タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RCサクセションの歌
今、話題になってるようですので、
貼り付けておきます。

いや~、清志郎さんすごいな。
まるでこうなることが、分かってたかのよう。。。

[広告] VPS


http://www.youtube.com/watch?v=aJdMa1VI0do&feature=player_embedded#at=489

オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、



Love Me Tender/(なに言ってんだー)
オリジナル歌詞: E. Presley& V. Matson
替え歌詩: 忌野清志郎

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな


テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

驚異的な回転率
(う~ん、ついに海も汚染されちまったか。日本に帰った時に
 美味しいお魚たらふく食べようと思ってたのに。。。
 特に食べたいのはカワハギの刺身。キモが最高にうまいからな。
 まあ、ただちに健康には害がなさそうだから、結局食べるか。)

さてと、本文いきます。

1月4日(火)、今日から2011年仕事始め。

KENさんはまだタイで旅行中。
うらやましいですな。

仕事が終わってからスクムビット36の
ビエンチャンキッチンへ。
KENさんの彼女のギンちゃんとレックちゃんも参加し
4人で食事。

ビエンチャンキッチンではタイダンスやショーなどを観ながら
食事ができるのだが、いくつか客参加型のイベントがある。
酔っ払った日本人とか白人が参加していたのだが、
途中からレックちゃんもいい具合に酔っ払って
「バンブーダンスに参加したい」と言い出し
ステージに上がった。

まあ、酔っ払った割にはうまく踊れていた。

ビール9本飲んだが、そのほとんどはKENさんとレックちゃんだった。

ここで解散。

帰り道、「私も日本に旅行したい~」と言い出すレックちゃん。
KENさんの彼女のギンちゃんは日本とタイを行き来してるので、
よっぽどうらやましかったらしい。
シロウが日本に一時帰国する時は
レックちゃんを連れて行ってやらないとな。

アパートについてすぐ、ジン君から内線電話が掛かってきた。
(そういえばジン君久しぶりの登場だね)

ジン君「彼女が料理作り過ぎちゃったんで、持っていきますよ。」

シロウ「もう飯食っちゃったから、あんまり食べられないかな。」

ジン君「ついでに新しい彼女も紹介しますんで、とりあえず行きます。」

しばらくして、ジン君と彼女登場。
年増好きのジン君らしく、ジン君より3つ年上とのこと。
ということは、シロウと同い年か。

彼女の手料理、今まで食べたことがない料理だったが、
とても美味しかった。
結構量が多かったけど、全部食べてしまった。

シロウがタイに来て3年間の間にジン君に紹介された彼女(おかま含む)は
たぶん10人超えてるだろうな~。
今度は長続きするかな?

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

情報漏えい
(日本が深刻な状態なのに、いつもアホ日記ですみません。シロウ)

1月6日(木)、行きつけのマッサージ屋へ。

いつもどおり、馴染みのポーちゃんを指名したら
「仕事中」とのこと。

シロウ「え~?、じゃあ誰でもいいや。せっかく来たんだし。」

出てきたのは、セクシーなおねえさん按摩師。(ビームちゃん)
これはラッキー。

見掛けどおりエロ話が好きなおねえさんで
エロ話をしながらちょっとセクハラ。

(この時の情報がポーちゃんに漏れ、後に面倒なことに。)


1月9日(日)、ソフトボール。
今年からシロウは助監督をやらされることになっている。

今年最初のソフトボール、いきなり監督欠席。
リーグ戦の最中で、大事な試合だというのに。

オーダー決め等をシロウがやることになった。
責任重大ですがな、、、

3試合やって結果は2勝1敗。
悪くない成績だったが、1敗した相手が
リーグ優勝を争ってるチームだったので
残念な結果だった。

まあ、まだ優勝の可能性がなくなったわけじゃないので、
これからこれから。


1月15日(土)、行きつけのマッサージ屋へ。

いつもどおり、馴染みのポーちゃんを指名。

ポー「今日はキ●タマのマッサージをさせて。」

シロウ「は?」

ポー「キ●タマのマッサージができるようになると儲かるのよ。
   だから練習させて。」

シロウ「そんなのマッサージのメニューにたしか出てないよね?」

ポー「うん。中華系のお客さんでキ●タマのマッサージを
   希望する人が多いのよ。メニューにはないけど、
   10分で500バーツももらえるの。」

シロウ「高いなあ。それでシロウのキ●タマで練習したいと。」

ポー「うん。キ●タママッサージはベテランのおばちゃん数人しか
   できる人がいないから、もし私ができるようになると、
   きっと指名がどんどん取れるよ。やっぱり若い子に触られた方が
   お客さんもうれしいでしょ。」

