タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ソフトボール忘年会
12月22日(木)
ソフトボールチームの忘年会
スクンビットsoi22の和風焼肉のお店、玄風館にて。
十数名が参加。

今年は大会で初優勝したので、盛り上がった。

首位打者、ホームラン王、最優秀防御率などの各タイトルと
年間MVPの発表があった。

タイトルは分かっていたことだけど、今年もシロウは取れず。
来年は首位打者を目指したい。
それと記録には残らないけど、守備はがんばりたい。

MVPは投票で決めるのだが、予想外にシロウに3票も入って、3位だった。
どなたか知りませんが、シロウに票を入れてくれてありがとう。

MVPは5票獲得したシバ君だった。(シロウも彼に入れた)
投手と遊撃手という激務のポジションを兼任し、
裏方としても雑務をがんばってたからね。
納得のMVPでしょう。
シバ君はもうすぐ任期を終え日本に帰るのだが、
タイでいい思い出ができたことだろう。

そして2012年の役員改選。
引き続き来年も助監督をやらせて頂くことになった。

ソフトボールに関しては、今年は最高の一年でした。
2012年も怪我なく楽しめるといいな。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

2011年クリスマス
12月23日(金)
レックちゃんのアパートのクリスマスパーティー

アパートのオーナーが1年の感謝の気持ちを込めて
住人に料理をふるまうという。

住人は1人まで部外者の同伴可能とのことで、
シロウも参加することになった。

パーティー開始は6時からだが、金曜の夕方のバンコクは
恒例の大渋滞である。
会社を出たのはほぼ定時だったが、
レックちゃんのアパートに到着した時は8時近くになっていた。

シロウ「ごめ~ん、遅くなって。」

レック「もしかしたら料理もうないかもね。
    とりあえず行ってみましょ。」

パーティー会場は隣のマンションのプールサイド。
人でごったがえしていた。
料理はほとんど残っていなかった。

レック「料理、もうないね。 
    レックレストランにする?」

シロウ「レックレストランはメニュー何があるの?」

レック「パスタだけ。」

シロウ「うん、それでいいよ。」

レックちゃんがパスタを茹で、ビールで乾杯。

久しぶりにレックちゃんのアパートに泊まることに。

レック「久しぶりにうちに泊まるね。うれしいな♪」

レックちゃん喜んでた。
こんなことで喜んでくれるなんて可愛いのぅ。



12月24日(土)クリスマスイブ。
レックちゃんと映画へ。

トム・クルーズ主演の「ミッション・インポッシブル4」を
観ることにした。
面白かった。

夕食はレックちゃんの希望でムーガタへ。

食後、クリスマス・イルミネーションを見ながら帰った。

↓イルミネーション
126_convert_20120211014050.jpg

127_convert_20120211014121.jpg

129Xmas_convert_20120211014206.jpg


昨日、今日とレックちゃん終始ご機嫌だったな~。
良かった良かった。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

年越し2011→2012 
12月29日(木)、本当は営業日だが、
部下のほとんどが今日から実家に帰ってしまうため、
シロウも休みにした。

KENさんが今日、訪タイ。

12月30日(金)、KENさんと彼女のダムちゃん、
レックちゃんシロウの4人でボーリングへ。

1ゲーム目やってみてスコアが
KENさん+ダムちゃん≒シロウ+レックちゃん
だったので、2試合目はボーリング場の飲食代を賭けてやることに。

結果は僅差でシロウチームの勝ち。

ごちそうさまでした。

ボーリングの後はドイツビールのお店へ。
予想通り人が多く30分ほど待った。
それにしてもKENさんとレックちゃん、よく飲むわ。

その後はジャマイカン・バーへ。

KENさんから頂いたお土産の梅酒を持ち込み。
ウマー。

レックちゃん、インド人のマネとか酔っ払いのマネとか
宴会芸を披露。

爆笑。いや~、いい味出してるわ。

レックちゃんはモノマネが得意で、
特にトッケーの鳴き声のマネは秀逸なんだけど、
トッケーは日本にいないから日本人には分からないのが実に惜しい。
この場では披露しなかった。
※トッケーは東南アジアに生息する大型のヤモリで、
 トッケートッケーとでかい声で鳴く。

