タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



イカ娘 続報
12月20日(月)、前日のソフトボールの疲れをとるためマッサージへ。

以前、自虐ギャグを連発してた可愛くはないが面白い
「イカ娘」を指名しようと思って行ってみた。

↓以前のイカ娘登場日記
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-522.html

シロウ「イカ娘ちゃんいる?」

受付「彼女はお店辞めちゃった。」

ガクッ。

他の店に行こうと思い、「じゃあいいや、帰るわ。」

受付「ちょっ、ちょっと待ってください。
   他にもマッサージ上手な子がいっぱいいますよ。」

シロウ「分ったよ。じゃあマッサージの上手な子紹介して。」

でてきたのは力がありそうなデブのおばちゃん。

う~む、効きそう。

しかし握力が全くなく、なんとも中途半端なマッサージだった。
見掛け倒しか。
やっぱ他の店にしておけば良かったよ。トホホ。。。


12月21日(火)、昨日のマッサージが全く効き目がなかったので、
今日もマッサージに出掛ける。(昨日とは別の店)

以前1度だけ担当したことがある子(ウェルちゃん)を指名する。
(愛想はあまり良くなかったが、
マッサージはまあまあ上手だった記憶あり。)

今回は指名したからか、めちゃめちゃ愛想がよく、話が盛り上がる。

シロウ「ふ~ん、そうなんだ~。今まで彼氏いないんだ、なんで?」

ウェル「女友達と一緒に遊ぶのが楽しいの。」

シロウ「男に興味がないの?もしかして女が好きとか?(笑)」

ウェル「そんなことはないよ~。まだ恋愛したいと思わないし
     縁もないし。」

めちゃ可愛いわけじゃないけど、普通に可愛いから
過去に何度かは言い寄って来た男がいそうなもんだけどな。

シロウ「シロウと縁ができたじゃん(笑)」

ウェル「そうだね(笑)でもよく知らないし。」

シロウ「よし、今度デートしよう。」

ウェル「いいよ。どこに連れてってくれるの?」

シロウ「映画でも海でも、どこでも。」

ウェル「私、毎週月曜日が休みだから最初は一緒に食事しましょ。
    シロウさんは月曜日仕事?」

ま、この場限りの話かもしれないし、話半分だな。

店を出る時にウェルちゃんから店の名刺をもらった。
「今さら店の名刺なんていらねえし」と思いながら
なにげなく裏を見るとウェルちゃんの携帯番号が書いてあった。

暇な月曜日電話してみっかな~。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

変わった趣向の忘年会
12月22日(水)、会社の日本人全員で忘年会。

幹事「今年の忘年会は食事しながら
   ビリヤードをしますんで。」

今、初めて聞いたし、そんなの。
当日に連絡とは、何かあるな?
と思ってたらやっぱり、、、

日本人5人で総当り戦の賭けビリヤード。(総試合数20)
賭け金は1試合100バーツ。

シロウはビリヤードの経験が人生で10回もないので、
はっきり言って素人同然である。

幹事は他の人に練習させないために
賭けビリヤードをするという連絡を当日にしたのだ。
この策士め。。。

まあ、事前に連絡もらってても、どうせ練習しなかったけどね。

9ボールだったら運で勝つチャンスもあるが、
今回のルールは8ボールだったので、腕の差がでる。

予想通り1勝3敗と負け越し5人中4位。

優勝は副社長だった。

ゲームに負けて金は払わされたけど、
テーブルを囲んでの普通の食事会よりは盛り上がるし、
この企画はなかなか良かった。

幹事さんナイスアイディアでした。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

軟派なタイ人男
12月24日(金)、クリスマスイヴ

レックちゃんの田舎の友達(ビーちゃん)が
チェンライから来てるので、3人でお食事に。

生演奏付きのお店だ。

↓クリスマスイヴということで空中浮遊するサンタがいたり、、、
IMGP0416_convert_20110307003433.jpg

レックちゃんの友達(ビーちゃん)は
40歳くらいだけど若く見えるし結構美人。
(シロウの好みのタイプではないが)

