タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



接待など
12月14日(金)
お客さんから食事に誘われたので、行くことに。
食事代は交際費を使ってもよいと事前に社長から許可をもらった。

このお客さん(以下チーさん)、シロウと同郷であり
趣味も似てることから、楽しく飲める。
チーさんの行きつけの和風居酒屋で、
仕事の話は1分くらいであとはずっと趣味の話など。

日本から駐在員としてタイに派遣されてきてるのだが、
タイが気に入ってるようで、近い将来自分で店を持ちたいらしい。
話を聞いてると、詳細まで考えておりすぐにでも実現しそうな感じ。
某大手食品会社勤務で辞めるのはもったいないような気がするが、
応援したいと思う。

居酒屋の費用はシロウの会社経費使用で1,800バーツ。(5,000円ちょっと)
意外と安かった。

2軒目はカウンターバーのような店。
カラオケもあるが、おねえちゃんはカウンターの向こうにおり
隣につくこともなく落ち着いて飲める。

ここのバーはカラオケ歌うと点数が表示されて、
90点以上がでるとテキーラサービス。
なんと3曲歌って2曲が90点以上だった。
機械壊れてない?
ということで、もう既に酔っ払ってるのにテキーラ2杯をイッキ飲み
完全に酔っ払った。

2軒目は割り勘のつもりだったのだけど、
チーさんが全額払ってくれた
おそらく3,000バーツ程度(約9,000円)
領収書受け取ってなかったので、自己負担。

シロウも払おうとしたのだけど、強く拒否された。
接待のつもりだったのに逆に接待された感じ。
ありがたや。


12月15日(土)
土曜日なのに仕事。
お客さんが2人日本からタイへ来ており、
どうしても土曜日しか時間が取れないとのこと。

打合せ自体は2時間程度で終了し、その後は一緒に食事。
イタリアンレストラン。
お客さんが「休日に対応してもらって申し訳ない。
食事代はぜひこっちでもたせて欲しい」と譲らないので、
2日連続でお客さんにご馳走になってしまった。

2軒目はジャズの生演奏を聴きながら飲み。

大きいプロジェクトの話があるので、取れるといいのだけど。


2012忘年会など
忘年会シーズンですね。(3ヶ月ほど遅れて更新してます。スミマセン)

この時期は会社関係、お客さん、知人との忘年会が続きます。
毎年一番楽しみなのが、ソフトボールチームの忘年会です。

12月21日(金)
今年のソフトボールチームの忘年会は名古屋料理のお店。

タイ人チームメイトの知り合いのタイ人おねえちゃんたち数名も参加。

打撃部門、投手部門、年間MVPなどタイトル発表。
今年もタイトル争いに絡めなかった。
あと、チーム幹部の改選。
今年に引き続き来年も助監督をやることに。

2次会はチームメンバーの一部とおねえちゃんたちとボーリングへ。
3ゲームやって、スコアは120~140の間でした。
タイ人のおねえちゃんたちは、ボーリングほとんど経験がないらしく、
溝を転がしてばっかりで、とんでもないスコアだったな。
でも楽しんでたようだからOKか。

おねえちゃんたちとは仲良くなれたが、ピンとくる子はいなかったなー。


12月22日(土)
会社の忘年会。(日本人のみ)
貴重な土曜日にやるなんて。
エカマイの秋吉でスキヤキとしゃぶしゃぶ食べ放題。
家族連れの方は、奥さんや子供達も参加。
肉質が安定してなくて、美味しい肉とそうでない肉の差が激しすぎ。
久しぶりに牛肉を腹いっぱい食べた。

奥さん子供たちが帰るのを見届けた後、
副社長が「邪魔者は帰ったしSMクラブに行こう。新しくオープンしたとこがあるんだよね」と
言い出したが、誰も賛同者がおらず。
結局、無難にカラオケ。

12月24日(月)
実家の愛犬シロが亡くなる。
以前の日記にも書いたけど、ここ数年で一番悲しいできごと。


12月27日(木)
レックちゃんバンコクへ。
年末年始、一緒にすごす予定。

最悪の年越しとなったのだが、続きはまた次回更新時に。


ノルウェー行き
12月27日(木)
レックちゃんバンコクへ。
年末年始はバンコクで過ごすらしい。

念のために書いてておくが、
レックちゃんとは既に別れており、
「ただの友達」とお互いに確認済みだ。


12月28日(金)
今日から年末年始の連休スタート。
レックちゃんと映画へ。
「ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日~」を3Dで観た。

