったら中国人だらけでスゲーうるせー。
地べたにもそこら中に座ってて、ロビーの席が全く空いてねえ。

しょうがないので、一服することに。
中国人のおっさんが、喫煙ルームのドアを開けっぱなし
しかも体を外に出してタバコ吸ってやがったので、
待合ロビーに煙が流れ出していた。
シロウがドアを閉めたら、おっさんがシロウを睨みながら
なにやら中国語をわめき散らしてまたドア開けやがった。
この民度の低さは、どうしょうもないな。死ねばいいのに。

Malay1.jpg
↑この看板の文字が読めないんだろうか?

さらに女子トイレに行列ができてて「たいへんそうやなー」と
思いながら男子トイレに入ったら、中国人のおばちゃんが男子トイレの
中にもいっぱいいて、個室を占領してやがった。
もうなんでもありだな。

ということで、朝から中国人のせいで
非常に気分が悪くなりながらマレーシアへ。

マレーシアは入国カードを書く必要がなく、
かわりに指紋をスキャンされるだけ。
これはラクだ。
すんなり入国できて出口に向かうと
キムが外で待ってるのが見えた。
無事再会。

「LCC専用の空港なんでしょぼいよ」と会社の同僚から聞いていたが、
新しいだけあってきれいでいい空港だった。

まだ早いのでホテルはチェックイン不可。
とりあえず荷物だけ預けてさっそく観光へ。

まずはメシ。

ローカルの飯屋で食ったが、味付けあまり辛くなく
問題なく食べられた。

その後、観光。
キムがタクシー配車アプリ「Uber」の使い方を練習したい、とのことで
さっそく使ってみた。
数分待って白タクが来た。

行き先を「ISTANA NEGARA(新王宮)」でアプリに登録したのに、
旧王宮に連れて行かれた。
あらら。
交渉したら追加料金なしで、新王宮に連れて行ってもらったが、
そこは特に観光地でもなくなにもなし。
ゲートには門兵がいて侵入不可。

Malay2.jpg
↑しょうがないので門の写真を撮った。

観光地でもなんでもないところなので、タクシーは走っておらず
またもUberを使用。
「王宮が見たい」と伝えたが、目的地にたどり着けず、
タクシーの運ちゃん、モスクを指さしながら「あれか?」と。
結局、新王宮は諦め日本人居住区を見に行くことに。

日本人が多く住んでる地区には高層コンドミニアムが多く建っていて、
近くのショッピングモール内には日本食レストランもあり、
生活に不便はなさそう。
ただ遊ぶところは少なそうなので、生活に刺激はないだろうな~。

その後は特に行くところも決まってなかったので水族館へ。
入場料は高め。
マレーシアならではの魚が見られるかと思ったが、
タイの水族館とほぼ同じラインナップ。
まあ、近いからね。手に入る魚はほとんど同じなんだろう。
長い水中トンネルが最大の見どころ。

Malay3.jpg
↑水中トンネル

水族館の後はペトロナスツインタワーへ。
マレーシアでは1、2を争う有名なところらしい。
恥ずかしながら知らなかった。
タワー前の広場には大勢の人が集まっており、
観光客だけでなく市民の憩いの場にもなっているようだ。
なかなか良い雰囲気だ。

Malay4.jpg
↑ペトロナスツインタワー

Malay5.jpg
↑Tokyo Street(パビリオン内)

夕食は観光客向け(?)の食堂が並んでるところへ。
ビールは普通に飲める。
イスラム教の国なのでマレーシアはもっとガチガチに厳しいかと思ってたけど。
マレーシア料理はタイ料理程しつこくなく食べやすかった。

Malay6.jpg
↑飯はうまいが、ビールは水みたいに薄い

キムがドリアンに興味をしめしていたので、
その場で実を切ってもらい食べた。
3店まわって金額を確認したところ、結構差があるので、
一応確認した方がいいだろう。
美味しかった。