シロウ「ふーん、そういうことなら練習していいよ。」

バスタオルを掛けられてるので丸見えではないが、
下半身は裸になった。

モゾモゾ。。。

キ●タマをいじられるのは変な気持ちだ。

ゴソゴソ。。。

ポー「あっ、このスジかな?」

左側のキ●タマの奥のスジをコリコリ。

ポー「どう?背中の方に痛みが走らない?」

シロウ「うん、なぜか背中が痛い。」

ポー「じゃあ、成功ね。えっと、、、右側はと。」

ゴソゴソ、モソモソ、、、

ポー「あれ?右側、スジがないよ。おかしいな、これかな?」

コリコリ、、、

ポー「どう?背中痛い?」

シロウ「いや。くすぐったい。」

ポー「あれ?どこだろう?」

ゴソゴソ、、、

真剣な表情でキ●タマをまさぐってるポーちゃん。
一方シロウは仰向けでバスタオルを掛けられてるので見えないとはいえ
下半身は何も着ていない。
これ第三者が見たら実にアホっぽく感じるだろうな。

コリコリ、、、

シロウ「あっ、そこそこ。そのスジ。背中が痛む。」

ポー「やった。成功。 キ●タママッサージはスジを見つけるのが
   大変なのよね~。」

そして、何度かスジを見つける練習を繰り返すポーちゃん。

キ●タママッサージは疲れるらしく、
30分ほどでポーちゃんの「肩がこった」ため終了。

ポー「そういえば、この前、お店来たでしょ?
   ビームちゃんが担当したんでしょ?」

シロウ「名前はちょっと覚えてないなあ。
    顔も忘れちゃった。」(ウソだけど)

ポー「変なことしなかった?お●ぱいとかお●り触ったり。」

シロウ「いや、何もしてないよ。マッサージだけ。」(ウソだけど)

ポー「ほんとかなあ?」

シロウ「そんなに疑うなら、本人に聞いてみればいいじゃん。」


そして翌日、、、

ナリ君と夕食の帰り道、
ポーちゃんから電話が。

ポー「やっぱりこの前、ビームちゃんのお●ぱいとか
   お●り触ってんじゃん!!このうそつき!!」

ポー「もう電話もしないし、顔も見たくない!! 
   もう私を指名しないでね。」

しかし、本当に聞いちゃうとは、、、
ビームちゃんも正直に話さなくていいのに。

ポーちゃんは自分で勝手に「シロウの彼女」と思い込んでるので
いろいろ面倒くさい。
悪い子じゃないんだけど。

やれやれ。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

開幕直前ペナント予想
石原さん、当選おめでとうございます。

今回の都知事選を分析してみます。
まず下の表を見てください。

tochiji_convert_20110411003909.jpg

20代~30代の意思が全く反映してね~。
これから日本の未来を背負っていく若い年代よりも、
高齢化社会が進んでる日本では老人の意見が強いということが
表を見ると良く分かります。
こんなんじゃ、日本が活気ある社会になるわけない。

え?日本を見捨てて海外に出てったシロウに
ごちゃごちゃ言われたくないって?
でもね、何の利害関係ももないし、
外からだと冷静に判断できるってこともあんのよ。

「産めない女は価値ない」
「障害者は安楽死させろ」
「同性愛は異常」
「イジメが原因で自殺ならさっさと死ね。そんなんだからイジメられる」
「地方なんかどうでもいい」
「水俣病患者は低脳」
「現代美術は笑止千万」
「銅メダルで喜ぶのはバカ」

上のような発言をしてる人がもし自分の上司だったとしたら、
会社辞めるレヴェルだな。
都民の皆様、ご愁傷さまです。

今回の「パチンコ発言」も、パチンコ業界を弱らせて
自分が推進してるカジノを有利にしたいっていうのは、
シロウの裏読みし過ぎですかね?