その後ダムちゃんが飲みすぎで、ゲロゲロしだしたので、
引きずるようにしてKENさんのホテルへ連れて帰った。


12月31日(土)
KENさんとダムちゃんはパタヤで年越しをするとのことで
パタヤへ出発。
レックちゃんとシロウはエビ釣りへ。

人多過ぎ。全然釣れね~。

夕方、エビを放流した後からようやく釣れだした。
釣れたエビはレックちゃんが料理することに。

エビといえばタイの定番料理、トムヤムクンなどを作った。

↓エビの背綿を取り除くレックちゃん
142_convert_20120216011311.jpg

食事時からだらだらと飲み始め、
年が明けるカウントダウンすることには
レックちゃんすっかりできあがって、
かなり面白い酔っ払いになっていた。
ちょっと言葉で説明するのは難しいんだけど。

アパートのベランダから、
年明けと同時にあちこちで打ち上がる花火を観た。

2012年も良い年でありますように。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

スーパーエリート
日記がようやく2012年に入りました~。

1月2日(月)、Kenさんと彼女のダムちゃん、
レックちゃんとシロウの4人でムーガタへ。
人が多くて、既にシーフードはなくなっていた。

うそ~ん、ここのアサリ、粒が大きくて美味しいのに。

年始早々ついてねえな。

しかも酔っぱらってか、テーブルの脇の溝に足をとられ
派手にコケた。
足から血が。。。

年始早々ついてねえな。

2次会はジャマイカン・バーへ。
年末もこの店に行ったばかりだ。
どうやらレックちゃんが気に入ったみたい。

ダムちゃん(Kenさんの彼女)はレックちゃんのマネばかりしてたな~。
変なこと教えなきゃいいけど。


1月3日(火)
Kenさんが仕事でサムットサコンへ行くとのことで、
シロウも同行することに。

取引先のタイ人、わざわざバンコクまで2名で迎えに来てくれた。

取引先の担当者(タイ人)は、まだ若く英語がペラペラ
こいつ賢そうだ。
名前はマイクさん。

マイクさん「こちらは私のボスです。」

ボスに運転させてるし、こやつ何者や?

行きの車の中でKenさんと会話。

シロウ「俺の部下、まともに英語話せるの1人だけなのに、
    なんでこんなローカルの企業に、こんな優秀そうな人材が
いるんやろ? 優秀な人材はもはや日系企業に来ないのかな?」

タイ人男性をみると、つい自分の部下と比較してしまう。
一応、シロウの会社でも入社試験で
英語のテストがあって(筆記、ヒアリング)
英語のレベルが低いのは足切りしてるのだが、
まともに話せるのはほとんどいない。
マネージャークラスは皆、英語ペラペラだが。

シロウ「俺の部下に欲しいな。」

話はそれるが、シロウの会社では週に1回
マネージャーミーティングというのがある。
これがシロウには苦痛な時間である。
他のメンバーは英語が皆ペラペラなのだ。

営業マネージャー「ペラペラ、ペラペーラ」(←流暢な英語)

副社長「ペラペラペラ」(←流暢な英語)

経理マネ「ペラペラペラ。で、シロウさんはどう思います?」(←流暢な英語)

俺にふるんじゃね~!!(魂の叫び)

シロウ「えー、アイ シンク アノー、ソノー (中略) チャイマイ カップ?」
(↑シドロモドロでしかも最後タイ語が混ざってるし。。。)

マネージャーミーティング、やめればいいのに。


話を元に戻します。

Kenさんとマイクさんが商談。
話を聞いててもマイクさんは優秀だということがよく分かる。

一応、話がまとまったので工場を見学させてもらった。

しかし、こんな町工場みたいなところに、
なんでこんな優秀な人材がいるんやろ?
まだ疑問解けず。

マイクさん「これから食事でもいかがですか?」

接待の誘いあり。
1回目はKenさんが断ったが、再度誘われて
結局行くことに。

港近くの老舗海鮮料理店へ。

先方は2人、マイクさんとそのボス(ヤイさん)。
4人で卓を囲む。

ヤイさん「お二人はゴルフとかやられるんですか?」

Kenさん「やらないです。」

シロウ「以前やってたけど、ヘタクソで。
    100切ったことないです。
    お二人はゴルフやられるんですか?」

ヤイさん「やりますよ。私は100前後でマイクは80前後です。」

シロウ「80ですか、マイクさん上手いですね。」

ヤイさん「彼は8歳の時からゴルフやってるからね。」

上流階級やな。

シロウ「それにしてもマイクさん、英語ペラペラですね~。」

マイクさん「大学時代2年間シンガポールに留学してました。」

シロウ「どちらの大学卒ですか?」

マイクさん「タマサートです。」

シロウ「タマサート!!」

日本で言うと京大レベル。タイNo.2だ。
やっぱエリートや。
しかし、こんなエリートがなぜ町工場で、勤務?

シロウ「マイクさん、おいくつですか?」

マイクさん「18です。」

シロウ「え?大卒ですよね?」

マイクさん「スキップ(飛び級)しました。」

スーパーエリート発見!!
1年、2年のスキップは時々会ったことあるけど、
4年のスキップは初めて会った。超優秀。

いや、まじで納得いかんわ。
どうやって、こんな人材見付けてきたんやろ。

Kenさん「シロウさん、もしかしてこの2人親子では?」

名刺をチェックするシロウ。
苗字が一致。

シロウ「あっ、親子だ。」

全て解決。
マイクさんは親父の会社で働いてるのだ。
親父の英才教育の最高傑作がマイクさんなのだ。

なにより素晴らしいのは、タイのエリートって
プライドが高くて嫌な感じの人が多いのだが、
マイクさんは全くそれを感じさせないとこ。
非常に感じの良い若者だ。

今は小さい会社だけど、この会社伸びるぞ~。


※余談
食後、親父とマイクさんのコソコソ話が聞こえた。

マイクさん「この後、どうします? 男ですし。」

親父「もう十分でしょ。」

Kenさんがいいお客になったら
酒池肉林接待あるで。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

営業マネージャー退社
2012年1月4日(水)
今日から2012年仕事初め。

新年早々、ビッグニュースが。
営業マネージャー(タイ人)が今月のボーナスもらった後、
退社することが判明。

前任の営業マネージャー(タイ人)はクビ同然だったが、
今のマネージャーは会社からも期待されていたはず。
前任のマネージャーは月給20万バーツ(約50万円)もらっていたので、
今のマネージャーもおそらく15万バーツ(約38万円)程度はもらっていたはず。
しかも専用の運転手付き送迎車も与えられていた。
タイの大卒初任給(営業)が1万バーツちょいくらいなので、
決して悪い待遇ではない。

他にもっと良い条件の会社があったのだろうか?

タイ人は日本と違って、愛社精神というのがあまりないので、
優秀な人は条件の良い会社にどんどん転職していく。

いつ誰が抜けても、すぐに穴埋めできるように
リスク管理が必要だね。
もちろん、これはシロウの部署のタイ人にも言えることだけど。


1月6日(金)

ノッチがバンコクへ来ると言うので、
一緒に食事に行くことに。
ノッチは今、洪水で勤務先のアユタヤ工場が被災し、
コラートの別工場で勤務している。

シロウ「おう、久しぶり。どう?コラートの生活は?」

ノッチ「ども、ご無沙汰です。コラートの生活は暇で暇で。
    引き篭もり状態ですよ。」

シロウ「そうなん?早くバンコクに戻ってこられるといいね。」

お互い近況報告などしつつ、軽く飲み。

ノッチ「久しぶりにゴーゴーでも行きません?」

シロウ「OK、店は任せるよ。」

「あれは本物の女かなあ?オカマかなあ?」などとダンサーを見ながら、
1時間ほど飲み。

ノッチ「バンコクは遊ぶところがいっぱいでいいですよね。
    次はカラオケいいですか?」

シロウ「ああ、いいよ。いつものとこ?」

ノッチ「いや、今回は寂れた店に。」

シロウ「いつも行くところも寂れた店じゃん。」

ノッチ「さらに寂れた店があるんですよ。
    客が少ないんでマッタリできますよ。」

あるビルに入ってエレベーターに乗る。
で、一番上まで行ったと思ったら、
「こっから先は階段を歩きです。」

うおっ、寂れすぎやろ。

店の扉を開けると、おねえちゃんはそこそこ人数いた。

指名したおねえちゃん、なかなか良かった。
確かに客も少なく金額も安いので、落ち着けるいい店だ。
ただ、接待にはつかえないな~。

2時間飲んで歌って終了。
久しぶりのゴーゴーとカラオケ、楽しかった。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報