タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



年末ゴルフ
12月31日、2008年最後の日。
タイで迎える2度目の年末。

日本とタイを行ったり来たりしている
同じアパートのマツさんとその友達ミーさんの
3人でゴルフへ。

暇をしていたジン君もカメラマンとして
付いてきた。
さっそく受け付けの可愛い子の写真を撮りまくるジン君。
なにやってんだか。

シロウはこの日、ゴルフの調子が悪かった。
前半で早くも大叩きを2度してしまったので
途中から目的をゴルフからキャディーに変更。

運良くシロウには17歳の可愛らしい子(ナムちゃん)が付いていたので
ジン君に何枚もツーショットの写真を撮ってもらっていた。
最初は恥ずかしがっていたナムちゃんだが、
だんだんいろんなポーズを撮るようになってきた。

ジン君「はい、2人もっとくっついて」
というナイスアシストもあって
シロウの腕に絡みつくナムちゃん。
胸があたって気持ちいいんですけど~。

調子にのって後ろから抱きついたりしている
写真も撮ったりした。
もはやゴルフはどうでもいい。

お年玉として500バーツ(約1,500円)チップをあげた。
ちなみに普段チップは200バーツ(約600円)。

※ある意味楽しかったゴルフですが、
 年明けレックちゃんが部屋に来た時に
 この時の写真が見つかってしまい
 「ゴルフ場で何やってんの!」と怒られました。
 それ以降、「ゴルフ」という言葉を聞くと
 非常に機嫌が悪くなるので
 ゴルフに行く回数が激減しました。。。

続く。。。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイで2度目の年越し
神奈川県在住のKY氏より
前回の日記のキャディーの写真が見たいというので
UPしておきます。
顔はカンベンしてください。。。

IMGP1413.jpg

前回の続き。。。

ゴルフ帰りにマツさんが
「お風呂屋で汗を流してサッパリしたい」と
言い出したので、お風呂屋でマツさんを降ろし
ミーさん、ジン君、シロウの3人は日本料理屋へ。

食後、ムエタイを見ることができるゴーゴーバーに行き
夢中でムエタイを見ていた。
外で花火の音がするので、「あ、年が明けたかな?」と思い
時計を確認すると年が明けていた。

ゴーゴーバーで年越しするなんて。

1月4日(日)早朝、寝てたら携帯電話が鳴った。
「こんな朝早くに誰だよ~?」と思いながら携帯を見ると
理名ちゃんからだった。
一気に目が覚めた。

シロウ「明けましておめでと~。」

すると電話の向こうから聞いたことのない男の声(タイ語)で
「シロウか?」

え?誰?

シロウ「は、はい、そうです。」

男「理名とはどういう関係なんだ?」

シロウ「ちょ、ちょっとあなたこそ誰なんですか?」

男「理名の夫だ。で、理名とはどういう関係なんだ?」

きょえ~。何なんだよ!?この展開。

シロウ「理名さんのただのお客ですよ。」

男「なんで理名の携帯番号知ってるんだ?」

シロウ「予約する時、電話してたんです。」

男「もう二度と電話するなよ。ガチャッ。」

うわ~、今の電話何?
元の旦那だろうか?

そして30分後位、またシロウの携帯がなった。
理名ちゃんの携帯からだ。
また旦那からかもしれんな、と思いながら恐る恐る電話に出ると
今度は理名ちゃん本人だった。

理名「シロウさん、ごめんなさい。さっき旦那から電話が
   あったでしょ? また旦那と暮らすことにしたの。
   子供も彼になついてるし、子供の為にも。
   旦那も反省してるみたいだし。」

