タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



タイ人マネージャー解雇
前回のボイコットからのつづき。

ボイコットされた日はバンコク支店からヘルプ要員送ったり、
取引先から人を借りてなんとか客に迷惑掛けずにしのぐことはできた。

技術部門と営業のタイ人全員が集団病欠という
ボイコットを重く見た会社側は、
首謀者であろう技術マネージャーを解雇する方向に動き出した。

病欠についてはタイ人が「偶然同じ日だった」と言い張れば
証拠がないので、発覚した副業を理由に解雇する方針となった。

弁護士に相談し、証拠集め。
副業している自分の会社の
お客名やサービス内容やら自分の顔写真など
フェイスブックにアップしていた。
アホすぎやろ~。

ということで証拠集めは簡単だった。

弁護士からのアドバイスもあり、
「解雇にした場合、裁判になる可能性がある。
 それでもほぼ勝てるが、いろいろ面倒なので
 自主退職という方向にもっていきたい」とのこと。

タイ人連中に気付かれぬよう、着々と水面下で準備は進む。

そしてXデー。

弁護士に会社に来てもらい、
マネージャーと話し合い。
結果、1ヶ月後の自主退職となった。
ただし、職場に出てくるのはこの日まで。

他の一斉ボイコットしたメンバーには
社長が個別面談。
「マネージャーは解雇になるだろうが、
 お前はどうする? 続けてもいいし辞めてもいい」という
スタンス。
結局は全員が続けることとなった。

残念だったのは、誰一人として
「お客に迷惑掛かるからこういうことするのは
 やめよう」と考えていなかったこと。
タイ人と一緒に働くと問題ばかりで嫌になるよ。


この記事に対するコメント

どうも~。ご無沙汰です。
タイ変でしたね~。
日本ならあり得ないです。

ところで、シロウさんは、将来、日本に戻って仕事をされるご意向はないのでしょうか?

【2017/06/11 22:05】 URL | YO #- [ 編集]


YOさん、どうもご無沙汰です。

もうタイ変でしたよ~。

将来、日本で働いてる可能性はもちろんありますよ。
今のところ具体的に考えてるわけじゃないけど。

【2017/06/12 23:00】 URL | シロウ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック