タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ9年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近見かけた怪しい話
以前から宗教やマルチ商法など、
何度も勧誘を受けたことがあったけど、
最近もなぜかいろいろな怪しい情報が送られてきます。

ほとんどは「こんなのに引っかかるやついるのかよ?」という
ネタとして情報提供してくれる人たちですが、
中には本気で勧誘してくる人もいます。

勧誘に対しては、面倒くさいので
「東芝株でやられちゃってさ~、全然資金がないんだよね~、
 まずは俺に融資してくれん?」と言うと、だいたいおとなしくなります。(笑)

※実際は東芝株の取引きしたことはないです

最近シロウの元に来た怪しいネタを下に書いていこう。

1.カンボジアへの不動産投資
  知り合いから「カンボジアの不動産視察ツアーがあるんで行こうよ。
  数年で数倍は確実だってよ。」と誘われた。
  聞いたこともない不動産会社で怪しすぎ。
  もちろん「東芝が~」とお断り。
  そもそもシロウは不動産投資はやらない。
  なんだかんだ手間掛かるし、すぐに現金化できないし
  保険は使えるんだろうけど天災とか火事とか起きたら面倒だし。
  カンボジア投資ってタイに住んでる日本人向けなのかな?
  それとも日本でも流行ってるの?
  https://media.tousee.jp/knowledge/real-estate-investment-fraud-2/
  ↑参考情報。お気をつけください。

  もし、不動産投資をやるとしたら(やらないけど)、
  信用できる業者選びが一番大事で、さらに自分でケツ拭けるかどうか
  ポイントだろうね。借り手がいない場合、最悪自分でそこに住むとか。

2.男性募集!!(お金持ちの美熟女の簡単なサポート)  
 sagi2.jpg
  ↑知人がネタとして送ってくれた募集広告
  
  これはもうおそらく20年くらい前からある詐欺で、まだやってんの?って感じ。
  流れとしてはこんな感じ↓
  入会金を払って登録(数万円くらい?)→女性を紹介される(詐欺師の雇ったサクラ)
  →女性をエスコート→そこで問題が起きて女性激怒→大事な客なのになんてことしてくれたんだゴルァ!?
  →怖い人出てきて賠償金請求。(数十万円くらい?)もちろん払い済みの入会金は返って来ず。
  というのが典型的パターン。
 
3.仮想通貨
  「今働いてる会社で新しく仮想通貨を立ち上げたので投資してチョンマゲ」だと。
  ICO案件だ。(仮想通貨を発行して資金を調達すること。株で言うところの新規上場みたいなもの)
  
  sagi1.png

  ↑本気で人にお願いするのならラインはちょっと。。。
   ばらまいてるってのがバレバレだぜ!
  
  実に怪しいぜ~。株は新規上場するにあたって厳しい審査があるんだけど、
  仮想通貨はやろうと思えば誰でもICOできるらしい。なんじゃそりゃ!?
  何の保証もないものには投資できません。
  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9412.php
  ↑参考情報。お気をつけください。

4.「〇〇」へ投資
  共通の知人がここを見てる可能性が高いのであえて伏字にさせてもらいます。
  以前から何度も勧誘受けてて、もちろん「東芝が~」とか
  「興味ないっすね~」とか言ってたんだけどなかなか粘り強く勧誘してくる。

1月26日に起きた580億円分の仮想通貨(NEM)盗難事件の翌朝にも
さっそく電話がきた!!

シロウはまだ寝ていた。

タキさん「シロウくん、おはよ。 NEM(ネム)は大丈夫だった?」

シロウ「あー、おはようございます。タキさんもEVO 見てるんですか?」むにゃむにゃ

※この時、ちょうどEVO JAPANという e スポーツのイベントが行われていて、
 てっきりそれに出場している日本人プロゲーマーNEMO(ネモ)選手のことと勘違い。

タキさん「なんだよ、そのEVOって? 仮想通貨だよ、NEM(ネム)だよ、ニュース見てないの?」

シロウ「あー、知ってますよ、盗難事件でしょ?」

タキさん「シロウくんは大丈夫だった?」

シロウ「仮想通貨には投資してないんで大丈夫でした」

タキさん「あっ、そうなの? なっ、俺が前から言ってたとおりになっただろ!?
      仮想通貨はやばいって。 あんな実態がないものに投資なんてできないよな?
      金融庁の認可受けてないモグリの業者で取引とかやばすぎるだろ。
      あれおそらく自作自演やぞ。
      それに比べて〇〇は国がバックについてるから信用度が違うよ。」

