タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



新ウェイトレス
12月の初旬、ウェイトレス(ピムちゃん)の親父が胃がんで亡くなった。

このところずっと「お父さんの体調が悪くて」と急に休んだり、
仕事途中に帰るというのが続いていたので、
「相当悪いんだろうな」とは思っていたけど
ついに亡くなってしまったのだ。

まだ40代という若さで。

タイではほとんどの場合、ガンが見つかっても手術等はせず、
まともに治療を受けられないまま亡くなってしまうという。
手術を受けられるほどの経済的余裕がないのだろう。

病院から「亡くなった」と連絡があったのは、夕方6時50分頃で、
あと10分でピムちゃんの勤務時間が終わるところだった。
死に目に会えなかった。可愛そうに。
あと数十分頑張ってくれれば。。。

3日間の葬儀の後、仕事復帰。
「落ち込んでるかな?」と思ってたが、
意外と普通だった。

香典3000バーツ(約12,000円)とはげましメッセージを封筒に入れて渡した。

親父が亡くなってから2週間程して
ピムちゃんが「喫茶店辞めます」と言ってきた。
親父が亡くなったので、ピムちゃんが母親へ仕送りをせねばならず
もっと稼げる仕事に転職することにしたとのこと。

残念だけど、仕方がない。
急遽、新しいウェイトレスを募集することにした。

店に「ウェイトレス募集」の張り紙をしたところ、
希望者が3人来たので、それぞれ面接。

1人目。派手なおねえちゃん。友達と一緒に来た。
20代前半くらいかと思ったらなんと16歳。
まだ働いたことがないという。
相当かわいいのだが、遊んでそうなので
週6で朝7時-19時ちゃんと来れるかどうかちょっと不安。
とりあえず結論出さず保留

2人目。かわいらしい子。母親と一緒に来た。
現在はセブンイレブンで夜勤をしている。17歳。
シロウ「毎朝7時に来れますか?」
母親「大丈夫です。来れるよね?」
あの~、母親じゃなくて、本人に聞いてるんだけど。。。
こんな調子で面接の間、本人はほとんど話さず。
母親のやる気はすごいんだけど。。。
まあ、1人目よりは真面目そうだが、不安なので保留

3人目。 あまりかわいくない。35歳。
現在は保険会社の事故受付業務。
シロウ「朝7時から営業だけど、大丈夫?」
おねえちゃん「7時からということは、ちょっと前に来て
         準備しなきゃいけませんね。大丈夫です。」
話した感じ、しっかりしてそう。

結局、一番かわいくないが、
一番しっかりしてそうな35歳のおねえちゃん(プイちゃん)に決定。
ウェイトレスという仕事は一見おしゃれにみえて、誰にでもできそうだけど
コーヒーや茶を作るだけでなく、店の中やトイレの掃除、
在庫管理、金銭管理などいろいろやることが多い。
しかも2割程度は外国人なので、最低限の英語も理解できないときつい。
本当は可愛くて真面目で賢い子がいいのだけど、
短期間で見つけるのは大変なので、外見には目を瞑って妥協。

ということで、新しいウェイトレスが決まったので
1週間の引継後、ピムちゃんは辞めた。

シロウ「いつでも店にお茶飲みに来てね」

ピム「はい、今までありがとうございました。」

ピムちゃん、9ヶ月という短い間だったけど、ありがとう。
ピムちゃんは外見は可愛いけど愛想はあまりよくない子だった。
でも言われたことはしっかりできる子。
それ以上のことはしようとしなかったけど。。。