ストーリーが分かりやすくて良かった。
日本語以外で映画を見る場合、
ストーリーが分かりやすい映画じゃないとね。


12月29日(土)
昼間はレックちゃんと一緒にお寺へ。
お寺は正直、行きたいとは思わないのだが、ここだけは別、
シロウのお気に入りスポット。 
見晴らしがよくてとても気持ちいいのだ。
寺の名前は不明。

Kenさん訪タイ。
夕食はKenさんレックちゃんと3人で食事。

今回、Kenさんは全くの自由
なぜなら彼女だったダムちゃん、なんと他の男と結婚したんだそうな。
ダムちゃんはKenさんと結婚したがってたのに、聞こえないふりとか
露骨に拒否ってたもんなあ。
愛想尽かされちゃったんだね、きっと。
ちなみにダムちゃんの結婚相手、年配の日本人のSさん。
やっぱお金かなあ。


12月30日(日)

Kenさんレックちゃんと3人でエビ釣りへ。


12月31日(月)

レックちゃんとスーパーへ買い物。
扇風機を買い替え。今度はシャープ製にしてみた。

夕食をとったあと、レックちゃんが「来年結婚して欲しい」と言い出した。
びっくり。
だって、別れて「今は友達」ということになってるのに。

シロウ「えー、今はただの友達じゃん? 急に言われても困るなー」アセアセ

レック「私と結婚する気、少しでもある?」

シロウ「うーん、正直言うと今は無い。ごめん。」

レック「なんで?」

シロウ「なんでって言われても、レックちゃんはチェンライに住んで今自営業してるじゃん?
     バンコクには住めないでしょ?」

レック「今のお店、友達に貸して、バンコクに来てもいいと思ってるの」

シロウ「えー? レックちゃん、自分でお店やるのずっと目標だったじゃない。
     しかもチェンライに家建てちゃったんだし、ご両親の面倒とかどうすんの?」

レック「チェンライにずっといていろいろ考えたんだけど、
    やっぱりシロウさんと結婚して一緒に暮らしたいの」

シロウ「うーん、いつまでに返事すればいい?」

レック「今、お願い」

シロウ「今は無理だよ。もうちょっと時間ちょうだい。」 

レック「実は、母からノルウェー人を紹介されることになってるの」

シロウ「ノルウェー人?」

レック「うん。シロウさんが今返事してくれないなら、その人と会うよ」

そうか、それでレックちゃん、急に「結婚しよう」とか言い出したんだな。
でもそのやり方では、、、

シロウ「なんかノルウェー人とシロウを天秤にかけられてるみたいで、
     あんまり気分よくないんだけど。」

レック「私ももういい歳だし、断れないの。だから最後にシロウさんの気持ちを
    確かめたかったの。友達とはいいながらも今でもシロウさんのこと好きだから。。。」

レックちゃんの事情は分かるけど、
やっぱり今すぐの結論はどう考えても無理。
ノルウェー人と結婚した方がレックちゃん、幸せになれるんじゃないか?
どんな人かは知らんけど。
シロウが結婚したくなるのは、あと何年先のことやら。

シロウ「ごめん、やっぱり今すぐの結論は無理だよ。」

レック「私と結婚する気は今はないってことね?」

シロウ「そういうことになるかな。。。」

レック「分かりました。明日朝、チェンライに帰ります。
    もうここに来ることもないと思います。」

その後、ずっと重い空気が。。。

シロウはKenさんからもらったお土産の蕎麦をゆでた。

シロウ「年越し蕎麦できたよ。食べよう。」

レックちゃん、一口だけ食べてすぐにベッドにゴロン。

やがて外では年越しのカウントダウンが始まり、花火が上がりだした。

シロウ「レックちゃん、花火見ないの?」

反応なし。。。

そうこうしてるうちに年が明けてしまった。
こんな最悪の気分で年越すなんて。
外の騒々しさが部屋の中の重苦しさをいっそう際立たせる。

とりあえず寝ることに。
レックちゃんは背中を向けたままだ。


2013年1月1日(火)
早朝、レックちゃんに起こされた。
外はまだ暗い。

レック「帰るね。」

シロウ「あぁ、うん。ずいぶん朝早いね。」ムニャムニャ

レックちゃん、ドアを開けて外へ。

レック「3ヵ月後にはノルウェーに行くから。
    さようなら。」

ドアを閉める前にそう言った。
12月29日にKenさんから聞いたダムちゃんの結婚話となんか似てるなー。


テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

新たな出会い
1月1日(火)

偶然お知り合いになった女の子から電話番号もらった。
なかなか面白そうな子だったので、
夜ショートメールしてみた。 
返事はない。


1月2日(水)

昼頃、昨日の子(エムちゃん)から電話あり。
デート誘ってみたらOKと。
3時から映画を観にいくことに。

映画の後は「アジアティーク」へ。
↓比較的新しいデートスポット。
http://www.bangkoknavi.com/miru/283/

いろいろお話しながらプラプラと。
エムちゃんは、アジアティークに来るの初めてとのことで(そもそも知らなかったらしい)
あちこちで写真撮りまくり。
撮った写真を片っ端からLINEで誰かに送っている。
楽しそうですな。

お腹がすいてきたので、シーフード料理を食べることにした。
ビールは普段は飲まないらしいのだけど、「じゃ、1杯だけね」と。
料理の写真もLINEで送っている。
送り先はエムちゃんの妹さんだって。(妹はデパート店員。美人)

エムちゃん「妹が誰と一緒にいるのかしきりに気にしてるので、
       写真撮ってもいい?」

シロウの写真をLINEで送るエムちゃん。
ニコニコしながら送っている。
なんか楽しそうですな。

食事の後はまたプラプラと。
ここでようやく手を繋ぐことができた。

「コーシーでも飲まない?」とカフェへ。
と、その時Kenさんから電話が。

Kenさん「シロウさん、何してんのー?」

シロウ「昨日会った子とデート中。」

Kenさん「どんな感じですか?」

シロウ「いい子だと思う。どうやら当たりっぽい。」

Kenさん「そうですかー、楽しんでください。報告待ってます。」

シロウはコーヒー、エムちゃんは抹茶(コーヒー飲めないとのこと)飲みながら
おしゃべり。

エムちゃんは日本語が上手なのだが、理由は
「1年間三重県の工場で働いてた」
「タイに戻ってから日系企業のオフィスで働いてた」と。
夜のおねえちゃんのインチキ日本語と違って、
どうりできれいな日本語を話すわけだ。

カフェでお話をした後、10時位にお別れ、
タクシー代を渡そうとすると
「大丈夫ですよ」と受け取らなかった。
いい子ですなー。


1月4日(金)
Kenさんと朝5時まで飲み。
ほとんど徹夜。


1月5日(土)
Kenさんとカラオケへ。

なんと偶然Kenさんが初めてカラオケで指名した子と
数年ぶりの再会。
あるんだねえ、こんなことが。
無事お持ち帰り。

アパートに帰ってからエムちゃんへ電話。
「シロウさん、どんなところに住んでるんですか?」と聞くので
「今から来る?」とダメ元で聞いてみたら、「うん」と。

しばらくして、「アパートの近くに着いた」と電話があったので、迎えに行った。
セキュリティーのお兄ちゃんたちの視線が痛い。
レックちゃんと皆さん顔なじみなので、「何浮気してんだこいつ」ってな感じだろう。

部屋に入ったからには分かってるんだろうな、うひひひ(下心がむくむくと)

「中島美嘉の曲が聞きたい」というので、Youtube再生。

ソファーに座りながらいろいろお話。
タイミングをみてキスしようとしたら、顔そむけられた。
と思ったら、こっちを振り返って軽くキスしてくれた。
またすぐ顔そむけちゃったけど。

下心が見透かされたのか、「今日は帰りますね。また会いましょう」と。
タクシーまでお見送り。

少しずつ距離を縮めていきたいです。


↓エムちゃんの件、野球の実況解説で例えるとこんな感じ。

実況「さあ、この回の先頭バッターはシロウ選手。
   ここのところ不振ですが、いかがでしょう?解説のKenさん。」

解説Ken「ここは、じっくり球を見ていって欲しいですね。
      真ん中に的をしぼって、甘い球がくるまで待つといいです」

実況「ピッチャー投げました。おーっとシロウ選手、いきなり初球を打ち上げてしまった!!
    今の球、見逃せばボール球だったんじゃないですか?」

解説Ken「なんで初球からあんな難しい球に手を出したんでしょうね?
      じっくり見ていって欲しいと、、、焦りでしょうか、、、あれ?」

実況「意外と伸びますね。伸びる伸びる!!
   おーっとフェンスに当たった!! シロウ選手悠々のツーベースヒット!!」

解説Ken「難しいコースの球に初球から手を出して、凡フライかと思ったのですが意外と風で伸びましたね。
      シロウ選手ついてますね。」

実況「久しぶりのチャンスに俄然球場が盛り上がってまいりました!!」

エムちゃんの件は、現在こんな感じ。
野球に例えるとどんな感じが非常に良く分かりますね。(笑)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報