いや、〇〇も相当怪しいと思うぞ。(笑)
いつもは「興味ないっすね~」とか「東芝が~」とか言ってたのだが
なぜかこの時はちょっとからかってみたいと思って
話を続けることに。

シロウ「そうですね~、タキさんの言ったとおりですね。的中おめ、です。」

タキさん「〇〇は今年に入ってからすでに5倍位になってるけど、
      まだまだこれからだし。数年内に数百倍は確実だからな!」

シロウ「すごいっすね。ちょっと前向きに検討してみます。」

タキさん「もし投資するとしたらいくらくらい?」

シロウ「いけると確信したら、1本くらい勝負しますよ。」

タキさん「100万円?」

シロウ「いえ、1億です。」

タキさん「そんなに買ったら、数年後には小さい国の国家予算くらいに
      なってるぜ! ってか、以前東芝でやられたって言ってたのに
      まだそんなにあるの!?」(メッチャ興奮しながら)

シロウ「あー、そうでした。東芝でやられたんでした。じゃ、1万円で検討してみます。」

タキさん「まあ、1万でも数年で高級車1台分は確実だからな。」

これたぶん、タキさんはシロウをだまそうとしてるわけじゃなくて、
本気で〇〇を信用してるっぽい。
「情弱のシロウにいい情報おしえてあげよう!」という親切心か?
昔のアイドルとかがゲストの怪しいセミナーとかに参加してるみたいだし、
洗脳されちゃったんだろうね。

20代頃のシロウだったら、「タキさんの洗脳を解かなきゃ!!」と頑張ったはずだが、
最近は傍観することにしてる。
〇〇が万が一、数百倍になった時、
「シロウくんが止めろっていうからチャンス逃しちゃったじゃんか!」と恨まれてもやだし。
まあ、仮想通貨みたいにブームになって、投資をしたこともないカモが
次から次にネギしょってくるようになれば、
もしかしたら本当に数百倍になるかもしれんしね。
ブームの絶頂でうまく逃げられるかどうかはタキさんの洗脳度合によると思うが。
一番儲かるのは間違いなく胴元であり、タイミングをみてとんずらするんだろうけどね。
典型的なポンジ・スキームだろう。(↓参考)
http://okanedai.com/blog/sagi-ponzi/

しかし、よく分からないのは、タキさんがこんな怪しい話にハマったきっかけ。
地元では結構名家のおぼっちゃんであり、お金には不自由してないどころか
むしろお金持ちなんだが。
基本、「金持ち喧嘩せず」の法則で、ハイリスクの投資はやらないはずなんだけどな~。
やるとしてもせいぜい小遣い程度だろう。
貧乏人が一攫千金を狙って投機に手を出すのは分かるけどね。
タキさんの行動は全くもって意味不明

投資(投機)はあくまでも自己責任です。
先日の仮想通貨盗難事件も取引所の責任はもちろん大きいけど、
それを選んだ人にも責任はあるということ。
ほかの人に勧められてもまず自分でよく調べて考えないと。
それを理解してないと、失敗する人は何度でも失敗する。

「次こそはうまくいく!」ってそんなにあまくねーから。      

悪い奴はいっぱいいるからシロウも騙されないように気を付けないと。
タイ人おねえちゃんとか。
シロウの知り合いにも車3台やられてる人いるしね。タイ人怖い。

eスポーツへの投資について
(藤井棋士、中学生史上初の五段昇進おめでとう!
 2月17日には羽生竜王対と藤井五段が直接対決!!
 将棋界もますます盛り上がることでしょう。)

さて、本文いきます。
前回の日記で『この分野を応援する目的で e スポーツ関連株を買うことにした』
と書いた。

まずは、シロウの投資の方針について
一番重要なことは、「実生活に影響しないこと」

これはどういうことかというと、
「当面使う予定のないお金を投入する」ということと、
日々値動きを確認しなきゃいけないような、
「貴重な時間をとられる投資はしない」ということ。

上記を守っていれば、日々の値動きが気になって一喜一憂するような
精神衛生上良くない状態
にはならないですむ。
実際、今投資しているところは全て10年後20年後を見ての投資先なので、
値動きも1年に1回くらいしか見てない。

