タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



出身地当てクイズ
8月9日(月)、夕方KENさんから電話が掛かってきた。
「これからパタヤ出てバンコクへ戻ります。」

シロウ「あれ?2泊3日って言ってなかったっけ?」

KENさん「ちょっと問題が起きて。。。」

カラオケのおねえちゃんと2泊3日のパタヤ旅行の予定が、
日帰り旅行に。

何があった?

(後で聞いたところによると、ちょっとした金銭トラブルが
あったみたいね。 詳しくは書きませんが。)

8月11日(火)、仕事終わってから一旦アパートに帰り、
KENさんと待ち合わせ。
まずは、タイ料理で軽く腹ごしらえ。

KENさん「最近、タイ人の顔を見れば出身地が分かるように
     なってきたんですよ。」

もうすぐ在タイ暦2年10ヶ月になるシロウでも無理なのに、
ほんとかいな?
イサーン顔か、北部の色白かは分かるけど、
都市まではかなり難易度高い。

さっそく、ウエイトレスに出身地を聞いてみた。

KENさん「間違いないっす。」自信満々である。

だがKENさん、ハズレ。1敗目。

ウェイトレスの子、恥ずかしそうに出身地答えてたな。
コーラクレクレしか言わないゴーゴーの馬鹿女とはえらい違いだ。

食後はゴーゴーへ繰り出す。

1件目のゴーゴーでダンサーの出身あてクイズ。

またしても、
KENさん「間違いないっす。」
自信満々である。

しかし、またハズレ。2連敗。

ゴーゴー2件目へ移動。

このゴーゴー、なんか変。

メガネをかけたゴーゴー嬢が2人、目立ちまくっていた。
日本でメイド服でも着せて躍らせれば、
この2人組みそこそこ人気でるんじゃ?
メガネっ子好きにはたまらないだろう。

ちなみにメガネは「チャトゥチャックで99バーツで買った」
とのこと。

※チャトゥチャック・・・雑貨屋などがひしめくウィークエンドマーケット

※99バーツ・・・約300円

ちなみにKENさん、このゴーゴーでも女の子の出身地をはずしまくり、
早くも4連敗である。
自信は満々だけど、全然ダメじゃん。

この後、ゴーゴーを3軒ハシゴ。
今日は全部で5軒ゴーゴーを回ったことになる。

KENさん、出身地あてクイズはことごとくはずしまくり、
着実に連敗記録を伸ばし、6連敗。
やっぱり顔で出身地を当てるのは無理なのか?
はたしていつ連敗を止めるのか?

最後に行ったゴーゴーでのこと、
KENさんがおねえちゃんを隣に付けたので
シロウも呼んだ。
しかしこの子、話が全く盛り上がらず、
ドリンクをさっさと飲み干すと、どっか行ってしまった。
なに?このサービスの悪さ。

しかもKENさん、おねえちゃんに一緒に帰るか聞いたところ、
「行かない」とバッサリ断られ。

この後、KENさんとシロウは路頭に迷うことに。。。
仕事を終えたゴーゴー嬢が近くの屋台で飯を食ってるが、
KENさんのストライクゾーンがいなかったらしく、
諦めて我々も屋台で飯を食ってから帰路についた。
(既に朝3時過ぎ。。。)

疲労困憊で翌日へ続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

レインボーエリア
続き。。。

8月12日(木)、午後からKENさんとエビ釣りに。
今日はタイの祝日なので、会社は休み。

最初、我々が向かったのはローカルな釣堀。

「あれれ?池に水がない。」

従業員「今、閉鎖中。来月来てね。」(←飯食いながら面倒くさそうに)

しょうがないので、日本人向けの釣堀へ。

開始してすぐにKENさん、2匹釣り上げた。
調子良さそうだ。

ここは、時間制じゃなくて重量制なので
このペースだとあっという間に終わってしまいそう。

シロウもしばらくして1匹。

しかし、その後二人ともぱったりと
釣れなくなった。

シロウたちの向かいに家族連れが来た。

小学生位の女の子が「また釣れたよ!!お父さん!!」
10分と経たないうちに、シロウの1匹を抜かしてしまった。

KENさん「あっという間にシロウさん、捲くられましたね。」

シロウ「なんで、釣れんのやろ?
    この辺のエビはレインボーみたいにスレスレじゃないの?」

※レインボーとは・・・可愛い子が多く、日本人旅行者に人気の
           ゴーゴーバーの名前。
           ただし、スレた女の子が多い。

全く釣れないKENさんとシロウを尻目に
後から来た家族は、早々にエビを大量確保。
釣ったエビを調理してもらって、家族で楽しそうに
団欒しながら食事をしている。

シロウ「俺たち、このままだと食事できんな。
     最悪だよ、このレインボーエリア。」

あまりにも釣れないKENさんとシロウを見かねたのか、
従業員のおねえちゃんが自分で釣って、我々のカゴに入れ始めた。

この従業員の子は特に美人ではないがスレてなさそうで、
感じの良い子だった。

KENさん酔った勢いで(?)、電話番号を彼女に渡した。

シロウが「電話番号ばら撒き作戦やったら?」と提案したから
なんだけど。

はたしてこの子からKENさんに電話は掛かってくるのか?

従業員のおねえちゃんががんばって釣ったおかげで、
我々もなんとか食事にありつくことができた。

釣果は、KENさんとシロウが2匹ずつ。
従業員の女の子、なんと9匹。

トムヤムクン、クンバッポンカリー、クンパオ(焼きエビ)
美味しく頂いた。

従業員の女の子がいなかったら、
みすぼらしい食事になるとこだった。
感謝。

この後は、KENさんはゴーゴーへ
シロウは帰宅。

次の日へ続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

サムライダンサー
続き。。。

4月13日(金)、午後にKENさんとシリラックと待ち合わせ。
今回、KENさんの訪タイ目的は仕事でもあるので、
シリラックを通訳として雇ったのである。

シロウの会社の車で、KENさんとシリラックを
商談先の会社へ送る。

KENさん、タイ人と商談開始。

予想に反してこのタイ人、英語ペラペラ。
通訳要らなかったんでは?

無事に商談が終わり、BTSの駅前でシリラックを降ろした。
ちなみにシリラックのバイト代は500バーツ。(約1500円)
シリラックは「要らない」と言ってたが、
まあ、気持ちということで。

その後、KENさんとシロウは中華料理屋へ。
帰り際にKENさん、従業員のおねえちゃんに電話番号を渡した。
(電話番号ばらまき作戦第二弾)

はたして掛かってくるのだろうか?

KENさん曰く「近くで見たらあまり可愛くなかった」とのこと。

ちなみに昨日のエビ釣りのおねえちゃんからは
まだ電話は掛かってこない。

食事の後、シロウは一旦アパートへ戻り、
夜8時にKENさんと再合流。ゴーゴーへ。

1軒目。
KENさん、ストライクゾーンの子がいたが、
話が盛り上がらなかったようだ。
店を変える。

2軒目。
KENさん、ストライクゾーンおらず。
シロウ的にはストライクゾーンの子がいたが、
「タイ在住者は旅行者より先におねえちゃんを指名してはならない」
というタイ在住日本人憲法第4条どおり、指名せず。

3軒目。
KENさん、ギャル系の子をお持ち帰り決定。
シロウもおねえちゃんを呼ぶが、
性格的にちょっと問題ありそうだったので、放流。

ここでKENさんと別れる。

遊びモードにスイッチが入ってしまったシロウは
この後、タクシーで場所を変え他のゴーゴーへ。

以前呼んだ子を隣に着けてイチャイチャしてたら、
横から「シロウさん!!」と呼ばれてビックリ。

ソフトボールチームのヤダ君だった。
ヤダ君は会社の人達と来ていた。

ヤダ君と偶然ゴーゴーで会うのは、
これで3回目である。
ゴーゴーの趣味がかぶってんのかな?

