タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



従業員同士のケンカ
読者会会長のKenさんから「Blog更新おそいよ」と連絡がありましたので
更新します。(汗

店をオープンしてからしょっちゅう従業員問題
頭を悩ませているシロウです。こんにちは。

またまた起こってしまいました。

下記に経緯を。

最近入ったマッサージ師が「辞める」と言い出した。
この子(オーム)は、見栄えも悪くないし愛想がよく気も利くので
長く勤めていれば固定客も何人かついて安定的に稼ぐだろうと考えていた。

しかし、なんでまた辞めるなどと。

オーム「実家の近くのマッサージ店に転職することにしました」

しかし、よくよく話を聞いてみると、
どうも仲の悪いマッサージ師がいて、それが原因らしい。

シロウは現場を見てないけど激しく口げんかをしたとのこと。
今度は従業員同士のケンカよー。

とりあえずお互いから事情聴取。
あーめんどくせー。


オームの言い分
・順番を抜かされた。(マッサージ師は特に指名がない限り、順番で働くことになっている)
・話しかけても無視される

ケンカ相手(名前はオーイ)の言い分
・物を投げて渡された
・自慢話ばかりで気分が悪い

くだらねー。

他の従業員からの話だと南部出身のオームと北部出身のオーイは
基本的にそりが合わないらしい。

南部の人は思ったこと言いたいことをずばずば言う。
一方北部の人は内に溜め込むタイプらしい。
細かいことが積もって、口げんかになったようだ。

一応お互い和解させ引き止め工作をしたが、結局オームは辞めることになった。

辞めた後も、シロウは時々連絡を取っており、復帰工作。

シロウ「オーイはもうケンカのことは気にしないって言ってるし、
     オームと一緒に仕事するのも問題ないって言ってる。
     プラプラしてるんなら戻ってきてよ。」

実際はプラプラはしておらず、就職活動をしていたようだが、
いい条件のところが見つからなかったらしい。

オームは一週間程経ってからシロウの職場に復帰した。

しかし、表面上は会話したりしているが、
やっぱりなんかよそよそしい。

オームがまた辞めると言い出すのは時間の問題かな。


留学生
最近は夜遊び全くせず、
店に居ることが多いので、
店の話題ばかりですみません。

喫茶店は昼間はタイ人客が多く、夜は外国人客が多いです。
その外国人たちは留学生なんですが
週3~4日、店を占拠してたまり場になってます。

皆でワイワイ言いながらPCでレポート作成等をしてます。

シロウはコーヒー入れてる時以外は暇なので
お気に入り順に、おねえちゃんにナンバー1、ナンバー2などと勝手にあだ名をつけてます。

なんとナンバー1~ナンバー4は皆ロシア人。
店によく来るロシア人女性は4人なのですが、
全員美人という。。。 すごい。

ナンバー1の子はちょっとぽっちゃり気味で将来が不安なのですが、
笑顔が素晴らしい。
メニュー持っていくと「ニコッ」、コーヒー持って行くと「ニコッ」
会計の時も「ニコッ」
いや~、癒されます。
1度、留学生の友達連中が先に帰って、
ナンバー1の子と店の中で2人きりになるというチャンスがあったのですが、
何もできず。
情けな~。 もし次、同じようなチャンスがあったら
「写真撮らせてください」ってお願いしてみようと思う。

ちなみにナンバー5はブラジル人、
ナンバー6以下は興味なし。

そういえば、この前「テキスト持ってくるので日本語教えてくれませんか」って
香港からの留学生に言われた。

でもなんだよね~。 
ロシア人留学生の子だったらテンション上がるのに。

店(喫茶とマッサージ)にとって一番の敵は、
なんといっても

一日中シトシトと雨が降ってる日は
売上が普段に比べて3割くらい減る。

雨、降って欲しくないなー。

かと言って雨が降らないとお百姓さんたちは困るだろうから
降るなら夜中に降って欲しい。

他に敵といえば、競合店ということになるんだろうけど、
喫茶店に関しては、近くに競合になりそうなところはない。

屋台のコーヒースタンドは近くに何店かあるけど、
不味いインスタントコーヒーなので、うちの店に来る客層とは
かぶらないので、それほど影響はないだろう。

マッサージ店に関しては、すぐ近くに1軒あり、
もろに競合している。
そこは店をオープンしてから10年続いており、
タイ人の金持ちおばちゃん客をいっぱい持っている。
お客さんもなじみのマッサージ師がいるんだろうから、
この客を取り込むのはなかなか難しい。

値段は競合店より10%程安く設定しているので、
中国人旅行者は値段にシビアなので、
両方比較してうちの店を選ぶケースが多いようだが。

問題なのは、中国人客は昼間はツアーで観光地めぐりしており、
ホテルに戻ってマッサージに来るのが20時以降に集中してしまうこと。
マッサージ店は11時~23時が営業時間なのだが、
平日の場合、11時~20時は結構暇である。
課題は平日昼間の稼働率を上げること。
特に雨の平日昼間は、客がゼロなんてこともある。

タイ人の有閑マダムを取り込む方法、
なんかいい案ありませんかねえ?