さて、本文いきます。


2011年プロ野球ペナント予想~!!パフパフ~!!

タイにいながらもYoutube等で試合のダイジェストが見られるし
便利な時代になりました。
本当は生で観たいけど。
やっぱ生が一番。

ではさっそくセリーグから。
1位~3位
阪神、中日、読売

~越えられない壁~

4位~5位
ヤクルト、広島

~越えられない壁~

6位 横浜

全然予想になってないけど、
まあ、セリーグはだいたいこんな感じでしょ。

阪神は最近他の球団から選手かき集めてるから気に食わないし、
中日はWBCに非協力だったから嫌いだし、読売はナヴェツネと
滝鼻オーナーがアホすぎるし。。。

ヤクルト、広島が上位3球団との壁を壊してくれることを期待。
ヤクルトは先発投手がいいから、うまくいけば
優勝争いにからんでくるかもね。
ガンバレ!!ヤクルト!!

セリーグはチーム間の戦力差がありすぎて
おもしろくないからね~。
興味もないし予想もいい加減でスマヌ。


さて、パリーグ。
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 日ハム
4位 楽天
5位 ロッテ
6位 オリックス

正直どこが優勝してもおかしくないし、
どこが最下位になっても不思議ではない。
予想難しすぎやろ。
1位ソフトバンクの理由は、やっぱエースの杉内、和田が安定してるのと
カブレラ、内川やら細川とか積極補強したからね。
本命じゃないかな。

2位西武は、昨年あれだけ怪我人が出ても
優勝争いからんでたからね。今年も強いよきっと。
ドラ1の大石君も良さそうだ。

3位日ハム、今年から飛ばないボールになって
機動力野球が威力を増しそう。
しかもハンカチ王子の入団で注目も高まっており、
野手もがんばるんとちゃう~?

4位楽天、岩村、松井とメジャー帰りの2人を補強し、
星野監督体制となり勢いに乗れば優勝もありえると思う。
でも弱点の抑えが固定できなければ、4位かなあ。
被災地を元気づけるために、がんばって欲しいです。

5位ロッテ。昨年の日本一球団だけど、
西岡とコバヒロの抜けた穴はでかい。
この穴がどの程度埋まるかで優勝も最下位もありえる。
元千葉県民のシロウはもちろん全力応援ですがな!!

6位オリックス、エース金子千が手術で開幕間に合わないのは
痛すぎる。
ラッキーボーイが出てくるなどサプライズがない限り、
ロッテと最下位争いするんじゃないかな。
昨年のホームラン王のT岡田、生で見てえなあ。

ロッテ5位予想とは心苦しいですが、
シロウの予想がいい方にはずれることを祈ります。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

昭和の香り
(千葉ロッテ、楽天に逆転負け。空気読んだな。)


1月22日(土)、知らない人達と麻雀。
いつもはソフトボールの友達繋がりでやってるのだが、
今回はノッチの個人的な知り合い。

知らない人達とやると、
相手の実力とかが分らないんで、
ちょっとドキドキ。。。

結果は4回やって800バーツ(約2,000円)の勝ち。
少ないけど負けなくて良かった。


1月23日(日)、ソフトボール。

2試合やって7打数6安打 1犠飛 1ホームランと
絶好調だった。
昨年の後半から飛距離が落ちてるのが分ってたんで
「もうホームラン打てないんじゃないか」と思ってたが、
余裕の柵越え。

まだまだいけるかな。


1月24日(月)、ノッチの家の近くで2人で食事&軽く飲み。
ついでに日本のドラマDVDも何枚か借りてきた。
暇な時に見よう。

帰り道、ノッチの家の近くでマッサージをしてもらってたら
ナリ君から電話が掛かってきた。

ナリ君は転職して、今日から新しい勤務先へ行っている。
給料が倍貰えるということで、喜んで転職したのだが、、、
(日本人なら誰でも知ってる某大企業のグループ会社)