しばらく3人で楽しく会話しながら食事をしていたら、、、

タイガーウッズ似のタイ人男がシロウにワイをして、
「この子に声を掛けてもいいですか?」と聞いてきた。

シロウ「どうぞ、ご自由に。」

このウッズ君、ビーちゃんの隣に密着マークでしばらく話していた。
で、ウッズ君がトイレに席を立った隙に、
今度は違うマッチョのタイ人男が
ビーちゃんに声を掛けた。

ビーちゃん、次から次に男がやって来てモテモテやな~。

「うぉ、ウッズ君が戻ってきたらマッチョ君と衝突か!?」と思いきや、
ウッズ君、遠慮して少し離れた席に座ってこっちの様子を見ている。

マッチョ君はビーちゃんに気に入られなかったらしく、
5分程でどこかへ消えた。
そしてまたウッズ君が戻ってきてシロウにワイをしてから
ビーちゃんとまた話しだした。

「この後、一緒に遊びに行こう」とか聞こえてくる。

シロウにきちんとワイをするので礼儀正しいが、
やっぱりタイ人男は軟派だねえ。
新入社員で可愛い子がいると、
タイ人男どもがアリンコのごとく群がってるし。

結局この日は軟派男に持ち帰られることなく、
3人で店を出た。

暑いタイでクリスマスは、何年経っても違和感があるね。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

キム訪タイ1日目
12月25日(土)、クリスマス当日。

高校時代からの友人キムが訪タイした。
(名前はキムだが日本人)

「旅行の雰囲気を味わいたいから」とのことで
日本から自力でシロウのアパートの下までたどり着いた。
しかもタクシーを使わず、エアポートリンクやら
地下鉄を乗り継いでである。
初めてのバンコクなのにたくましいですな。

まだ朝8時過ぎなので、さっそく朝食。
いきなりドローカル市場内のカオマンガイ屋だ。

↓カオマンガイについてはこちらを参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%8D%97%E9%B6%8F%E9%A3%AF

カオマンガイ自体は癖もなく日本人好みの味なので問題ない。
キムは「辛いものもパクチーもOK」なので、
旅行中の食事に困ることはない。
旅行の楽しみの1つは、地元の料理を食べることだが、
好き嫌いがないキムはこの旅行中いろんな料理に
チャレンジしていくことになるだろう。

事前にキムとはメールのやりとりをして
ざっくりとスケジュールは決めていた。
それに従い「タリンチャン水上市場」へ向かう。

「タクシーで行ってはつまらないだろう」とのことで
ソンテウ→BTS→バスと乗り継いで行った。
旅行はローカルに近づけば近づくほど面白くなる。
ツアーでいろんなところを周るのは確かに効率的で楽チンだが、
自力であちこち行った方が記憶に残る。

水上市場ではボートに乗って2時間クルーズ。99バーツ/人
途中何箇所か立ち寄るのだが、そのうちの1箇所で
バミー(タイ風ラーメン)を食べた。
これもパクチーは少量入っているものの癖がないので、問題なし。

IMGP0439_convert_20110309025723.jpg

しかし、なんであんな水際や水の上に家を建てるんだろう?
湿気がすごそうだし、大雨が降って運河の水位が上がったら大変だろうに。
不思議だ。

IMGP0428_convert_20110309024926.jpg

↓ボートから見るナマズの群れ
IMGP0434_convert_20110309025052.jpg

↓タンブン
IMGP0435_convert_20110309025428.jpg

市場でココナッツジュースを飲んだ後、帰りもバスで。
IMGP0422_convert_20110309024353.jpg

伊勢丹近くで下車し、伊勢丹で買い物。
(キムはサムソナイトのカバン購入)