シロウ「そうなんだ。。。びっくりしたよ。」

理名「私達の関係について旦那に何か言った?」

シロウ「いや、お客さんとしか言ってないよ。」

理名「そう、、、ならいいんだけど。勝手に携帯見られたの。
   旦那疑ってるみたいでしつこくシロウさんのこと
   聞いてきたよ。」

シロウ「何も言わなかったから大丈夫だよ。」

理名「お店も辞めるし、もう会えないね。元気でね。」

シロウ「理名ちゃんもお元気で。」

かなりショックだったが、理名ちゃんにどっぷりハマる前で
まだ傷が浅くて良かったかもしれない。

※理名ちゃんが働いてたマッサージ屋には今でも
 月に1回か2回行ってるけどいつも理名ちゃんの姿を
 探してしまう。。。

そういうことで、レックちゃん一筋となりました。
メデタシ、メデタシ。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

日本のお土産
1月5日(月)、レックちゃんが実家から帰ってきた。
さっそく会う。

ちょうど日本から知り合いの
マルさんとオノさんが来てるので合流。

マルさん「はい、レックちゃんお土産~。」

レック「ありがと~」

福さ屋の辛子明太子だ!!シロウの大好物!!

オノさん「はい、レックちゃんオレもお土産。」

レック「ありがと~」

いも焼酎!!おいしそう!!

マルさん、オノさん「それじゃ、俺たちちょっと
            夜遊びに行ってくるから
            シロウ君、レックちゃんまたね~。」

シロウ「ちょっとちょっと、オレにはお土産ないの?」

マルさん「あ、ごめんレックちゃんの分しか
     買ってこなかったよ。」

オノさん「欲しかったらレックちゃんに
     もらえばいいじゃん。ねえ、マルさん?」

マルさん「そうそう。」

いったい、なんなんだよ~。

レックちゃんはさらにチョコレートとか
日本のお菓子ももらっていた。

シロウの部屋にレックちゃんと一緒に帰った。
さっそく明太子を食べたくなったので、
近くの市場でご飯と食器を買ってきた。

※シロウの部屋には皿もフォークも今まで無かったのだ。
 自炊しないので。

IMGP1415.jpg

シロウ「うまい!!」

レックちゃんへのお土産なのにパクパク食べるシロウ。
辛子明太子があればいくらでもご飯が食べられる。

※結局翌日には1箱が無くなってしまった。
 ほとんどシロウが全部食べてしまったのは言うまでもない。
 芋焼酎もレックちゃんから強奪し、
 ジン君と2人でほとんど飲んでしまった。
 マルさんオノさんありがとう。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

何も悪いことはしてません。
1月7日(水)、どうもあの一件以来、
ミントちゃんに気に入られてしまったようだ。

↓あの一件
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-284.html

会社の他の女の子たちもミントちゃんがシロウを
気に入ってるのを皆知ってるようで
「ミントちゃんと目が合ったら笑ってあげてね」とか
「ほら、ミントちゃんが見てるよ。」と騒がしい。

女性8割の職場なので、
こういう話題が大好きなのだろう。
まるで中学生のノリ。
疲れる。。。

ミントちゃんは決して不細工ではなく、
可愛い部類に入る。
だけど、社内はマジで勘弁なんだけど。
精神的に疲れるし。

ミントちゃんは最近はよく
シロウの隣の席の女の子のところに遊びに来る。
その度にミントちゃんに話掛けられるのだ。

う~ん、どうやって逃げ切ろうか。。。

1月8日(木)、遊びに来てたレックちゃんに
デジカメの写真を勝手に見られた。
ニューイヤーパーティーで会社の女の子の
肩を抱いてる写真や、ゴルフ場でのキャデーとの
大量のツーショット写真が見られてしまったのだ。

レックちゃんに「ゴルフ場でいったい何やってんの!」と
怒られるし、
「会社では女の子に囲まれて楽しそうですね。」と
皮肉を言われたりした。

まあ、この子らとは何もないんで、
別に後ろめたくはないけど
見られないように注意しておくべきだったかな。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