キムはほんとになんでも食べられる。
タイに長年住んでる日本人でも「ドリアンは臭くてちょっと。。。」とか言う人多いのに。

シロウ「キムはなんでも食えるな。俺もなんでも食えるけど
     食事気を遣わなくていいからラクや。」

キム「好き嫌いの多い奴は甘え。」

シロウ「ほんと1回もチャレンジしないのに食えないとか言ってる人
     なんなんだろうな」

シロウは食べられないものは何もないが、
あまり食べたくない物はいくつかある。
柿、練り物系はあれば食べるけど、わざわざ買って食べたりはしない。
タイ料理だとイエンタフォーという発酵臭のする
ピンク色のスープの麺料理があるのだが、あまり得意ではない。

過去にも日記に書いたが、なんでも食べられるというのは
旅行を楽しむには重要なこと
だと思う。
同行者にも気を遣わせずにすむし。

キムと旅行すると、事前にいろいろ情報調べてくれてるのでラクだし、
料理も気にしなくていいから旅行が実に楽しい。
あと、長距離を歩くのも苦にならないというのもキムのいいところ。

食後、市場へ。
コピー品がたくさん売られている。
呼び込みもいろいろで「本物!本物!」(←うそつけ!)
「ともだち!ともだち!」(←初対面やろ!)とか
「スーパーコピー!」(←これはうそじゃないな)とか。
変な日本語で声を掛けられるので、日本人は結構来てるみたいだな。
あと、キムから聞いたのだが、日本で「ナマコ石鹸」が
マレーシア土産として有名だという。
たしかにセントラルマーケット内などで見かけた。
ハート形の石鹸で女性向けにはいいと思う。
保湿効果にすぐれるらしい。

市場の近くのヒンドゥー寺院にはインド人が集まって
お祈りしていた。
我々も混じって見よう見まねで適当に祈ってたら、
お坊さんに額に赤い粉を付けられた。
いいねいいねインド人っぽいね。

Malay7.jpg
↑夜はライトアップされて美しいヒンドゥー寺院

1日目はこんな感じで終了。

シロウはキムより先に爆睡してしまったので、
キムが夜遊びに出たかどうかは不明。

2日目へ続く。。。

マレーシア旅行2日目
前回の続き。。。

マレーシア旅行2日目。

朝、開店と同時にホテル近くのスーパーで
お土産購入。
Berly'sのチョコレートが美味しいとのことなので、
タイ人おねえちゃん用3人分購入。
あと、コーヒーも。

(タイ人おねえちゃんにBerly'sチョコレートをお土産としてあげたのだが、
 感想は「甘すぎ」とのこと。シロウは食べてないので分からないが、
 タイ人が甘いと言うくらいだから、相当甘いのだろう。)

この後、モスク観光へ電車で向かう。

なんかこの車両空いてるな~と思ってたら
我々レディース専用車両に席取ってた。
慌てて別車両に移動。

Malay11.jpg
↑マレーシアの電車。きれい。

http://www.go-malaysia.info/travel/tr-kl/blue-mosque/
↑ブルー モスク

外観修復中。
英語話せるボランティアのガイドが説明してくれる。
シロウたちの他にも日本人が数人いた。

Malay9.jpg
↑ボランティアのおっちゃん

女性は青忍者のコスプレさせられる。

Malay8.jpg
↑青忍者(日本人)

Malay13.jpg
Malay12.jpg
↑美しいモスク内

Malay10.jpg
↑モスク内、喫煙の罰金が10,000リンギット(約25万円!!)