↓ついでにエラワンでお祈り。
IMGP0449_convert_20110309025858.jpg

夕食はスクムビットのビエンチャンキッチンで。
ここでは伝統的なタイダンスが観ることができる。
ここでもいろいろなタイ料理を食べた。

IMGP0452_convert_20110309030025.jpg

ソムタムプーパラ(塩漬けかにと発酵小魚入りソムタム)は
タイ人(特にイサーン出身)の間では1番人気ともいえる
定番料理だが、臭くて日本人の口には合わない。
シロウも慣れるまでに1年位掛かった料理である。
(というかある日から急に美味しいと感じるようになり、今では大好物)
キムの感想は「好んで食べようとは思わないけど、
食べられないことはない味」とのこと。

ソムタムプーパラーは「お腹を壊すから」と言って
敬遠する日本人が多いが、
シロウは1回もお腹の調子が悪くなったことはない。
ハマるととても美味しい料理なので、
旅行者にぜひチャレンジしてもらいたい料理の一つだ。
ただ、とても辛い料理なので入れる唐辛子の本数を指定した方がいい。
日本人にとっては1本でピリ辛、
辛いのが得意な人は2、3本入れればよい。

「コー サイ プリック ヌン メット ナ カップ」(←唐辛子を1本入れてください)

夕食後は伝統的ではないダンスを鑑賞→タイ名物LB鑑賞で1日目は健全に終了。

2日目に続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

異国から母国を憂う
3月11日(金)、東北地方で大地震発生。

このニュースの第一報が入ったのは、
日本時間の15時前位。(タイ時間13時)

最初は被害は東北地方だけだと思っていたので
特になにもアクションを起こさなかった。

しかし、続報が入るにつれ、とんでもない事態ということが
分かって来た。
実家のある千葉、弟のいる神奈川あたりでも
震度4とか5とか。
とりあえず無事かどうかだけ確認しようと思って、
両親と弟の携帯にメール。

弟からはすぐに無事だと返事が返ってきた。

1時間ほど待ってみたが両親から返事がないので、
国際電話を掛けてみたら、出た。
無事だと。

とりあえず一安心。

よく考えたら、弟に連絡を取ったのは3年ぶり、
両親の声を聞いたのも2年ぶり。

この頃になると、タイ人にも「日本が大変なことになってる」
という情報が入ったらしく、
現場へ出てる部下や営業部署のタイ人から、興奮しながら電話で
「地震、実家大丈夫?」という問い合わせが続々と入る。
シロウのお気に入りのナリヤちゃんからも。
↓ナリヤちゃんからのメールを紹介
「今、日本のニュースを聞いたのだけど、ご家族は大丈夫?
 仏様が日本人全員をお守りしてくれますように。」
実にタイ人らしいメールだ。

普段全く連絡を取ってなかったフミさんからも連絡が。

家に帰ってからNHKをレックちゃんと一緒に見る。
津波の映像に唖然。

3月13日(日)、ソフトボール大会開催。
大会事務局より「日本に義援金を送ろう」と各チームへ提案。
即座に参加全8チームが賛同して、結構な額が集まりました。
シロウもわずかな金額ではありますが、
少しでも役に立てればと思って、寄付しました。
これくらいしかできませんので。。。
この義援金は日本赤十字を通じて日本へ寄付されます。

こんな事態でも日本では暴動や略奪などが起こらず
きちんと秩序を守り、お互い助け合っていると情報が入ってきています。
異国にいると感じるのですが、それこそが日本人の良さであると。

空襲で街は焼け野原になり、原爆を2発落とされボロボロになった戦後と
現在の状況がかぶりますが、奇跡の復興をとげた日本。

今回もきっとどん底から復活してくれるでしょう。

がんばれ日本。
タイから応援しています。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

今こそメタンハイドレートを!!
メタンハイドレートをご存知だろうか?

