タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



タイで抜歯
随分久しぶりの更新になります。
時々知り合いから「生きてる?」と連絡がありましたが、
元気にやってますので、ご心配なく。

まあ、ネタはいろいろありますので、
不定期で更新していきます。

2015年4月4日(土)、日本から旅行で来ているフタさんが
喫茶店に奥さんと一緒に来た。
渋滞に巻き込まれて、
到着まで時間が掛かったようだ。

近くのイサーン料理屋にて食事。
3人でしばし歓談。

「女性従業員同士の足の引っ張り合いや小競り合いが絶えないんだけど
 何かいい方法ない?」シロウが奥様に相談。

フタさんの奥さんは女性だけの部署を管理した経験があり、
その経験からいうと「3人以上女性が集まると必ずトラブルが起きる」とのこと。
原因になった人を入れ替えたりしても、また起こる。
解決策は「ない」そうだ。

喫茶店とマッサージ店を経営するにあたって
ずっとこの問題とつきあっていかなきゃいけないのか。。。
信用できるタイ人(嫁や彼女)がいれば人事問題はタイ人に任せたいところだが。

フタさん夫婦はマッサージ1時間半を受けてくれた。ありがとう。

この後、フタさんの奥さんは一足先に日本に帰り、
フタさんはチェンマイへ旅行。
自由を満喫してほしい。(いろんな意味で)


4月10日(金)
フタさんが再びお店へ。

チェンマイではおねえちゃんと会ってたとのこと。

少しお話しした後、シロウの店でオイルマッサージ2時間。
ありがたや~。
担当はエビちゃん。(シロウはかわいいと思うが)

↓エビちゃん写真
Ebi.jpg

そういえば、フタさんから聞いた情報で、
「タイのリステリンは日本と成分が違う」とのこと。
№6のものを使うと虫歯にならないらしい。
「日本で販売すると虫歯がなくなって歯医者が潰れまくるから、
日本では販売されないんじゃないか?」とのこと。

そこで、さっそく仕入れました。 リステリン№6。

使ってみた感想。

最初の一瞬は甘くて、その後口の中が激痛というくらい
刺激がすごい。
とりあえず普段の歯磨き後にさらにリステリンを使って歯を磨くのを
毎日やってみた。

そうそう、リステリンってアリがたかるんだよね。
朝起きて、ボトルがアリだらけになっててびっくりした。
タイのアリだけかな?

リステリンを使い始めて1週間ほど経過してから奥歯が痛むようになってきた。
数日間、我慢してたのだが、ついにあまりの痛さに夜眠れなくなった

うお~、歯がズキズキ疼いて眠れね~。

虫歯がなくなるどころか、虫歯が悪化してねえかこれ?
朝まではとても我慢できない。
下の部屋に寝てるマッサージ師連中を真夜中に叩き起こすシロウ。

シロウ「歯が痛くて眠れないんだけど、痛み止め薬持ってない?」

タイ人女性は生理痛の時に痛み止めを飲む人が多いので
きっと持っているだろうと期待してである。

マッサージ師連中「ちょっと待ってて、探してみる」

マッサージ師連中「きらしてるみたい。 セブンイレブンに
            パラセタモールが売ってるよ。」

※パラセタモールは強力な痛み止め薬

隣のセブンイレブンにパラセタモールを買いに行ったが、
「パラセタモールは置いてない」と。

うわ~、夜中で薬屋閉まってるし、どうしよう。
痛みに苦しみながら徹夜か。

店員「パラセタモールほど強力じゃないけど
    SARAという薬ならありますよ。」

シロウ「じゃあ、それで。」

「そのまま飲むと胃が荒れる」とのことで、
薬のほかにパンやらヨーグルトを購入し、食べたあと飲んだら
しばらくすると痛みがスーっと消えて眠れた。

翌日、近くの歯医者に行ったら「予約でいっぱいなので3時にまた来てくれ」とのこと。

3時に再訪。

医者に「虫歯が痛くて死にそうです」と伝えたら
歯を確認した。

医者「おかしいですねぇ、虫歯はどこにもありませんよ。
    念のため、痛むところをレントゲンとってみましょうか」

医者はレントゲン写真をシロウに見せながら、
「この歯が神経を刺激してますね」と。

なんと、表に出てきてない親知らずが、痛さの原因だった。
学生のころ削った親知らずとはまた別の歯だった。

医者「抜きましょう。日曜日に抜歯専門の医者が来るので
    日曜日にまた来てください。 今日は痛み止め出しておきます」

日曜日にまた歯医者へ。

麻酔後、器具を使って力技で抜歯。

↓抜かれた歯
WP_20150621_001[1]