シロウ「どもども、どう?新しい勤務先の雰囲気は?」

ナリ君「いや~、緊張して疲れました。
    明日歓迎会やってもらえるとのことなんですが、
    社長から『一発芸用意しておくように』って言われました。」

シロウ「なにそれ?昭和の香りがする会社だね~。」

ナリ君「ほんと、まいりますよ。」

ちなみにナリ君は人前でそういうことをやるのが大の苦手なのだ。

シロウ「それで一発芸は何やるの?」

ナリ君「いや、何もアイディアがないんですよ。
    それでシロウさんに聞こうと思って電話を。。。
    たしかシロウさん、大学時代は体育会系でしたよね?」

シロウ「体育会系だったけど、一発芸なんてあまりしたことないよ。
    オレがやったことあるのは“再生巻き戻し”くらいかなあ。
    同期の奴で新歓コンパの時に“ミンミンゼミ”とか
    “シャチホコ”とかやってた奴はいたけど。」

ナリ君「なんですか? その“ミンミンゼミ”とか
    “シャチホコ”とかって。」

シロウ「ミンミンゼミは店の柱とかにつかまって
    ひたすら大声で『ミーンミーン』って鳴くんだよ。
    シャチホコはうつぶせで寝て『シャチホコ!!』って言いながら
    えびぞりするくだらない芸だね。」

ナリ君「うわっ、寒い空気がながれそ~」

シロウ「ものまねとかなんかできないの?」

ナリ君「いや~、やったことないですね。」

シロウ「じゃあ、女装でもしてみたら? んで社長の隣に座って
    『しゃっちょさん、しゃっちょさん』とか言いながら
    酌をしてみたら?それだったらテクニックもなにも必要ないし。」

ナリ君「うわぁ、女装ですか~。彼女に制服借りようかな。入るかな?」

シロウ「スッチーのコスプレ?いいんじゃない?
    まあ、明日がんばってよ。」

※ナリ君の彼女は日系航空会社のキャビンアテンダント(タイ人)

ナリ君「私、とんでもない会社に入っちゃったかもしれません。。。
    とりあえず、女装を本線に考えてみます。。。」

そして3日後、、、

たまたまアパート近くのマッサージ屋の前を通りかかったら
ナリ君がえらそうにふんぞり返ってフットマッサージを
受けてるのが見えたので、シロウも隣で揉んでもらうことにした。

シロウ「歓迎会、どうだった?」

ナリ君「いや、思い出したくないですね。。。」(声がガラガラ)

シロウ「どうしたの?その声。」

ナリ君「歓迎会の二次会でカラオケに連れて行かれて、
    朝3時までほとんど一人で歌わされてたんですよ。
    それからずっと喉の調子がおかしいんです。」

シロウ「体育会系だな~。ところで一発芸は何やったの?女装?」

ナリ君「女装の道具持って行ったんですけど、
    やっぱり直前でやめて、漫談にしました。」

シロウ「漫談?ネタは?ウケたの?」

ナリ君「タイでの体験談をいくつか話したんですよ。
    日本ではありえない話とか。」

シロウ「たとえば?」

ナリ君「タクシーで行き先告げて、しばらく走ってると思ったら
    運転手が場所知らなくて適当に走ってただけとか。」

シロウ「ああ、あるね。他には?」

ナリ君「シロウさんのネタも使わせてもらいましたよ。
    飯屋でウェイトレスに注文したら『私はこれが好きだから、
    これ食べなさい』って言われて、
    無理やり注文変えさせられたことがありましたよね?」

シロウ「ああ、あったね。 んでウケたの?」

ナリ君「苦笑が少し。。。社長から『こういう笑いは初めてだな』と
    冷たく言われました。。。」

シロウ「そっか。大変だったね。」

ナリ君「それで挽回しようと思って、カラオケでがんばったら
     この声ですよ。」

いきなり新入社員の洗礼を浴びてるようだけど、
ナリ君はまだまだ若いしきっとそのうち慣れることだろう。

ゆる~いタイ国で体育会系の会社勤務ってのも
メリハリがあっていいかもね~。
シロウは絶対嫌だけど。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

新しい彼女
(そういえばペットショップやってる友達が日本にいるんだけど、
 「地震予知セット」とか適当に名前つけてナマズとか水槽一式、
 高く売れないだろうか? こう地震が多いとナマズも大変だろうね。)


1月26日(水)、ヨダ君とヨダ君の彼女と3人で食事。

以前、ヨダ君から「新しい彼女ができました」って聞いていたので
「今度紹介してよ」とお願いしてたのが、実現したわけである。

「ブンです。初めまして。」

ブンちゃんはタイ人なのだが、日本語ペラペラ。
なんと日本語検定1級を持っているそうな。
大学時代に日本への留学経験があるので、
ネイティブに近い自然な日本語を話す。

ヨダ君とブンちゃんは社内恋愛で、
イスの背もたれがぶつかるほど近い席とのこと。
しかも退社後はほぼ毎日会ってるんだそうな。
会社でも家でもずっと一緒ってのは、あまりお勧めしないかな~。

ヨダ君「ブンは長電話が好きで、なかなか切らせてくれないんですよ~。」

ブンちゃん「背が高ければパーフェクトな彼氏なんだけどな~。」

ちなみにヨダ君は174cmでシロウとほぼ同じなのだが、
ブンちゃんが167cmあるからね。

2人のノロケ話を聞きながら食事。
付き合い始めてからまだ3ヶ月も経ってないので、
一番楽しい時期だろう。
長続きして欲しいものだ。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

男3人コラート旅行
1月28日(金)、一休またも訪タイ。(5ヶ月ぶり)

ヨダ君とヨダ君の彼女(ブンちゃん)と3人で
空港へお迎えに。

今回は一休の希望でコラートへ旅行することになっていたので、
レンタカーを借りて、空港からそのままコラートへ向かう計画だ。

夜11時過ぎ無事に一休に会えた。
分厚いコートを手に現れたので、
なんだか異様な感じだ。

この日はタイも寒く、空港の周りの気温は18度。
風も強い。

ヨダ君&シロウ「寒い、寒い。凍死するよ、こりゃ。」(←大げさ)

一休「タイは暖かいね~。」

なんと日本を出国するときは6度だったという。
そりゃ、20度以下の強風でも暖かく感じるわけだ。

ヨダ君の彼女もコラートへ一緒に行きたがっていたが(監視の為?)
ヨダ君が「今回は男だけの旅行なので」と彼女を家まで送ってから
コラートへ向かった。

ここから1月29日(土)

途中までヨダ君が運転。

コラート目前でヨダ君が「疲れた」ので、
交代してシロウが運転を引き継ぐ。
よく考えたら、タイで初めての運転だ。
日本と同じ左側通行なので特に問題はない。

早朝まだ薄暗い中、湖を見学。
寒すぎ。長袖セーター持ってきて良かった。

その後、ピマーイ遺跡へ向かう。
遺跡はカンボジアのアンコールワットのリトル版ってな感じ。
「しょぼいよ」といろんな人から聞いていたが、
まあそれなりに楽しめた。

↓遺跡入口
IMGP0616_convert_20110418003801.jpg

↓アンコールワットそっくり
IMGP0612_convert_20110418004027.jpg

↓結婚式用の写真を撮るタイ人カップル
IMGP0610_convert_20110418004652.jpg

ロリ好きな一休、「ピマーイにはロリ専門の置屋があるらしいですよ」と。
シロウは熟女好きなので全く興味がないが、
わざわざ日本からタイへ来ている一休のために
ピマーイの小路地の中をぐるぐる運転。
しかし、昼間では怪しい雰囲気を感じる嗅覚が全く働かず発見できず。

その辺を歩いてる人のよさそうな
田舎のタイ人に聞くわけにもいかないしね。

一休には諦めてもらって、コラート市街地にあるホテルへ。
1泊500B。(約1400円)
念のため(?)3人別々の部屋でチェックイン。

ここで現在コラートに住んでいる、イソ君に電話。

シロウ「ういっ~す、今コラート着いたよん」(←テンション高め)

イソ君「はい」(←なんかテンション低め)

シロウ「時間あったらどっかで合流しよ~」(←さらにテンション高め)

イソ君「ちょっと今忙しいので、、、」(←さらにテンション低め)

シロウ「あっ、ごめん。じゃあ、後で折り返し電話ちょうだい。」

イソ君「はい。。。」(←テンション低過ぎ)

電話を切った。

普通、バンコクから数時間も掛かる地方都市に知り合いが訪ねてきたら
うれしいんじゃいの?
「あっ、お疲れ様です、今到着したんですか、
 私が案内しますよ。」くらいのテンションじゃないの?普通。

(テンション低い理由は後に分るのだが。)

男3人コラート旅行、続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コラート旅行その2
コラート旅行、前回の続き。。。

ホテルに荷物を置いて、さっそく3人で町に繰り出す。
まず向かったのは、タオスラナリ像。
ここは、「コラートに行ったら必ず行かなきゃいけないところ」
とシロウの部下たちが言っていた。

町の雰囲気を感じながら歩いていくにはちょうど良い距離だ。
タオスラナリ像に向かってお祈りしてる人がうじゃうじゃ。
すごい人気だな。タオ。

↓大人気のタオ・スラナリ像
IMGP0619_convert_20110420020159.jpg

さらに周辺をプラプラ。
コラートって「イサーンの玄関」って言われてるから
もっと色黒のタイ人だらけかと思ってたら、
バンコクと変わらんな。
出身地当てクイズでコラート出身者をピンポイントで当てるのは
困難とみた。

歩きつかれたので、マッサージ屋で2時間。
気持ちよく仮眠できた。

一休はなぜかマッサージのガタイのいいおばちゃんに気に入られて
「ホテルの部屋でマッサージしてあげるから、夜呼んで」と
意味深なことを言われていた。
一休はロリもしくはレディボーイが好きなので、
当然この申し出は却下。

シロウ「おい、一休、なに断ってんだよ。
    レディの誘いは素直に受けとけ。」ニヤニヤ

一休「ムリっす」キッパリ

その後、屋台でメシ。
ここに日本語ペラペラの
可愛らしい女の子が働いていた。(高校生くらい?)
以前、日本料理屋で働いていたんだそうな。
それにしても日本語うますぎ、働いてるだけでこんなに上手になるかな~?
日本人の男と付き合ったことがあるんだろうね。

(翌日コラート在住のイソ君に会った時に
 「イソ君、●●にある屋台の日本語ペラペラのおねえちゃん、
  囲ってるでしょ?」
 「いやいやとんでもない、私はあの子とは1回だけしか遊んでませんよ」
 とのこと。てか、遊んでんじゃん。 コラートは狭いねえ)

屋台で飯食った後、ダラダラ歩きながら
ナイトマーケットへ。
1つ目のナイトマーケットは衣服中心。
品質が悪いので、ただ見るだけ。

2つ目のナイトマーケットは食べ物中心。
日本のお祭りを思い出すな、この雰囲気。いいねえ。
ちょこちょこつまみ食いをしながら、プラプラ。

↓まるで毎日がお祭り
IMGP0623_convert_20110420020932.jpg

いや~、男3人コラート旅行、健全ですな~。

続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コラート旅行その3
母乳から放射性物質かあ。千葉も含まれてるな。
1キロ当たり36ベクレルってどうなの?
これ赤ちゃん毎日飲むんだけど安全なの?
ねえねえ、教えて!! エロイ、、、いや、エライ人。

↓ 時事通信社のニュース
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042000827

IMGP0629rev_convert_20110421005959.jpg

↑「牛乳を飲んでもただちに健康に影響はありません!!」
by一休(コラート近くのチョクチャイ牧場にて)

さてと、本文いきますか。

コラート旅行、前回の続き。。。

ナイトマーケットをぷらぷらしてから、
テレビが見られるオープンバーへ。
アジアカップの決勝(日本対オーストラリア)を見る為だ。

全てのテレビはプレミアリーグを映していたが、
我々の席に一番近いテレビだけアジアカップを映してもらった。

タイ人はアジアカップに全く興味が無いようだった。

しかし寒い。

一休「寒くて我慢できん」

車からコートを持ってきて着こむ一休。
その後ろの席にはノースリーブのタイ人女性たちが食事。
何このギャップ。

タイ飯を食いながら、応援。

結果は90分で決着がつかず延長戦へ。
長友のクロスに李が豪快にボレーシュートを決めて、
その1点をなんとか守りきり
1-0で日本の勝利!!

優勝だ~!!

やった~!!