↓メタンハイドレートについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88


「燃える氷」と言われるメタンハイドレートの存在を知ったのは
今から5年ほど前になるが、そのころから石油や原子力に替わる
新エネルギーとしてシロウは注目していた。

なぜなら、少なくとも100年分の日本のエネルギーをまかなえるだけの埋蔵量が
日本近海の海底にあることが判明しているからだ。
もしこれが実用化されれば、原子力に頼る必要はなくなるし、
中東情勢を気にしながら、原油価格にビクつかなくてもよくなる。

資源に苦しむ日本が、世界有数の資源大国になるのだ。
そうなれば、年金問題やら消費税問題などのごちゃごちゃやってる国の財政問題は
全て片付くことになるだろう。

では、なぜメタンハイドレートの実用化が一向に進まないのであろう?
一説には、石油関係の企業や石油の利権を持つ政治家により、
実用化を研究する為の予算を増やさぬよう圧力がかかっているらしいのだ。

国益よりも私利私欲。
これが本当だとしたら、こんな政治家は即刻辞めてもらいたい。

まあ、それでも少しずつ実用化へ向けて進んでいるようで
国は2018年度をメドにメタンハイドレートの実用化技術を確立し、
2019年からは商業生産を開始する方針を打ち出した。

皆さんも今後の推移に注目してください。

ってか、この電気不足の状況でほんとに3月25日の開幕戦、
ナイターでやるの? ナベツネさんよぉ。
「被災者を勇気付ける」とか言ってっけど、暖房の効いたドーム内で
薄着でビール飲みながら観戦してる様子を、凍える被災者が見たらどう思うだろうか?
ドームは1時間の電気消費量が5,000世帯の1日分と同じくらいとのこと。
せめて、屋外球場でデーゲームでやるくらいの配慮をした方がいいんじゃないの?
そもそも、試合をやる選手自体が反対してるのに、いったいどうなってんだか。


キム訪タイ2日目
(早く原発問題落ち着かんかの~)

キム訪タイ1日目からの続き。。。

2日目はアユタヤへ日帰り旅行。
BTSアヌサワリ駅前から乗り合いバンでアユタヤへ。

アユタヤに付いてバンから降りるとすぐに
観光客向けのトゥクトゥクが声を掛けてきた。

トゥクトゥク「3時間600バーツで案内しますよ。」

シロウ「3時間300バーツ。」

トゥクトゥク「3時間400バーツでお願い。」

前回アユタヤに行った時は1時間当たり100バーツだったので
3時間なら300バーツ以下、4時間なら400バーツ以下に
したいところだ。

しかし、交渉するもそこまでは下がらなかった。
でもまあ、焦ることはない。
トゥクトゥクは他にもたくさんいる。

ちょっと歩いてるとトゥクトゥクがたむろしているエリアがあった。
そこでまた交渉。
最初「4時間800バーツ」と言ってきたが、
「4時間400バーツ」と言い返すと
あっさり「OK」。

交渉がすんなり成立。
もっと値切ってもいけたかもしれない。

↓トゥクトゥクを運転するキム
IMGP0462_convert_20110322002733.jpg

定番のお寺巡りと象のショーを観賞。
クリスマスシーズンということもあって
象はサンタのコスプレ。
IMGP0484_convert_20110322003418.jpg