公園デート
1月9日(金)、会社のニューイヤーパーティー。
今回は公式なので会社から飲食代が出るし、
抽選で賞品も当たる。

今回、シロウは1等を引き当て
健康ドリンクの詰め合わせと食器セットをもらった。
新年早々ついてるな~。

1月10日(土)、レックちゃんが遊びに来た。
特にどこに行くとかは決めていなかった。

レックちゃんに
「今日ジン君、公園で日本人の女の子とデート
するらしいよ。」と話したら
「私たちも行こうよ。」ということになった。

レックちゃんと公園へ。
しかし、公園はすごく広い。
歩き回るがジン君の姿は見当たらない。

ジン君に電話。

シロウ「どこにいるの?」

ジン君「公園ですよ。」

シロウ「それは知ってるよ。公園のどこ?」

ジン君「それは言えません。」

シロウ「邪魔しないからさ。遠くから見るだけ。」

電話してる時点で既に邪魔してるのだが。。。

ジン君「見つからないように気をつけないと。
    では失礼します。」

結局ジン君には会えなかったのだが、
レックちゃんと木陰でアイスクリームを食べたり、
池の魚に餌をあげたりして
まったりとしたデートだった。

たまにはこういうのもいいものだ。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

場違い
1月15日(木)、両親から
「2月タイに観光に行こうと思ってる。
どこかお勧めの観光地があったら教えて。」と
メールが来ていた。

会社のタイ人達に
「2月に両親がタイに来るんだけど、
どこかいい観光地ない?」と聞いてみた。

軽い気持ちで聞いたのだが、
仕事そっちのけであれこれ検討しているタイ人達。

んで、会社のタイ人達のイチ推し
「ジョールイスシアター」だった。

http://www.thaipuppet.com/core/content/view/1/2/lang,en/

タイに1年以上もいてここは知らなかったな~。

あと、いくつか紹介してもらったが、
他は行ったことがあるところばかりだった。

タイ人達に格好の話題を与えてしまったようだ。

「両親が来られるんでしょ?
 ミントちゃんを紹介したら?」
「私も一緒に観光に付いて行っていいですか?」
とか言って皆でゲラゲラ笑っている。

頼むから仕事してくれ。。。


1月20日(月)、日本大使館の新年パーティーへ出席。
会社に招待状が届いたから
会社の人達と3人で行って見たのだが、
これがまあ、場違いもいいところで、
落ち着いた感じの金持ちそうな老夫婦だらけだった。

きっと政財界の偉い人ばかりなんだろう。
平均年齢60アップか?

しかも男はほぼ全員黒のスーツ上下に白いワイシャツ、
女性はドレスを着飾っていた。

来てる人はお互い顔見知りが多いみたいで、
「やあ、どうもお久しぶりです」なんて会話してるのだが
我々3人組は見たこともない人ばかりであった。

飲食はもちろん無料なので、
お雑煮とか寿司とか日本の味を十分堪能できた。
場違いな我々3人組はひたすら飲み食いに専念して
お腹いっぱいになり次第、
そそくさと会場を後にしたのであった。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

疲れる送別会
1月21日(水)、レックちゃんにミサンガ(?)を
手首に結びつけられる。

レックちゃんは「健康のおまじない」と言って
お揃いのを自分の手首にも結びつけていたが、
浮気防止が目的か?

↓ミサンガ(?)
IMGP1429.jpg

1月23日(金)、ミントちゃんの送別会。
ミントちゃん、司法書士の試験を受けるために
勉強するらしい。
そういうことで、会社を辞めることになった。

送別会はミントちゃんと仲良かった数人のタイ人女の子とシロウ。
日本人はシロウ1人で男もシロウ1人である。
そうなると、もう大変である。

「この中で誰が1番かわいい?」とか
「一番性格が良いと思うのは誰?」とか
答えに困るような質問が次から次に。

疲れる。。。

主役はシロウではなくミントちゃんなんだから
もっとそっちに話振ってくれ~。

もう疲れきってた頃にイソ君から電話が掛かってきた。
イソ君はシロウの勤務先から近いところに住んでいる。

シロウ「今会社の人たちと飲んでるんだけど
    イソ君も来ない?」

イソ君が来たら矛先がそっちに向くだろうから
オレは解放されるだろう、という企みである。

イソ君「会社の飲み会でしょ?行きませんよ。」

シロウ「会社のって言っても仲間内だけだよ。
    しかも可愛い子がいっぱい。
    男オレ1人だからハーレム状態だよ。」

ほんとは可愛い子はせいぜい2~3人なのだが、
なんとしてもイソ君に来てもらわないと辛すぎる。

イソ君「ハーレムなんですか?行きます。すぐ行きます。」

しばらくしてイソ君がやってきた。
イソ君をタイ人とシロウの間に座らせ、
となってもらう作戦だ。
この作戦が見事にはまり、タイ人のおもちゃにされるイソ君。

「名前は?」「歳は?」「どこに勤めてるの?」
「どこに住んでるの?」延々と続く質問タイム。

おかげでシロウはようやく落ち着いて飯が食えるようになった。

飲み会終了直後、ミントちゃんから
こそっと電話番号を渡された。
「明日電話待ってます。」

それを横で見ていたイソ君、
「うらやましい職場ですね。女の子はいっぱいいるし
 若い子から電話番号もらったり。」

シロウ「でも疲れるでしょ?」

イソ君「ほんと疲れましたよ。でもうらやましいなあ。
    私の斜め前にいた黒い服の子なんて、
    超かわいいじゃないですか。
    また今度機会があったらぜひ呼んでください。」

どうやら気に入った子もいたみたいだし、
楽しめたようで良かった良かった。

明日ミントちゃんに電話してあげよう。
もう社外の子になったことだし。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

絵文字だらけのメール
1月24日(土)、約束どおりミントちゃんに電話。
なぜか1月31日に会うことになってしまった。
この子、押しが強いんだよな~。

夕方、1週間の疲れを落とすべく
タイ古式按摩へ。
担当のお姉さん、風邪で声が出ないし
時々咳こんでいる。
辛そうだ。
客にうつすかもしれないし、休めばいいのに。
とは言っても按摩師の生活はその日暮らしに近いだろうから、
無理しても出てきちゃうんだろうね。
OLはすぐ休むというのに。

帰る時に「お大事に」と言いながらチップを渡したら
「病院行きたいのでもうちょっとちょうだい。」と
言われた。
本当に行くのかどうか不明だけど、
100バーツプラスして計300バーツ(約900円)渡した。
タイの町医者でちょっと薬をもらうだけなら
100バーツもあれば十分なのだ。

夜、ミントちゃんからメールが来た。
「おっと、流れ星! おやすみ、いい夢みてね。」
(↑タイ語をローマ字表記した絵文字だらけのメール。
タイでも流れ星は縁起がいいものらしい。)

基本的に今までメールのやりとりをしたのは
レックちゃんとシリラック(←タイ語の先生ね)が
ほとんどだから、絵文字だらけの女の子らしいメールに
ちょっと引き気味になってしまった。

その後、ジン君がウイスキーを持って遊びに来た。
「ちょっと飲みませんか?」
これがちょっとじゃなく、いっぱい飲んでしまい
かなり酔っ払った。

そんな時にガラテアさん(マイミク)から電話が掛かってきた。
酔っ払っててちょっと怪しい対応だったかも。
ガラテアさん、すみませんでした。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

重いメール
1月25日(日)、午前中ソフトボール。

この時期のタイは涼しくて、さわやかだ。
スポーツ日和だね。
しばらくこの気候続いてくれんかな?

午後、レックちゃんとジン君と3人でMBK(ショッピングセンター)へ。
最近また携帯電話の調子が悪いので修理しに。
ボタンが利かなくなることが度々起こるのだ。

600バーツ(約1800円)払ってだいぶ良くなったが、
まだ完全に直っていない。
どうも携帯の中に水が入っていたらしい。
シロウは汗かきなので、外を歩きながら携帯使うと
汗まみれになることがある。
しかもタイは突然の豪雨が多い。
水気に弱い携帯にとってはよくない環境である。
なにかいい方法はないものか?