それに短期予想より長期予想の方が簡単、ということもある。

例えば、自動車関連でいえば、短期で投資するとなると
ほとんどギャンブルになってしまうが、
20年後は電気自動車が一般的になっているだろうことは予想がつく。
そういう観点で銘柄を絞っていけばいい。

さて、今回の e スポーツ分野の長期予想だが、
今より市場が拡大していることは、ほぼ確実。
まだ駆け出しの段階なので、応援する意味もこめて
今のうちに投資をしておこう、ということになる。

シロウは「よく分からないから分散投資」というのは基本的にやらないので、
投資先は3銘柄ほどにしたいと思い、銘柄の絞り込みを行った。
んで、今回はどうやって絞ったかを紹介したい。

①まずは eスポーツに関連してそうな企業を探す
  ゲーム大会のホームページをチェックしてスポンサーになっている会社や
  ゲーム用機器、ソフトなど少しでも関連してそうな会社を
  とりあえずは、なんでもかんでもピックアップ。
  カプコン、バンダイ、サイバーエージャント、NTTドコモなど
  大企業も引っかかってくるが、もうすでに規模が大きいと、
  今後株価が十倍とかになる可能性が少なく、あまり夢がないので
  ピックアップはしない。
  この時点で60社ほど。

②60社の中から上場している会社のみピックアップ。
  上場してない会社の中にもかなり面白そうな会社がいくつかあり、
  今後上場したら投資先として検討したい。
  この時点で残ったのは20社ほど。
 
  ここまでは単なる作業なので簡単。

③20社の過去5年分ほどの決算内容のチェック。
 決算内容があまり良くないところは20年後どころか
 数年で消えてしまうかもしれないので除外。
 少々頭を使うが、チェックポイントは数か所だけなので
 それほど時間は掛からない。
 この時点で16社(海外6銘柄 日本株10銘柄)が残った。
 
リスクのチェック。
 悪い評判や経営リスクの材料となりそうなものはないか
 グーグルで企業名を検索。

 ↓例えばこういう情報などが出てきたら、とりあえず除外しておく。 
【東マ 6670】村上ファンド、ライブドア人脈の生き残り MCJの行く末
↑すでに記事は削除されておりキャッシュのみ

  MCJはゲーミングPCで売り上げを伸ばしており、面白そうだったけど除外。
  この時点で10社(海外5銘柄 日本株5銘柄)

企業ホームページをチェック。
  更新があまりされていないなど、やる気が感じられない企業は除外。
  それでも絞り切れないので、最後はで。
  
  その結果残ったのは、、、
  1.Logitech International(スイスの会社)
     eスポーツ選手をスポンサードするなど、この分野に積極的に
    投資していこうとする姿勢に好感。
    今後伸びていくであろうVR(バーチャルリアリティ)分野にも期待。
    (投資しようと思ったら日本の証券会社で取り扱いしてないことが判明。
     一番買いたかった株なのに、まじかよ!!)
  2.NVIDIA (米国)
    eスポーツ選手をスポンサードするなど、この分野に積極的に
    投資していこうとする姿勢に好感。
    今後伸びていくであろうAI(人工知能)分野にも期待。
  3. カヤック(マザーズ3904)
    https://www.kayac.com/
    オンラインゲームやネット広告作成、ゲームコミュニティの運営など。
    ホームページがふざけすぎ。
    なんか、普通の会社じゃないところに期待。
    今後伸びていくであろうVR(バーチャルリアリティ)にも注力。
  4.ヒビノ(JASDAQ2469)
    http://www.hibino.co.jp/
    イベント用映像・音響サービスの会社。
    今後、 e スポーツのイベントが増えていくので、
    それに合わせて地味だけど堅実に成長していくだろう、ということで。
  5.SHIFT(マザーズ3697)
    http://www.shiftinc.jp/
    ソフトウェアのテストが主業務。
    ゲームなどソフトウェア制作会社は当たれば大きいけど、
    はずれることも多い。
    この会社は、そういうのに左右されないので安定して伸びていくと思われる。
  6. イー・ガーディアン(東証1部)
    https://www.e-guardian.co.jp/
    ネットセキュリティやゲームサポートなどが主業務。
    社内に e スポーツ部を発足させ、業務にも活かしていく動きあり。