↓お寺にて1万円をタンブン
IMGP0502_convert_20110322003652.jpg

IMGP0514_convert_20110322003852.jpg

4時間フルに周ってアユタヤ日帰り観光終了。

帰りに捕まえた乗り合いバンはモーチット行きだったので、
ついでにチャトゥチャックウィークエンドマーケットに寄ることに。
ちょうど週末だしね。

ブラブラ観て周り、キムはイチゴシェークを買ったのみ。

地下鉄でバンコク中心部へ戻り、夕食はソンブーン
小泉元首相も食べたという定番の「カニカレー」などを食べる。

その後はナイトバザール→音楽鑑賞しながら軽く飲み
→日本人の間で「天空の城」と言われているバー→ムエタイ観賞

↓ムエタイ戦士と
IMGP0545_convert_20110322004110.jpg

キム訪タイ2日目も健全に終了。

3日目へ続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

キム訪タイ3日目
(日本はまだまだ大変なようですね。。。 昨日はミャンマーで大地震が
 起きて、多くの方が亡くなっているようです。
 ニュージーランド→日本→ミャンマー 大地震が頻発。 
 最近、なんか変だ。 それでは本文いきます。         )

前回の続き。。。

2010年12月27日(月)

3日目ともなるとキムもタイ人のお友達ができたり
タイ語を話したりでタイ人化してきた。
(ウソだけど)

キムは夜には空港に行かなきゃなので、
今日は近場を攻めることに。

観光客がうじゃうじゃいる寺やら宮殿やら。

↓金髪美女とキム
IMGP0571_convert_20110326010110.jpg

↓RECLINING BUDDHA
IMGP0549_convert_20110326005848.jpg

博物館は毎週月曜日はお休みということで入れず。
テクテク歩いてカオサン通りへ。

ここで昼食。
キムはグリーンカレー。
「美味しかった」とのこと。
なんでも美味しく食べられるのはいいね。

その後はウイマンメーク宮殿→
ジムトンプソンの店でシルク製品を買い物(奥様へのお土産)
→山小屋ラーメン→タイ古式按摩2時間→屋台で夕食。

↓チーク材がとても美しい、ウィマンメーク宮殿
IMGP0577_convert_20110326010230.jpg

↓なぜか「日式のラーメンが食べたい」と言うので、山小屋へ。
IMGP0578_convert_20110326010352.jpg

屋台ではナムトックムー(香草がたくさん入った豚肉料理)、
トムセープ(すっぱ辛いスープ)、
ラーププラードゥック(鯰のミンチ香草あえ)、もち米などを食べた。

今回キムと一緒に行動して感じたことは、
長距離歩くのを苦にしないこと、食に対する好奇心の強さ。
旅行を楽しむ上で重要なことだろう。

3日間ほぼずっとキムと一緒に過ごしたので
お別れは寂しいが、また来てくれることでしょう。

最後に、キムの奥さんがこの日記を読んでるかもしれないので、、、

3日間怪しいこともなく実に健全な観光旅行だったことを
報告しておきます。

キム訪タイ3日間。完。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

彼女同伴でゴーゴーへ
(これ以上放射能の影響が拡がると、東日本から西日本へ
 民族大移動が起きそう。。。いったいどうなるんだろう。)

さて、本文いきます。

2010年12月30日(木)
KENさんがタイへ来た。

タイ人の彼女(ギンちゃん)とその弟の3人でエビ釣りをしているところに
シロウも飛び入り参加させてもらった。

このギンちゃんの弟くん、なんだかナヨナヨしてて
将来レディーボーイになりそうな雰囲気なんだけど、
大丈夫かな~?

釣り始めて数分、さっそく1匹目ゲット。
釣ったエビをカゴに入れようとしてる時に
グラスにぶつかって割ってしまった。

それを見ていたギンちゃん、爆笑。
なんと、シロウが来る前にKENさんも
まったく同じシチュエーションでグラスを割ってしまったらしい。

KENさん「ほらね~、日本人は割るんだよ。」
と、ギンちゃんになぜか得意気に言っていた。

タイのグラスは脆いので、ちょっと倒しただけで割れてしまうのだ。

釣ったエビを食った後、一旦解散して
夜また再合流。

まずはバーへ。
↓変な仮面をかぶって踊る白人たち。
IMGP0590_convert_20110328014502.jpg

↓その様子を撮影している人たち。
IMGP0591_convert_20110328014747.jpg

年末なので、旅行者もたくさんいる。

小腹が空いたので近くのレストランへ。
KENさんの彼女のギンちゃん、
イカ墨パスタで唇が黒くなるのが笑いのツボに入ったようで
ずっとケラケラ笑っていた。

写真掲載したいけど、KENさんが「ダメ」って言うだろうから自粛。

その後、ムエタイ鑑賞。
ムエタイ鑑賞とは言っても、ゴーゴーバーの出し物なので、
要はKENさんがゴーゴーへ行くための口実である。
さすがにギンちゃんの前で、堂々とゴーゴーへは行けないからね。