帰りはUberで呼んだタクシーで最寄り駅へ、と思ったら
タクシーがあまり道に詳しくないようで、
ちょっと離れた駅へ。

モスク滞在時間が予定より長くなってしまい、
帰りの飛行機の時間に間に合うか微妙に。

こういう時に限って電車なかなか来ね~。

駅に着いてから、シロウはホテルへダッシュ
預けている荷物を受け取りに。
キムは空港行きの電車の切符購入。
役割分担。

走ってギリギリ電車に間に合った。
これ逃してたら、飛行機はほぼ絶望だった。

余ったリンギットで空港のお土産屋でなんか買おうかと思ってたが、
時間なくファイナルコールで飛行機もギリギリだった。

【マレーシアの全体的な印象やタイとの比較】
・タイはゴミがそこら中に落ちていて汚いが、
 クアラルンプールは街がきれいでインフラは整っている。
・タイと違ってピックアップトラックは全然見ないし
 バイクもあまり走っていない。静か。
・自動車は地場メーカーのプロドゥアやプロトンが多いが
 トヨタ、ホンダなど日系メーカーも結構走っている。
・電車に乗る時は降りる人をきちんと待つ。
 シロウは恥ずかしながら、「あれ?なんでこの人たち乗らないんだろう?」と
 思ってしまった。
 タイでは降りる人がいてもどんどん乗ってくるからね。
 知らないうちにタイの悪いところに染まってしまっていたようだ。
 民度ははるかにタイより上。
・コンビニはセブンイレブンが多いがKK(ローカル系?)もよく見かけた。
 セブンイレブンとKKがなぜか隣接してること多し。
 ビールはコンビニで売ってる。
・コンドミニアム建設中多し。発展している勢いは感じるが、
 供給過剰になるのでは?と心配になる。 
・全体的な印象は非常によい。
 さすが、年金生活者の海外移住先人気ナンバー1の国だ。
 ちなみにフィリピンが2位でタイが3位。
https://www.kaigaiijyu.com/ranking/retirement.php
↑海外移住参考サイト

タイに戻ってきてマレーシアのことを少し調べてみた。
タイのお隣の国だが、あまり知らなかったので。
裕福度の指標である1人当たりのGDPは9,557USドルで世界64位。
タイは5,742USDで世界91位。
この経済力が倍近く離されているところが、
民度の差としても表れてるように感じる。
マレーシアはおそらくお隣のタイなど全く眼中になく、
シンガポールを目指しているのだろう。
ちなみにシンガポールの一人当たりのGDPは52,888USドルで
世界7位。
日本は32,486USドルで世界26位。

http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html
↑一人当たりのGDP参考サイト

配車アプリUberについてだが、
本来はドライバーと直接やりとりする必要がなく
「言葉が通じなくても金額交渉不要、目的地の説明不要」と
いうことなんだろうけど、実際は運チャンがプロでなかったりして
土地勘が無いことが多く、目的地の説明が必要だったりと
なんだかんだ言って多少の英語力がないと困ることがありそう。
メータータクシーが捕まらないようなところでは簡単に呼べるので
非常に便利。
あと、事前に目的地までの距離から見積もり金額が分かるので、
ぼったくられることはないだろう。
海外だとこれは結構重要だったりする。


プミポン国王
10月13日(木)の夕方、タイ人が「王様が亡くなった。7時に発表ある」
騒いでいた。

何日も前から同じようなデマが何度も飛び交っていたので、
「今回も正式発表があるまでは分からんな~」と思っていたが、
本当だった。

シロウはちょうど日本料理店で食事中だったが、
タイ人仕事の手をとめて、全員がテレビにかじりつき状態。

帰り掛けシラチャの繁華街見てみたら、
カラオケ店はさすがに全部ネオンが消えていた。

政府発表によると「公務員は1年間の喪に服すこと。娯楽は1ヶ月自粛」と。

「うわー、明日、タイ人会社来るかな~?」

結局、普通に全員出社。

服は白か黒と聞いていたので、
シロウは白いYシャツと黒スーツで出社。

さすがに朝一は雰囲気暗かった。

バンコクにいる社長から「バンコク側は午後から会社閉めるので、
シラチャ支店も午後は閉めていいよ」と連絡あり。
タイ人にそれを伝えたところ、本当は夕食パーティーする予定だったのだが
「ランチ パーティーにしよう」ということになり、全員でMKレストランへ食事に。