我々3人だけ、アホみたいに盛り上がってて、
周りのタイ人からは「何か騒がしいなあいつら」って感じで見られていた。

「サッカー観戦後カラオケに行こう」って話をしてたのだが、
行ってみたらちょうど閉店の準備をしているところだった。
サッカーが90分で決着してたら間に合ったのに。

ガックリ。。。

ということで、1月29日も健全に終了。

1月30日へ続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コラート旅行その4
前回の続き。。。(コラート旅行中)

1月30日(日)
朝、コラート在住のイソ君から電話が掛かってきた。
「いっしょに昼飯でも食べませんか?」と。

ホテル前で合流し、4人で中華料理店へ。
「コラートではここは一流レストラン」とのこと。
ランチコースにドリンクをプラスして500バーツ。(約1400円)

IMGP0624_convert_20110425000957.jpg

イソ君は現在、タイ人彼女から厳しい監視下に置かれていて
昼飯を抜け出すのでも大変なんだそうな。
それで前回電話した時、異常にテンションが低かったらしい。

↓前回イソ君に電話した時の日記
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-568.html

シロウ「彼女はどこで見っけたの?」

イソ君「可愛い子を探しにデパートに行って
    3時間くらいウロウロしてようやく好みの子を見つけたので
    ナンパしました。」

イソ君やるなあ。

昼食後、イソ君と別れ、我々3人はバンコクへ向かうことに。

途中ファクトリー・アウトレット・モールに寄って、
ポロシャツ(adidas)やジーンズ(Lee)などを買った。

買い物後はチョクチャイ牧場へ。
名物の生乳アイスクリームなどを食べた。
美味しいけど、寒かった。

IMGP0638_convert_20110425001308.jpg

牧場はタイ人に人気の観光地らしく、
とても混雑していた。

牧場でウダウダしていたらすっかり陽が落ちてしまったので、
ひたすらバンコクへ向かう。

3時間程で、無事バンコクへ到着。

男3人でコラート旅行、コラートのおねえちゃんと遊ぶことなく
健全な旅行でした。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

とちおとめ
1月31日(月)

お客さん(日本人女性)から「日本のお土産買ってきたよん♪」と
連絡があったので会社帰りに立ち寄った。

うぉ!!「とちおとめ」じゃないですか!!

日本のイチゴは味が濃くて実に美味しいですなあ。

辛子明太子とサントリー「金麦」も頂く。
ありがたや、ありがたや。

IMGP0640_convert_20110427014417.jpg

夕食は一休とヤマちゃんとヤマちゃんの彼女(ポーペーちゃん)
4人でちょっとオシャレなタイ料理屋で。

ポーペーちゃん、日本語を勉強しているらしく
上達していてびっくり。
「日本語はかわいく聞こえるから好き」とのこと。

4人でビールやウィスキーを飲み、かなり酔っぱらった。


2月1日(火)、一休とヨダ君とレックちゃんと
4人でムーガタへ。

レックちゃんが「一休さんが日本に戻る前に一度会いたい」と
言っていたのでセッティングしたのだ。

この店はムーガタ用の鍋とは別に、
シーフード用の網焼きが用意されているのだが、
肉も網で焼いた方が美味しいことが判明。
炭火だからね。

我々は肉の他に、寿司や刺身用のカキなども焼いた。
生で食べるのはちょっと怖い食材は片っ端から
網焼き。

焼きカキ、うめえ。

焼き寿司は、微妙。。。
ヨダ君は「うまい、うまい」と食っていたが。

食べ放題なので、皆お腹いっぱい食べた。

一休は明日日本に帰るので、今日でお別れ。
また数ヵ月後、禁断症状が出てタイへ遊びに来ることでしょう。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

問題(タイ文化編)
2月2日(水)帰路、日本の文化について運転手と話をした。
そのついでというわけじゃないが、
タイで知られている日本文化(?)についての問題を。

Q1.タイで一番知られている日本人の苗字は?
A コボリ
B ナカニシ
C ドイガキ

30歳以上のタイ人はほぼ100%知っている。
20代以下でもだいたい知っている。


Q2.タイでは「キクアノネ」という変な日本語を時々話しかけられるが、
これはどういう意味?
タイ人は普通の日本語だと思ってるようです。
A 可愛いらしい
B 頭良さそう
C 育ちが良い

20歳以上のタイ人はだいたい知っている。


(おまけ問題)

Q3.タイで本名を言わないほうが良いのは?
A アツシ
B ヒデオ
C ノリオ

理由: タイ語だとちょっとHな意味になってしまうから。
この問題は日本文化とは関係なく、タイ語の問題です。

解答と解説は次回の日記にて。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報