夜、以前の職場の人たちとその彼女やらジン君など
6人で屋台で飯食いながら飲み。

その時にミントちゃんからメールが。
「If there r 1,000 steps between U & me.
When U r sad & lonely,
U can walk just 1 step to go near me
and I will walk 999 steps to stay beside U.」

重い、重すぎる。。。

飲み会の途中に「う~ん、困ったな」と考えてると
ジン君が「なに携帯見つめて固まってるんですか?」と
聞いてきた。

シロウ「いや、こういうメールが来たんだけど。。。」
と言って携帯をジン君に渡した。

ジン君「いや~、この子本気ですね~。
    どこのおねえちゃんですか?」

シロウ「会社の子。。。」

ジン君「え~!? 社内の女の子に
    手を出しちゃったんですか!?」

一休「え?なになに!?今度は社内ですか!?」

ジン君が大きい声で騒ぐもんだから、
今度は一休が食いついてきた。

シロウ「もうこの子会社辞めたから、正確には社外だよ。」

ジン君「一休、このメール見てよ。」
そう言ってシロウの携帯を一休に渡すジン君。

シロウ「おい、こら、勝手に人の携帯渡すな。」

一休「ん?どれどれ?」

メールを読む一休。

一休「ラブラブですね~。」

ヤマちゃん「え?何て書いてあんの?」

一休「え~っと、『999歩はそれぞれ別の道を歩くけど
   最後の一歩は2人で一緒に踏みしめたい』って書いてあるよ。」

ガクッ、和訳間違えすぎなんだけど。

シロウ「そんなこと書いてね~よ。」

ジン君「ひどい英語力だな一休、
    よくそんなんで海外で働いてるな。」

一休「え?間違ってる?」

ジン君「間違えすぎ。『あなたと私が1000歩離れていたとして、
    あなたが寂しいときや悲しんでる時に、
    私の方に1歩だけ近づいてくれたなら
    私は999歩あなたの方に歩いて行くわ。』だよ。
    もっと英語勉強した方がいいよ。」

ジン君に呆れたように言われる一休。

それにしてもミントちゃん本気なんだろうか?
31日会う予定だから、その時にいろいろ話せば分かるかな。

次回の日記は一休の話でも書こう。  
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイの友達紹介
今日は一休の紹介。

一休は以前シロウと同じアパートだった。
シロウよりも4ヶ月ほど早くタイに来ていた。

彼女のイェンちゃんと半同棲生活をしていたのだが、
イェンちゃんと一休はよくケンカしており、
下の部屋や両隣からクレームが度々来ていた。
イェンちゃんと別れたのを機に一休は
近くの他のアパートに引っ越した。
アパートの管理人と険悪な関係だったからね。

↓カップうどんが原因でイェンちゃんと別れた一休の話
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-99.html

その後、一休はゴーゴーに勤めるジェーンちゃんと
付き合っていた。
一休はジェーンちゃんがゴーゴーから足を洗うのを願ってたし
ジェーンちゃんもそのつもりだった。

そこでジン君登場。

ジン君「セブンイレブンの店員をするってのはどう?」

同意するジェーンちゃんと一休。

そしてジン君はセブンイレブンのマネージャーをしている
セブンちゃんに圧力をかけた。

「もし一休の彼女を雇ってくれないなら
 お前とはもう口きかない。」

しかし、この後一休はなんとジェーンちゃんと
別れてしまったのである。
ジン君とセブンちゃんの間にしこりを残しただけで
終わってしまった。

※ちなみに今も尚、ジェーンちゃんはゴーゴーで働いている。

一休は一時期シロウの下で働いていたこともある。
一休が転職してシロウの会社に入社してきて
シロウが彼の指導員だった。

友達とはいえ、厳しく叱ったこともあった。

↓その時の日記
http://thaiikukaikei.blog20.fc2.com/blog-entry-210.html

シロウが別の支店に転勤したので
今は一緒には働いていない。

とにかく酒癖が悪いので今後何か問題を起こさないか
不安である。
普段はいい人なのだが、一緒に酒はあまり飲みたくない。

前回の日記でも書いたとおり英語は全くダメで
タイ語もいつまで経っても上達しない一休。

今後もシロウの日記に度々登場しますので
一休をよろしくお願いします。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

社内の雰囲気
時は流れ西暦21XX年、じゃなかった、2009年1月26日(月)。
最近ずっと隣の席の日本人のおばちゃん(フミさん)と険悪なムード。

口を開けば嫌味とか悪口しか言わないので、
こっちからもあえて話しかけないことにしていた。
いるんですねぇ、こういう人。。。

たとえば、、、

フミさん「あの子。意地悪そうな顔してるよねぇ。
     歳とるとどうしても性格が顔に出ちゃうのよね。」

シロウ「あんたもな。」

とは言えるはずもなく、

シロウ「そうですね。」
と適当に相槌を打つ。

しかもこの人の口癖は「バージンジン」である。
タイ語で「まじでバカ」という意味なのだが
いつもでかい声で言っている。
周りのタイ人は「またフミさんが騒いでるよ」くらいにしか
思ってないのか全く反応しないが、いい気持ちはしないだろう。

シロウが避けてるのを感づいたらしく、
最近はフミさんもあまり話しかけて来なくなったが
あきらかにイライラしてるのが伝わってくる。
いわゆる冷戦状態ですね。
そういうのが数日続いて、今日ついに
朝から晩まで隣に机を並べていながら
1日中、一言も口をきかなかった。

それに比べてタイ人女子社員のやさしいこと。
癒されます。

フミさんとは、これからもずっと同じチームで
働いていかなければならないのだが、
このお局さんとうまくやっていけるのだろうか?
自信ないな~。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

食中毒で欠勤
1月 30日(金)、日本からの出張者4人と食事。

首相時代、小泉元首相も来店したというソンブーンへ。
シロウも初めての店だ。

旅行者向けに辛さが控えめになっていた。
もちろん値段も旅行者向け。
まあ、会社のお金なので懐は痛まないけど。

男だけならカラオケとかゴーゴーへの2次会もあっただろうけど、
女性も1人いたので食後解散。

アパートについてインターネットをしていたら
ミントちゃんから電話が来た。

ミント「明日急用で会えなくなったよ。ごめんね。」
とのこと。

正直ホッとした。

しかし、次の週末はしっかり押さえられたので
問題が先送りになっただけなんだけど。

2月1日(日)、午前中ソフトボールで汗を流す。

その後、チームメートと昼食へ。
行きつけの中華料理屋だ。

まさかこの食事が後にひどいことになるとは。。。

夕食はレックちゃんと。
体がだるく食欲が全くない。
いっぱい残してしまった。

レック「どうしたの?体調悪いの?」

シロウ「いや、午前中ソフトボールした時は全然問題無かったよ。
   急になんか体がだるくなってきた。」

レック「そう、疲れてるのかもね。部屋で休みましょ。」

アパートに帰った瞬間、急に便意をもよおした。

ひどい下痢。

これは何かがあたったに違いない。
時間からして昼飯の中華料理だろう。

さっそくソフトボールのメンバー何人かに連絡を取って
様子を聞いてみた。

シロウ「お腹大丈夫?」

チームメイト「大丈夫だけど、なんで?」

シロウ「昼の中華があたったみたいなんだけど。」

チームメイト「まじで?もし調子悪くなったら連絡するよ。
       早く病院行った方がいいよ。」

皆大丈夫みたい。

エビチリのエビがシロウのだけ腐ってたとか?

この後、1時間おきにトイレに駆け込むことになってしまった。

こういう時はへたに下痢止め薬を飲むより
どんどん出しちゃった方がいい。
脱水症状だけは注意しなきゃいけないので
大量のゲータレードを買ってきた。

結局朝までトイレに1時間おきに行く状態が続き、
会社は休むことにした。

レックちゃんは「仕事終わったらお見舞いにくるからね。」と言って
朝帰って行った。

昼頃にようやく下痢が止まった。

夜レックちゃんが来たときには
すでに治ってたので、お粥を一緒に食べた。

タイに来て一番ひどい食あたりだった。
屋台ではあたったことないのに
きちんとした中華料理のレストランであたるなんて。

一休とかジン君みたいに入院しなくてすんだので
まだたいしたことなくて不幸中の幸いだった。

(日本もこれから梅雨でジメジメの季節ですね。
 皆様もお気をつけて。        シロウ)