ギンちゃん、酔っ払ってゴーゴー嬢も顔負けのクネクネダンスを始めた。

シロウ「これだけ酔っ払ってたら、他のゴーゴーバーへ行っても
    ギンちゃん覚えてないんじゃないの? ハシゴする?」

KENさん「たぶん、大丈夫だと思います。よし、次行きますか?」

酔っ払ってフラフラのギンちゃんを連れて、他のゴーゴーへ移動。

さすがに年末の遅い時間ということもあって売れ残りばかり、
可愛い子が全く踊っていない。
ある意味すごい光景。

酔っ払ってフラフラしながら踊ってたギンちゃん、
白人のおっさんにケツ触られてるし。(これは記憶に残っていたらしい)

KENさん達は翌朝からカンボジアのアンコールワットへ
初日の出を観に行く為に出発するのだが、
こんな夜遅くまで飲んでて大丈夫なんだろうか?

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

投資家の目で震災を見る
震災をネタに金儲けなんて不謹慎だ!!ゴルァ!!
と思われる方もいると思いますが、批判を恐れず書いてみたいと思います。
真の目的は、皆さんの資産を守るために書いてます。

今回の地震で一番儲けたのはおそらく、
東京電力を空売りしてた人でしょう。
地震前には2,000円台を超えていたいた株価が、
3月29日現在、なんと566円。約1/4に。
空売りしてた人はボロ儲けですね。

次に儲けたのは、「地震来た~!!」と同時に
建設会社を買った人でしょう。
震災直後の建設会社の株価の騰がり方は尋常じゃなかったです。
もちろん復興特需を見越してのことです。

その後は、原発問題が大きくなるに連れて、
防毒マスクメーカーや放射線測定機などを造ってる会社の株が
買われました。

現在は、太陽光発電関連の銘柄が注目を浴びています。
今後、原子力発電から太陽光発電に切り替わるのを見越してのことです。

今後、起こりうることとしては、
物不足によるインフレ、原発問題がさらに悪化すると
各国が日本からの農産物、海産物等を輸入拒否、それによって
輸出企業の業績にダメージ。
また、被災地の復興費用や賠償費用などをまかなうため
消費税や電気代のアップ等も予想されます。

まだ先のことですが日本の財政が悪くなると、さらなる国債の格下げ、
金利の上昇等も考えられます。
「このどさくさに紙幣をどんどん刷って
ハイパーインフレを起こしてしまえ」という乱暴な意見も出てます。
インフレというのは紙幣の価値が下がることですので、
借金まみれの国の財政にとってはいいのかもしれませんが、
借金よりも円資産を多く持ってる人にとっては
最悪の状態でしょう。
また、金利が上がった場合、変動金利で住宅購入資金を
調達してる人も大変なことになります。

シロウが言いたいことは、そういうリスクが
今後ありえるということを考えて、自分の資産を守って欲しい
ということです。
再び先日のような極端な円高が来たら、
ドルを買ってみるのも1つの手でしょう。
でも、銀行の外貨預金は手数料をボッタクリバー状態ですので
絶対にやめた方がいいです。無駄です。
それだったら信用できるFXの会社でレバレッジを掛けず
ドル買いすべきです。
銀行に比べて格段に手数料が安いですし、スワップ金利も銀行とは
比較になりません。
場合によってはレバレッジを3~5倍程度掛けてもいいかもしれません。