皆ワイワイガヤガヤとめっちゃ楽しそう。
なんかあんまり喪に服してるという雰囲気ではないな。

【今後のタイの情勢予想】
絶大なる人気を誇るプミポン国王が亡くなって、
後継者は超絶不人気のワチラーロンコーン王子。
今まではタイの政情が不安定になっても王様の鶴の一声で
収拾してきたタイ。
その最後の歯止めが無くなるに等しい。
プミポン国王の人気をうまく利用してきた権力者たちだが、
これからはかじ取りが難しくなるはずだ。
今後、何かの拍子に政情不安に陥る可能性は高い。

タイで問題なのは「不敬罪」という法律が存在すること。
これは王室に対しての批判が一切できない法律である。
つまり言論の自由がないということ。
百歩譲って王室が政治に一切絡まないのであれば、
この法律はまだ容認できる。
しかし、王室も政治に絡むタイにおいての「不敬罪」は
独裁政治に繋がりかねない。
というかもはや現在の軍事政権下の中、その傾向が強まってきていると感じる。

ある知人がこう危惧していた。「このままではタイは昔のミャンマーになってしまう」。

タイが真の民主国家になることを願う。

↓参考:ワチラーロンコーンのWiki これを読めば少しは不人気の理由が理解できる
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%81%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3


エビ釣り@プラチャーウティット
10月15日(土)、ガーンちゃんが
「どっか連れてけ」とうるさいので、
釣りに行くことに。

最初、ナマズを釣ろうと思ってブンサムランに向かっていたのだが、
「やっぱいきなりメートル級のナマズはガーンちゃんにはきびしいだろうな~」
と思い直して行き先をエビ釣りに変更。

ガーン「昔、家族でエビ釣り行った時、私1尾も釣れなかったの。
     今回は釣れるかな~?」

釣り開始後、シロウはいきなり立て続けに3尾釣り上げる。

ガーン「なんで私は釣れないの~!?」

知るかボケ。

などとは言わず、「まあそんな焦るなって、そのうち食うから」。

ガーン「餌が小さくてエビが見えないのかも」

釣り針に巨大な豚肉をぶら下げるガーンちゃん。

「そんなにでかくちゃ食っても針に掛からねえよ」と
言いたいところだが、あえて何も言わず。
まずは自分でいろいろ試してみるのがいいだろう。
好きなようにさせておいた。

やっぱり釣れないガーンちゃん。

見かねたタイ人スタッフのおねえちゃんが、ガーンちゃんに
餌の付け方とかアワセのタイミングとかを教えてた。
ここは重量制なので、客がたくさん釣れば釣るほど儲かるので
店員もたくさん釣らそうとして親切だ。
※通常、ローカル向けのエビ釣り堀は重量制じゃなくて時間制。

エビ12尾程度でだいたい1kgになる。

シロウはあっという間に5尾釣って、あと数尾はガーンちゃんが釣るのを
待つことに。

ガーン「きたー!!」

大騒ぎしてようやく1尾。
その後、1時間程度でガーンちゃんが数尾釣り、
1kgくらいになったので、釣ったエビを料理してもらうことに。

ガーン「私、エビ釣りうまくない!? 6尾くらい釣ったよ!」

シロウから見るとドヘタなのだが、
うれしそうでなにより。

Ebi2.jpg
↑こっち見んな

Ebi1.jpg
↑釣ったエビを料理してもらい大満足のガーンちゃん

次はブンサムランで大ナマズ釣りだな。

日本人会からのメール
先日、日本人会から下記の情報が
メールで送られてきました。

以下に添付します(一部抜粋)