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

乞食
いくらタイとはいえ、
ちょっと驚いたことがあった。

2月5日 (木)、いつものようにジン君と
アパートの近くの行きつけの屋台で飯を食べていた。
この屋台は夫婦2人でやっていて、
安くて美味しいのでよく行くようになった店だ。
いつも通ってるのでこの夫婦とも仲良くなった。

乞食がフラフラと我々に向かって歩いてきた。
女性で服はボロボロで裸足である。
目は虚ろで、時々ブツブツ意味不明な言葉を発している。
30代半ば位だろうか、顔立ちは悪くない。
薬のやりすぎかなにかで頭がおかしくなったのだろう。

その乞食の女性、我々のテーブルの上のコップを
いきなりとりあげた。
え?なんだなんだ?と思っていたら、
勝手に店の業務用クーラーボックスを開け
中の氷水を飲みだした。

屋台の夫婦は特に何も言わない。
でも、ちらちら見ているので
気にはなっているようだ。
そして2杯飲み終わると、何事も無かったように
フラフラとまたどこかへ歩いて行った。

皆で顔を見合わせて爆笑。

シロウ「え?今の何?知り合い?」

夫婦に聞いてみた。

夫婦「いや、初めて見た。」

勝手に店の水を飲む乞食もあれだが
この夫婦も何も言わないところがすごい。

※タイは乞食が多い。小銭をあげるタイ人が多いので
 結構いい稼ぎになるらしい。

2月8日(日)、ミントちゃんとデート。
以前に電話で約束させられてたので
しょうがなく行くことに。

地下鉄駅で待ち合わせ、夕食に。
「ムーガタが食べたい」というので
ムーガタのお店に行くことにした。
食べ放題89バーツ(250円位)なので安上がりだ。

↓ムーガタ
IMGP1443.jpg

1時間半程食事をした。
その間、ミントちゃんしゃべりっぱなし。
ほんとにこの子はよくしゃべる。
聞いてるだけで完全に疲れ果てたので帰ることに。

しかし、「シロウさんのアパートに行きたい」
と言い出すミントちゃん。

シロウ「部屋散らかってるんでまた今度ね。」

と言って逃げ切ろうとするが、

ミント「男の1人暮らしだから散らかっててあたりまえでしょ?
    問題ないよ。」

粘るミントちゃん。

シロウ「でも女性1人で来たら身の安全は保障しないよ。」

ミント「シロウさんはそういうことしないでしょ?」

なおも粘るミントちゃん。

レックちゃんに浮気が2度ばれてるので
女性を部屋に入れるのは避けたい。
何もしなかったとしても
どこに痕跡が残るか分からないし。

シロウ「いや、危ないから今日は帰ったほうがいいよ。
   酔ってるし。」

「また今度ね。」と言って強引に帰ろうとするが。。。

続く。。。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

粘り負け
前回の続き。。。

「シロウさんの部屋に行きたい」と駄々をこねる
ミントちゃん。

何とか逃げ切ろうとするもなおも粘るミントちゃん。
結局根負けしてしまった。

「レックちゃんと髪の色も長さも同じくらいだし
 気をつければ痕跡は残らないだろう」と
なんとか自分を納得させた。

こういう懐飛び込み型の女性は過去の経験から
かなり危険なのだが。。。

シロウのアパートへ。

ミント「部屋、思ったより片付いてるじゃん。」

そりゃレックちゃんがたまに掃除してくれるからね。

珍しそうに日本の本をパラパラ見たり
グローブを手にはめたりしている。

食事の時に散々話しまくってたのに
部屋でも一方的に話し続けるミントちゃん。
マジで疲れるんだけど~。

「いつ帰るんだろう?」と思い、
「そろそろ電車なくなるから帰った方がいいよ」と
言ってみた。

ところが、、、

ミント「え?今日は帰らないよ?」

シロウ「ダメ、ダメ。泊まったら襲うよ。」

ミント「シロウさんはそんなことしないでしょ?
    信じてるから。」