あっ、ちなみにシロウはFXやったことない
為替のシロウトですので、鵜呑みにしないでくださいね。

また、海外投信などを今回の件で勧めてる業者が多いようですが、
投資信託は業者を儲けさせるだけなのでお勧めしません。
自分で考えて個別株を買う方がはるかにマシです。

①地震発生

②建設会社暴騰

③東電暴落

④防毒マスクメーカー、放射線測定機器メーカー暴騰

⑤太陽発電関連暴騰 ← 今ここ

⑥??? ← 今後どうなるか予想してみてください。

あと、政府や東電の発表を信じるのは勝手ですが、
大事なのは自分の頭で今後のリスクを考えることです。
自分の身や資産は自分で守りましょう。

1970年 政府:「有機水銀はただちに健康に問題はない」
   ↓
2004年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

1980年 政府:「アスベストはただちに健康に問題はない」
   ↓
2005年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

1985年 政府:「薬害エイズはただちに健康に問題はない」
   ↓
2002年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

2011年 政府:「放射能はただちに健康に問題はない」←今ここ!!
   ↓
20XX年 ????

シロウは決してパニックをあおってるわけではないです。
なんでも人任せにせず、自分で考えよう、ということです。
自分の勘や決断に従った方が、後で絶対後悔しないから。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

年始から振り回され
(シロウの住んでるアパートのオーナーファミリーが
 『タイから日本を応援~心と心をつなぐ~』と書いてある
 Tシャツを着てました。 「これどういう意味?」とシロウに
 聞いてきました。意味分からずに着てたんかい。
 でも、うれしいですよね。こうゆうの。 日本人が何人か住んでるから
 オーナーも気を遣ってるのかな。)

さて、本文いきます。

2011年1月2日(日)

昨年末からナリ君が幹事となって話を進めていた、
年始の麻雀大会を開催することになった。

ところが、ドタンバで幹事のナリ君がムラさんに振り回されることに。

ナリ君「予定どおりムラさん宅に集まって麻雀しましょう」

ムラさん「麻雀できそうなテーブルがないので、
     シロウ君の家でやろうよ。」

幹事のナリ君から全員に「シロウ家へ集合場所変更」とメールが届く。

ムラさん「犬の面倒見なきゃいけないので、やっぱ外に出られない。
      今回はパスで。」

ナリ君、あちこちに声掛けてムラさんの代わりのメンバーをなんとか確保。

ナリ君からムラさんにメール。
「メンバーなんとか集まりましたので、ムラさんは今回は結構です。
 次回よろしくお願いします。」

するとムラさん
「テーブル買うから、やっぱウチでやろう。」

ナリ君から全員へメール「変更たびたびすみません、
やっぱり当初予定どおりムラさん宅へ集合お願いします。」

ムラさん宅の近くに集まり、スーパーでテーブル購入。
1,000バーツ(約2,700円)だった。

振り回されまくって
ようやく麻雀開始。

ナリ君「可愛いおねえちゃんのワガママに振り回されるのは
    まだ我慢できますけど、なんで年始早々おっさんに
    振り回されんといかんのか。」と愚痴っていた。

結果はシバ君が調子よく2,000B(約5,400円)の勝ち。
シロウは300B(約800円)の勝ちだった。

ここからは後日談なのですが、
この時に購入したテーブルをスーパーへ
「やっぱ部屋の雰囲気に合わないから返品できますか?」と
持って行ったら、返品受け付けてくれたとのこと。
無料で店からレンタルしたようなものだ。

アメリカとか返品はしょっちゅうだけど、
タイも普通なんでしょうかね?

アメリカの有名な笑い話を紹介。
パーティー会場にて。
A「その服、値札が付いてますよ。」
B「パーティーが終わったら返品するからいいの。」

(やっと日記が2011年に突入しました。 シロウ)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報