件名:日本人の行動に対する注意喚起

『日頃より活動にご理解とご協力を賜り、誠に有難うございます。
今回、日本人による非常に破廉恥な行為が発覚しましたので、
情報を公開するとともに、今一度、我々日本人の行動について
注意をして頂きたいと存じます。
 
事案は以下の通りです。
日本人がインターネットで知り合ったタイ人少女(14歳)
に対し淫行を働いた
というものです。
少女の母親から娘に対する被害の申し出が有ったようです。
 
こういった行為はタイで働いている我々日本人の信用を汚すもので有り、
赦しがたい事案
と考えました。
本社社長に連絡し、即刻帰国して頂きました。
 
タイの警察からの情報ですが、16歳以下の少女への淫行に関しては4年~20年の
懲役と4万バーツ以下の罰金と非常に厳しい罰が設定されているようです。
 
大人としての常識で考えれば、上述のような行為は起こさないと思いますが
今一度、日本人駐在員の方々に情報展開し、節度ある行動を取るよう注意喚起
して頂きたいと存じます。以上』

ちなみに場所はパタヤらしい。

この人、この後どうなったかな?
既婚者で嫁にバレたら地獄だろうな~。
社内で噂になったら会社いられないだろうな~。
アホだな~、少女の母親狙いでいけよ。(いや、そういう問題じゃないか)
ロリコンはダメ!!

2016年一時帰国(前編)
10月18日(火)深夜便で日本へ一時帰国。
今回はタイ航空にしてみた。
往復2万バーツ(約6万円)
日本へのお土産はハーブ石鹸、ドライフルーツ、
タイのお菓子、など。

WP_20161018_006.jpg
↑スワンナプーム空港のインフォメーションも
喪に服しており白黒
見づらい~。

10月19日(水)朝、日本到着。
ポケットWiFiを郵便局で受け取る。

https://visondata.jp/japan/
↑タイからインターネットで事前に申し込んでおいて
成田空港の郵便局窓口で受け取れるので便利。

成田空港から実家へは電車で移動。
あらかじめ到着時刻をメールしておいた。
実家の最寄り駅についたら、駅の改札で親父が待っていた。

元気そうで安心。

実家で一休みした後、車を借りて買い物へ。
実家の近くのAOKIにてスーツ、Yシャツなど。

夜は高校時代のミニ同窓会
http://yonayonabeerworks.com/kanda/
↑「よなよなビアワークス」というお店

神田のお洒落な洋食店。えっ?和食じゃないの?
しかも店内禁煙、千代田区は路上禁煙。
タバコ吸いたい場合、徒歩5分の駅までいかないといけない。

幹事「やっぱ和食が良かった? タバコ吸いたい?
    ここは軽めにして移動しよう。」

2軒目のもつ鍋が看板メニューの居酒屋へ移動。
いいねー、タイよりはるかに安いしうまい。
皆とワイワイしながら楽しい時間がすごせた。
見掛けは皆おっさんになっちゃってるけど、
ノリは高校時代とあんま変わってないね。
しかし、もう30年来の付き合いになるのか。

シロウの帰国日程にあわせてミニ同窓会を開いてくれた幹事に感謝。

10月20日(木)、昼間はスポーツ用品店で野球用品や
ユニクロで衣服の買い物。
タイにもユニクロあるんだけどタイではなぜか買う気が起きない。

夜は草野球チームメートたちと監督のデンさんの家で飲み。
調理師免許を持ってるデンさんが
前日から仕込んだおでんを頂くことに。
久しぶりのおでん。うまい。

デンさんの娘さんももう高校生か~。
シロウがタイに行くときは小学生だったのに。
時の流れを感じるね。
シロウは最初の一杯だけビールであとはジュース。
日本は飲酒運転厳しいからね。
十分酔いが覚めてから帰った。

チームメートがわざわざ会いに集まってくれて
本当にありがたい。

一時帰国前半終了。
買い物してるか飲み会 だけやな、いまのところ。

後半へつづく。。。