部屋に来る前と同じような不毛なやりとりが続く。

またも根負け。

ミント「シャワー借りるね。」

シャワー後、バスタオルを体に巻きつけただけの
格好で出てくるミントちゃん。

全く興味がない女の子でも、この格好を見せられると
つい下半身が元気になってしまう。
入れ替わるようにシロウもシャワーを浴びる。

シャワーを浴びながら
「ミントちゃんいったいどういうつもりなんだろう?
計算なのか?それともほんとに無警戒なんだろうか?」と考えていた。

シャワーから出るとミントちゃん、アイロンを掛けていた。
やっぱりタイの女の子だね~。

↓アイロンを掛けるミントちゃん
IMGP1455.jpg

ミント「この服借りてもいい?」

シャワールームで大き目のTシャツに着替えて来た。
ミントちゃんは身長が150位しかないので
ひざ上まで隠れるのだが、Tシャツ1枚しか着けてない。
エ、エロすぎる。

んで、就寝。
大人二人でも十分な広さがあるベッドなので
体に触れることはない。
シロウはなるべくベッドの端に寄って寝た。
う~ん、横に女の子が寝てると落ちつかない。
でも疲れのせいかウトウトしてきた。

続く。。。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

寸止め
前回の続き。。。

疲れてウトウトしてたら
背中に人の気配を感じて目が覚めた。

そしてミントちゃんが後ろから抱きついて来た。
胸の感触が。。。
もう我慢できない。
振り返って彼女を抱きしめて・・・(以下自粛)・・・

さて、そろそろというときに

ミントちゃん「ダメ。これ以上はダメ。」

まさかの寸止め。
大洪水なのに、なぜ?
もう一度せまってみたが、やはり「ダメ」とのこと。

結局あきらめ、悶々としながら3時位まで寝付けなかった。

翌日(2月9日祝日)、お昼近く11時に起きた。

「日本人の友達が同じアパートにいる」っていう話をしてたら
ミントちゃんが「会ってみたい」と言い出したので
ジン君の部屋へミントちゃんを連れて行った。

ジン君「なんかコギャルみたいですね~。」

色黒で茶髪だから?

ミントちゃんのジン君の感想は、「なんか遊び人っぽい。」
なかなか人を見る目があるじゃない。

ミントちゃんと昼食へ。

昨日の夜のことは何もなかったように
普段どおり一方的に話しまくるミントちゃん。
しっかり週末のバレンタインデーに会う約束をさせられてから
ミントちゃんは帰って行った。

気持ちが無いのにこのままずるずる会うってのは
良くないよな~。
ミントちゃんもそれは分かってると思うんだけど。。。
はっきり「興味ない」って言うべきかな?

夕方、フジさんから電話があって食事に行くことに。

焼肉を食べてから、プールバーへ。
1ゲーム100バーツ(約300円)を賭けて、5ゲーム勝負した。
1勝4敗300バーツ(約900円)の負け。完敗。

プールバーの後はゴーゴーへ。
踊る女の子達を見ながら1杯だけ飲んで解散した。

アパートに帰って、証拠隠滅作業。
ミントちゃんの髪の毛が落ちてないか
ベッドや床を念入りにチェック。
ピアスが落ちてないか、
忘れ物はないか等々部屋の隅々を見て回る。

長い髪を拾いながら、「オレなにしてんだろう?」と思うと
少し情けない気持ちになった。

そろそろ寝ようと思い、おやすみコールをレックちゃんにしたら
レックちゃんが「会いたい」と。

シロウ「え?これから?」

レック「遅いしやっぱり大丈夫。ごめんね。」

レックちゃんは遠慮したが、結局行くことにした。

レックちゃんのアパートの方が会社に近いので
スーツを持っていくことに。

明日の朝はレックちゃんの家から出社だな。

昨晩ミントちゃんを泊めてしまった罪悪感を感じながら
レックちゃんを抱いて寝た。

ハードな1日でした。
テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報