ヤダ君の友達の1人が酔っ払って
ステージの上でゴーゴー嬢に混じって
踊りだした。

すると他のお客さん(白人)からチップが。(しかも2人から)

たまに白人のおっさんとか酔っ払ってステージに上がってるのを見るが、
日本人で上がるのは珍しい。
しかもチップをもらってるのは初めて見た。

日本男児初(?)のゴーゴーダンサーに
なれるかも。
「サムライダンサー」とか呼ばれるんだろうな。

いや、タイの場合は味の素の方が有名だから
「アジノモトダンサー」かな。
カッコわるっ。

翌日に続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

セミプロ
8月14日(土)、KENさんとレックちゃんと3人で
ドイツビールのお店へ。
KENさんとレックちゃんは今回が初対面である。

KENさんのレックちゃんに対する印象は
「普通に日本にいそうな感じの女性」だそうな。
確かに、外見だけだと日本人っぽいですね。

途中、シロウがトイレで席をはずした時にKENさんと
レックちゃん、2人で話しをしていた。

シロウ「レックちゃんと何話してたの?」

KENさん「シロウさん、レックちゃんに全く信用されて
     ないんですね。 他に女がいるんじゃないか
     疑ってましたよ。」

しかし、KENさんナイスフォロー

「レックちゃんに、『シロウさんはいつもレックちゃんの
 話ばかりして困る』と言っておきましたよ。」

(この日以降、心なしかレックちゃんは機嫌が良かったのは
 KENさんのこの言葉のおかげ?)

レックちゃん、ビールをパカパカ飲むので、
トイレが近い。
KENさん、レックちゃんがいない隙に
我々の席を担当してたウェイトレスの子
積極的に話し掛け、あげくに電話番号をゲット。

KENさんの目的は「あわよくば、素人のおねえちゃんと、、、」と
いうことだろうが、このウェイトレス、素人ではなく
実はセミプロだった。

このおねえちゃん、レックちゃんに
「彼、私を誘ってきたんだけど、
2,000バーツでOKかどうか彼に聞いて」と。

KENさんはタイ語は片言話すものの、
コミュニケーションが難しいからなんだろうが、
よりによってレックちゃんに言わなくても。。。

おかげで、レックちゃんのKENさんに対するイメージは
「所かまわずおねえちゃんを買いたがる飢えたおっさん」
となってしまった。

あ~あ。

タイには「日本人の彼氏がほしい」「日本人のパパが欲しい」
「日本人と一晩過ごして小遣い稼ぎたい」と考えているセミプロ(?)が
ウヨウヨいる。
ゴーゴーやカラオケの女の子だけじゃなく、
普通のOLやらウェイトレスやら、職種を問わず。

シロウも会社のおねえちゃんとかマッサージのおばちゃんとかから
「この子どう?」って写真見せられたことが何度もあるしね。
まあ、それが全部セミプロってわけじゃないだろうけど。

セミプロが多い職業を上げてみると、
ウェイトレス(外国人がよく来る店)、美容師、
コーヒーショップの店員、 デパガ、ナース、マッサージ師などなど。

日本人の彼氏がいる子は「日本人紹介して~」っていろんな筋から
頼まれるらしく、レックちゃんも頼まれていたのだろう、
「KENさんに友達を紹介したい」と言い出す。

んで、レックちゃん、友達にすかさず連絡を取り、
友達が店に来ることに。

なんだかとんでもない展開になってきたな~。

ってところで続く。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

ヤクザの娘
(千葉ロッテマリーンズの日本シリーズ進出が決定しましたね。
 5年前が思い出されるなあ。。。
 セリーグはどこが出るんでしょうね? 東京ドームは当たり損ねが
 ホームランになるツマラナイ球場なので、やっぱ相手は中日がいいな♪ )

さてと、
前回の続きいきます。。。

レックちゃんがKENさんに「友達を紹介する」と言い出して
その友達を待つことに。

今まで何人かはレックちゃんの友達に会ったことがあるが、
このパターンは初めてだ。
こんな時間(深夜0時過ぎ)にわざわざ出てくるなんて、
堅気じゃないだろうな、と思いながら、
どんな子が来るか興味はあった。

しばらくして、「レックちゃんの友達」が来た。

KENさん的には、外見はストライクゾーンのようだ。

肩のタトゥーと美容院勤務というところからして
セミプロっぽいが。。。
しかし英語も日本語もダメダメなので、
プロではないようだ。
セミプロかなぁ。
言葉遣いも語尾に「カー」を付けないので、
あまり育ちはよくないのが分かる。

レックちゃん、こういう知り合いもいたのか~。

シロウもちょっとびっくり。

んで、この女の子(仮称A子)が「皆でディスコ行こうよ~」と言うが、
これから行くとディスコに着くのが1時過ぎ、遅すぎる。
この眠気であんなうるさい所に行ったら
頭がおかしくなる。