麻酔が切れた後、痛みがあったが
痛み止めを1日飲んだら、痛みが全くなくなった。

タイのローカルの歯医者に行くのは今回が初めてだったけど
全く問題なし。

掛った費用は1回目、600B(診察、レントゲン、薬)
2回目800B(麻酔、抜歯、薬)
トータル1400B(約5000円)

残念なことに歯科助手が全くかわいくなかった。

KFCとライブ
タイ人はKFCが大好きだ。
「ケンタッキー・フライド・チキン」と言ってもタイ人には通じない。
タイでは「KFC」と呼ぶのが一般的。

いつも数十バーツのタイ飯を食べてる従業員連中にとっては
KFCはちょっとしたごちそうである。

そこで、時々シロウが出かけたついでにKFCでチキンがたくさん入った
ファミリーパック(600B位 約2000円)をお土産として買って帰ると、
みんなのテンションが上がる。

この時ばかりは、派閥関係なく全員がチキンに群がって
仲良く談笑しながら食事している。
実に現金なものだ。

↓KFCを前に一致団結(ある意味不気味)
KFC.jpg

従業員同士が仲良くなれるようにシロウも少しは気を遣っているのが
お分かりいただけただろうか。

たまには仕事が終わってから
食事に連れていくことも。

ある時、従業員連中が「近くの飲み屋で人気バンドのコンサートがあるので
仕事が終わってから行きますが、シロウさんもどうですか?」と言い出した。
タイ人はスポンサーとしてシロウを連れて行きたいのだ。

従業員連中と一緒に飲み屋へ。
タイ人の若者なら誰でも知ってる人気バンドらしく、
めちゃ盛り上がってる。

↓タイ人の若者なら誰でもしってるPOTATOとかいうバンド(撮影シロウ)
Potato1.jpg

potato2.jpg

うちの従業員もヘソ出してクネクネ踊ってるやついるし。
他のタイ人男にナンパされたりしてるし。

タイ人はテンションが上がると、いつまでも終わらないので
深夜2時に清算だけして、シロウは先に帰った。

しかし、このようにKFCやら食事やら
従業員にこちらがいくら気を遣っても、
タイ人は辞めるときはあっさり辞める
全く連絡なく突然来なくなることもある。

http://sabaijaicons.com/thai_changejob.html

これを読めばタイ人気質が理解できると思う。

「義理人情なし、スーパードライ」「忍耐なし」
「夫婦関係も然りかもしれません」
などキーワードが書いてあるが
まさにその通り。

タイ人との接し方で悩んでる日本人が多いが、
タイ人とは表面上の付き合いだけにしておいた方がこっちも傷つかなくてすむ。
基本的に他人のことは考えない、自分勝手な人たちなので
深くタイ人を知れば知るほど、嫌いになってくる。
表面上はニコニコして実に人が良さそうだけど、
実態は。。。
まあ、100%のタイ人がそういうわけではないけど、
残念ながら非常に多い。

「一生懸命仕事教えてあげたのに、客も引き抜いてライバル会社に転職した」とか
「信用してたスタッフが店の金抜いてた」とか、そんなのはいたって普通。
よくあること。
タイに数年住んでる日本人なら1度や2度は痛い目にあってると思う。
特に金銭がからむことは絶対に信用してはならない。

シロウはいつからか忘れたが、タイ人の腹黒さに気付き始め、
今ではタイ人が嫌いになってしまった。

友人のノッチ君は、タイの大学を卒業して十年以上住んでいて
タイ人の友人もたくさんいるが、タイ人のことは信用してないし嫌いとのこと。
やはり何度も裏切られたことがあるらしい。
ノッチ君は楽しそうにタイ生活を送ってるので
タイのことが好きなんだと思ってたよ。

シロウがタイ人のことが決定的に嫌いになった事件については、
そのうち日記に書きます。

旅行でたまに来て、気に入った女の子に日本から仕送りしてるくらいが
幸せなのかも。
彼女たちはその搾取した金で若いヒモ男に貢いだりしてるわけだが。