タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



魚がおいしかった
3月8日(金)

いつもは接待する側なのだが、今回は接待を受ける側

お店は中華料理。
以前友達から「おいしい」と聞いたことがあったので、
気になっていたお店だ。
いいチョイスです。

席につくとおねえちゃんがぞろぞろ入ってきて、
隣についた。
普通は2次会のカラオケからなのに、1次会からおねえちゃん付き
うーむ。

しばらくして30センチ程の焼き魚が出てきた。
初めて見る魚だが、形から根魚であることは間違いない。
コチの仲間かな?

白身でプリプリ。うまい!
カナトフグに似た食感と味がする。
根魚にハズレはないのだが、想像してたよりはるかにうまかった。

タイ人おねえちゃんに「この魚なに?」って聞いてみた。

ねえちゃん「プラーブー」

シロウ「海だよね?」

ねえちゃん「川魚よ」

川魚なのに全くクセがない。
「まじか? これが川魚?」 と思いその場で
iphoneでGoogle先生に聞いてみたら、
下のホームページが出てきました。
淡水ハゼだって。
日本にはいない魚だ。
http://payap.net/cnxsakana/praa-buu.html

シロウ「おお、ほんとだ。川魚だ。 」

おねえちゃん「1階の水槽に泳いでたよ」

シロウ「ちょっと見てくる」

こりゃまた、随分大型のハゼだなー。

「この魚の気になるお値段は?」とメニューをチェック。

金額書いてねー。
「要問合せ」だと。
いわゆる「時価」ってやつだろう。
タイでは高級魚らしい。

いいもの食べさせてもらったわ。

2次会はカラオケへ。
おねえちゃんは可もなく不可もなくってところ。
適当に歌って解散。

「シロウさん、またぜひ。 月に2回位やりますので」

シロウとしては2、3ヶ月に1回くらいでいいんだけどなー。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

ジン君復活
3月10日(日)
ソフトボール大会。
今回は9チームが参加。

面倒なので、経過は省略しますが、
順調に決勝進出
決勝戦は前回と同じ組み合わせだ。

チームメイト「決勝戦、またあのチームとかよー」

前回は負けて準優勝だったので、今回は勝って優勝したいところ。

両チームのエースがふんばり投手戦。
結果は2対0で完封負け。

2大会連続、準優勝でした。


3月27日(木)
昔からシロウの日記を読んでくれてる人は「ジン君」のことを覚えてることだろう。

3行で分かるジン君講座
1.女好き。 何度かタイ人を妊娠、中絶させた経験あり。
2.日本人の年上女性とできちゃった結婚。(結婚後流産) 日本へ帰国し働いていた。
3.友達を失くすほどのドケチ。一休とはケチが原因で絶縁。

そのジン君がタイに戻ってきまーす!
以前シロウは「ジン君は絶対タイに戻ってくる」と日記で予想してましたが、
見事当たりました。 パンパカパーン!

http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-692.html

ジン君の未来予想日記

シロウの予想では「2014年1月~タイで勤務」でしたが、
実際は「2013年4月~タイで勤務」です。
予想より9ヶ月ほど早まりましたねぇ。

アパートはシロウと同じアパートです。

また何か続報があったら日記で報告します。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

面接
4月3日(水)
今、シロウの部署は業務拡大に伴い、
タイ人技術者を2名募集している。
求人情報のWebサイトにも登録してあるので、
週に2~3人のペースで面接をしている。

希望者が会社の総務に連絡、総務がシロウの予定を確認して、
候補者との面接のスケジュール調整をする。
これが普通の流れなのだが、時々飛び込みで履歴書持ってくる奴がいる。

総務の担当が慌てながら「今、会社に面接希望で来た人いるんですけど、
時間ありますか?」と履歴書持ってシロウのところへ来たりする。

急に来られても困るんだけど・・・

っていうか、シロウがいなかったらどうするつもりなんだろう。
なんでもありのタイだけど、これはちょっとねえ。
一応履歴書に目を通すけど、アポ無しで来た人は全部お断りさせてもらった。
募集内容とも全然違ってたからね。

きちんと手順を踏んで申し込んできた人は、
履歴書の内容が、うちの業務とよほどかけ離れてない限り、
面接をする。
しかし、面接の時間を空けといたのにも関わらず、
連絡もなく来ないタイ人が3人に1人くらいいる。

タイ人はアポ無しで来たり、連絡無しでキャンセルしたり、
どうなってるんだか。全く・・・

トータル10人程度面接して、3人に絞った。
そのうち2人が来てくれればOK。

ちなみに「うちの会社になぜ勤めたいか?」という質問には
面接者の半分以上が「家から近いから」という理由。
日本だったら「御社の経営理念に共感しましてどーたらこーたら」とか、
「自分の技術を活かして御社に貢献できると感じましたのでどーのこーの」とか
なんだろうけどね。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

結局チェンライへ
4月13日(土)から、ソンクラン(タイの旧正月)連休だ。
今年は特に予定なかったのでバンコクでだらだらするつもりだったんだけど、
レックちゃんから「シロウさん、予定なかったらチェンライに来ない?みんな待ってるよ」と
連絡あり。

とくに予定もなかったので、結局今年もチェンライへ。

レックちゃん、「ノルウェー人とお見合いしてノルウェーに行く」とか言っておきながら、
まだチェンライにいるし。
結局お見合いはしなかったらしい。

飛行機のチケットが4月15日(月)しか取れなかったので、
4月15日にチェンライ入り。
6回目のチェンライ、村人とは皆顔なじみで、
いつもどおり暖かく迎えてくれた。

村人「シロウ久しぶり、まあまあ、酒でも飲んで」

村人たちとずっと夜まで飲み会。

チェンライでの生活パターン。
・朝、二日酔いで10時ごろ起床
・レックちゃんの手料理を少し頂く
・シャワー浴びてさっぱりしてようやくエンジン始動
・レックちゃんと12時ごろ外へ
・村人が宴会してるところへ参加、飲み
・2時間置きくらいで違う家へ移動、さらに飲み
・昼から夜の9時くらいまで、場所を変えながらずっと飲み
・酔いつぶれて寝る

<その他行事>
・レックちゃんの親友夫婦とチェンライの中心街へ出て夜遊び。
 チェンライのかわいい子が集まる飲み屋発見。

・レックちゃんのおじいちゃんへ挨拶。
 随分痩せて寝たきり状態になっていた。
 ちなみに、おばあちゃんは一昨年の11月に80歳で亡くなっている。

レック「おじいちゃん、シロウさん来たよ、分かる?」

おじいちゃん起き上がって(自力で起き上がるのは無理なので村人が起こした)シロウを見るが、
目の焦点も合ってなく誰だか認識できてないようだ。
口はモゴモゴしていたが、何を話しているか聞き取れず。
相当弱ってるな。
いつもだったら英語でシロウに延々日本のことなど質問攻めしてくるほど、
元気なのに。
昔は学校の先生をしており、村人からも尊敬されている立派なおじいちゃんだ。

ソンクランの時には、挨拶に来た人に、
一族の長が健康を祈ってお経みたいなのを唱えるのだが、
おじいちゃんこの状態でできるのだろうか?

しかし、朦朧とした意識のはずなのに、
しっかりとした口調でお経を唱え終えた。
正直、感動した。
おじいちゃんは、すぐにそのままゴロリ。

4月18日(木)、シロウはチェンライからバンコクへ戻った。

その3日後、レックちゃんから「おじいさんが亡くなった」と訃報が届いた。
ソンクラン休暇中にお経を何度も唱えて、疲れたんじゃなかろうか。
享年81歳。タイ人男性の平均寿命は70ちょいなので、長生き。
ご冥福をお祈り致します。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

Kenさんの行動力
最近、按摩師、当たりを2度ひいた。
1人目はマッサージ技術は可もなく不可もなくだが、
とにかくまじめで雰囲気が超可愛い。28歳。
お気に入り登録完了。週1ペース。
人気按摩師なので、要予約。
今後も日記に出てくるので名前出しておこうかな。
ナットちゃん。

もう1人は力強くてマッサージがうまい。かなり効く。
しかも美人。人妻なのがちょっと残念。 月2ペース。

しばらくはこの2人でローテだな。

お気に入りを作るメリットは、毎回説明しなくていいこと。
いちいち説明をしなくても、肩と腰がこってるのを分かっているので
重点的にやってくれる。
それに、せっかくだから美人がいいよね。


4月27日(土)Kenさん、訪タイ。
パタヤへ。
27日~29日は「全然ダメ」だったらしい。(おねえちゃん関係が)

30日にようやく「吉川ひなの似のおねえちゃんをゲット」と連絡あり。


5月1日(水)、Kenさんパタヤからバンコクへ。

さっそく、いきつけの古式按摩店へKenさんと行った。
シロウはいつもの子。ナットちゃん。

Kenさんの担当は偶然にも、前日にナリ君を担当した子だった。
「昨日、日本人をマッサージした」と言うので、聞いてみたらナリ君のことだった。

ナリ君情報によると「あの子、ガードが固くて、
ちょっとセクハラでも、とちょっかいだしたんだけど、
全くセクハラは不可」とのこと。

はたして、Kenさんはガードをかいくぐって、
セクハラできるのだろうか?

Kenさん、速攻で爆睡。
マッサージ前にビール飲んでたからね。
ということで健全にマッサージ終了。


5月2日(木)
「吉川ひなのが呼んでる」とのことで、Kenさんまたパタヤへ移動。
おねえちゃん関係となると、すごい機動力だなぁ。


5月4日(金)
Kenさん、パタヤからBKKへ戻るバスの中で、
もたれかかってくる隣のおかまに興奮し、
シロウに何度もショートメールを送ってくる。

シロウ「今日の晩飯、Kenさんの好きなレバ刺しの店3人で予約しておいたから、
     そのおかまちゃんも連れて来てよ。」

せっかくおかまちゃんの分も含めて3人分で予約しておいたのに、
Kenさんは1人で現れおった。

シロウ「あれ? おかまちゃんは?」

Kenさん「いやーむりっす」

シロウ「Kenさん、おかまいけるやん。 声掛けなかったの?」

Kenさん「声掛けてないっす」

シロウ「あぅ、せっかくの日記のネタが・・・」

シロウの硬派日記の読者会会長を自任するなら、
日記のネタ提供に協力してもらいとたいところだ。
それに、おかまちゃんの女友達はなぜか可愛い子が多いので、
そこから芋づる式に、と思ってたのに残念。

おねえちゃんに呼ばれてパタヤとバンコクを往復する行動力はあるのにねぇ。
おかまちゃんに「日本食これから一緒に食べに行かない?」と声掛ければ
ほぼ100%受注確実な案件なのだが。

というわけで2人でレバ刺しをつまみに寂しく飲みました。
久しぶりのレバ刺しはうまいのぉ。
タイではレバ刺し食べられるので、
好きな人はタイに来たついでに食べるのお勧め。
ただし、日本からの空輸便が週1とかなので、
食べられる日は事前にお店に問い合わせ必要。

Kenさん、お土産どうもありがとう。
「お金払うから買ってきて」とお願いしてたのに、
タダで頂いて、しかも2箱も。
最近は週1ペース以下だから使い切るのにどれくらいかかるかなー。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報