シロウ「行かね。」

結局、KENさんとA子が2人でディスコに行くことになった。

しばらくして、A子からレックちゃんに電話が掛かってきた。

シロウは眠たくて、半分うつらうつらしてたのでよく覚えてないが、
結局ディスコには行かず、KENさんのホテルに一緒に行ったようである。

しかもA子とレックちゃんの間では
「ショート(2時間)で2,000バーツ」という話ができていたようで、
KENさんにそうオファーしたらしい。
しかし、KENさんはロング(朝まで)希望だったので、
条件が折り合わなかったようだ。
A子は美容院の仕事が朝早いらしく、ロングはダメなんだと。
ということでKENさんは、A子とはなにもせず帰したらしい。。。

シロウ「なんであんな娼婦みたいなの紹介したの?」

レック「KENさん、2,000バーツでウェイトレス買おうとしてたじゃない?
   それだったら私の知り合いのお金困ってる子を紹介しようと思って。
   それにあのウェイトレス、なんか変だったし。」

しかし、今回のレックちゃんの手配師っぷりには驚いたな~。
レックちゃんは警察官の娘だが、
タイの警察は日本のヤクザと一緒っていうからね。
つまり日本だと「ヤクザの娘」ってこと!?

怖いね〜。

(KENさん、最終日の夕食をご馳走して頂きまして
 ありがとうございました。レックちゃんのビール代が
 一番高かったのではないかと。。。
 それとお土産もありがとうございました。
 またのお越しを楽しみにお待ちしております。)

↓KENさんからもらったお土産(一部)
 なんと、マルタイの棒ラーメンが!!(リクエストしてないのに)
 九州で小中学生の大部分をすごしたシロウにとっては
 ラーメンといえば、これでした。うれしい!
IMGP0270_convert_20101020015217.jpg

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

偶然
8月16日(月)、仕事終わってからマッサージへ。
担当のマッサージの子が可愛かった。
しかし、可愛い子ってたいてい2ヶ月くらいで
いなくなっちゃうんだよね。
囲われるのか?それとももっと高級店に移るのか?

8月17日(火)、副社長が車から降りるときに足をすべらせて骨折

8月18日(水)、風邪ひいて体調不良。

8月19日(木)、風邪が治らず、会社病欠。

8月20日(金)、一休がタイへ到着。(夜11時半頃TELあり)

8月21日(土)、一休、ヨダ君、レックちゃんと4人で食事。

一休「レックちゃん太ったね~。」

確かに毎日のように見てるシロウでもレックちゃんが太ったのが
分かるくらいだから、久しぶりに会う一休からすると
かなり太って見えたことだろう。

なんか最近レックちゃん、よく食べるんだよね~。

夕食は一休と2人で。
食後、一休の希望でマッサージへ。(健全)

マッサージ中。。。

一休「悪いけど先に帰ります」

爆睡中だったのに起こされた。

シロウ「どした?」

一休「この担当の子、マッサージ中にトイレに3回も行くし、
   携帯いじったり、不真面目すぎますよ。」

2時間のマッサージ予定だったが、
怒って1時間ちょっとで帰ってしまった。
一休の担当の子、まだ若く可愛い子だ。
ベテランのおばちゃんとかは真面目にマッサージするけど、
若い子は時々不真面目なのがいるからね。
一休、運が悪かったかな。

話は変わって、、、
この日使ったタクシーでちょっと驚いた出来事が。

シロウ「◎△通りへ」

タクシー運ちゃん「XXXXアパートですよね?通りに入って右側の。」

シロウ「え?何で知ってんの?」

タクシー運ちゃん「あなた、もう3、4回乗っけてますよ。」

シロウ「え~?まじで!?」

まあ、3、4回は本当かどうか分からないけど
1回は使ったことあるんだろうな。
日本人だから覚えてたんだろう。
バンコクはタクシーだらけなのに、
偶然同じタクシーを使っていたとは。
ちょっとびっくりした出来事でした。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

盗難事件発生!?
(早いものでシロウがタイに来てから、ちょうど3年間が経ちました。
 当初は年に1回くらいは日本に帰ろうと思ってたのですが、
 結局3年間1度も帰らず終いでした。あと何年タイにいるんだろうな~)


8月22日(日)、雨の為ソフトボール中止。
雨季の間は中止ばかりだ。

レックちゃんが風邪ひいた。
シロウは治ったのだが、うつしてしまったっぽい。
ごめん、レックちゃん。

8月23日(月)、早朝に一休から電話。

「シロウさん、やられました!!」

シロウ「どうしたの?こんな朝早くに。」

一休「3,000バーツ、ゴーゴーのおねえちゃんに盗まれました!!」

シロウ「まじで?寝てる間に財布から抜かれたとか?」

一休「昨日おねえちゃんを持ち帰って、アレが終わった後に
   3,000バーツ渡したんですよ。」

シロウ「うん、それで?」

一休「そして朝起きたときに寝ぼけてまた3,000バーツ渡しちゃいました。
   なんかやけにうれしそうに帰るな、と思ってよく考えたら
   2度も払ってました。」

シロウ「それは盗まれたと言うより自業自得じゃないか?」

一休「どうすればいいでしょうか?」

シロウ「またゴーゴー行って、同じ子持ち帰ればいいじゃん。
    『予約金渡しておいたよな』とか言って。
    『金払い過ぎたから返して』って言っても
    まず返してくれないだろうからね。」

一休「そうですね。。。今日もう一回行くことにします。。。」

※ちなみにゴーゴーの店の名前は「レインボー」

夕食は一休、ヨダ君、ヤマちゃんと4人で。
その時に一休からお土産を受け取った。

今流行の書き味の良いボールペンを数本。
パイロットのアクロボール、三菱のジェットストリーム、
ぺんてるのビクーニャなど。

会社の備品のボールペンの品質が悪く、
しょっちゅう擦れたり引っかかったりするので、
一休にリクエストしておいたのだ。

見積書とか請求書とかその他もろもろの大量の書類にサインしてるので、
今まで品質の悪いボールペンでストレスだったのだが、
これで少しは気持ちよく仕事できるな。

(今、パイロットのアクロボールを使ってますが、
 非常に良い書き味です。なめらか~。)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

うらやましい記憶力
2010年8月24日(火)

夕食はシーロムで日本食を。

帰り道てくてく歩いてたらいきなり
「シロウさん」と可愛いおねえちゃんに声を掛けられた。

ん?どこかで見たことある顔だけど誰だっけな?

と一生懸命脳内メモリーを検索

シロウ「え~っと、え~、、、」

おねえちゃん「●●(←カラオケの店の名前)のキックですよ」と。

そういえば行ったことあるわ。
しかし、1年半くらい前に1時間一緒に話しただけ
名前も顔も覚えてるとは、おどろき。

ちょっとうれしかったので、今度会いに行こうかな。

客商売で記憶力がいいっていうのは有利だよね~。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

トラブルメーカー
8月24日(火)、風邪をこじらせてるレックちゃんのお見舞いに。

一休が翌朝日本に帰ってしまうので一緒に夜遊びしたかったのだが、
しょうがない。

レックちゃん、かなり辛そう。。。

パンやらヨーグルトやらフルーツジュースなど
いろいろ持って行ったのだが、パンを半分食べただけ。

全く食欲なし。

最近太ってたから調度いい具合に痩せるかもしれんな、
と不謹慎なことを考えてしまう。いかんいかん。

早く良くなれ~。


8月25日(水)、早朝、一休より電話。

一休「飛行機乗り遅れました!!」

シロウ「あっ、そっ、もう日本に帰るのやめたら?」

一休「いや、そういうわけには、、、どうすればいいでしょうか?」

シロウ「空港行ってダメモトで他の便に振り替えをお願いするか、
     ANAのオフィスに連絡とってみたら?」

一休「分かりました。」

しばらくして(昼頃)一休から電話。

一休「ANAに電話したら、私のチケットは振り替えできないので、
   その辺の旅行代理店で格安チケット買うのが一番いい、
   と言われました。
   なので、格安チケット買いました。今日の夜便です。
   20、000バーツもしましたが、、、。」

シロウ「まあ、無事チケット取れて良かったじゃん。」

一休「いや、一時はマジで焦りました。
   また連絡します。」
     
夜、空港から連絡があった。

一休「今回はいろいろお世話になりました。
   レックちゃんにもよろしくお伝えください」

やれやれ。。。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報