さて、銘柄の絞り込みが終わったら(ってあんまり絞り込めてないけど)、
投資時期をどうするか考えないと。
市場全体が冷え込んだ時に投資するのがいいだろうね。別に焦って買う必要もないし。
まずは証券口座に資金を移さないといけないのだが、
セキュリティが厳しく銀行口座の振込金額の上限が1日いくらまで、と決められてて
毎日せこせこと上限金額での振込処理中。めんどくせー。
振込手数料は掛からないからまだ我慢してるけど。
それと、ロジテックの株、日本の証券会社も取り扱いしてくれないかなー。
一番買いたかったのに。。。
上記ロジテックを除く5銘柄のうち、様子を見ながら順次買い付けしていきます。

上の日記は投資の勧めではないです。 が、eスポーツ観戦はお勧めです!!
分かってはいると思うけど、投資は自己責任です。

と、この日記を書いているところで、
ビッグニュースが!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000007-famitsu-game
↑きたよ~!!
 シロウが一番懸念していた賞金の少なさが
 プロ化で規制がなくなる
と。 

【記事抜粋】
今回プロライセンス制度が生まれた背景には、“景品表示法などにより、
日本では高額の賞金付き大会を開催できない”という状況があった。
しかし、大会参加者が“ゲームを生業とするプロ”であれば、
景品表示法は当てはまらず、参加者が賞金を手にすることができ、
選手にとってよりよい環境が整う、というのがJeSUの目指す未来だ。


eスポーツ
(いよいよ、1月26日から3日間「EVO Japan 2018」が開催されます!!
 日本にいたら絶対観に行ったんだけどね。予選は入場無料で
 決勝はS席8,000円。
 賞金はたったの総額500万円だって。 
 この10倍は出さないとねー。日本は規制が厳しいんだと。
 https://evo-japan.net/
 ↑EVO Japan詳しくはこちら)

さて、上記に関係している本文いきます。

最近、シロウのマイブーム(死語)はeスポーツ観戦だ。
eスポーツとはエロクトロニック・スポーツのことで
簡単に言うとコンピューターゲームのこと。

eスポーツの世界大会は頻繁に行われており、
賞金総額が億単位の高額な大会もある。
ただ、残念なことに日本国内では景品表示法等の規制で
高額な大会は行えないようだ。
eスポーツの世界では、日本は中国・韓国に完全に後れを取っており
なんとかならないものか。
世界的にはeスポーツをオリンピックの種目にという動きもある。
日本も規制撤廃など対応を強く望む。

シロウが特に興味を持っているのが、
カプコン社の「ストリートファイター」という格闘ゲーム。
大学生の頃、しょっちゅう麻雀をやっていたのだが、
メンツが余って抜け番の時に、ストリートファイター2(通称スト2)を
友達相手、もしくはコンピュータ相手に遊んでいた。

社会人になってからは遊ぶことはほとんどなくなったが、
梅原大吾という「格闘ゲームの神」と呼ばれた人については
興味を持っており、時々YouTubeなどで大会の観戦はしていた。

2017の7月に「ときど」という東大出身の日本人プロゲーマー
ラスベガスで開催された「Evo2017」の『ストリートファイターV』部門で、
見事チャンピオンに輝いたのをきっかけに、最近頻繁に動画を見ている。

しかし、現在46歳で四捨五入して50歳になるというのに
ゲーム動画を見て喜んでるってのは、ちょっと自分でも驚きである。
大学生の頃からあまり進歩してないってことか?

シロウは今後もeスポーツを観戦し続けるだろうし、
この分野の発展と認知度向上を応援したい。
とりあえず応援の意味でこの分野の株を買ってみようと思う。
10年後に今の数倍くらいになってればうれしいね。

【20年後のeスポーツ状況】(シロウの勝手な予想)
1.全国の主要都市に数千人を収容できる規模の専用スタジアムがあり、
  連日プロeスポーツプレイヤーの試合が行われる。
2.その試合の様子はインターネットテレビで配信され、
  大きい大会では視聴率10%以上。
3.各高校にeスポーツ部があり、eスポーツ甲子園のような大会も行われる。
4.オリンピックでは日本人がeスポーツで金メダル獲得。
5.年収1億円以上のeスポーツプレイヤーが日本国内だけでも50人以上。
  ちなみに現在プロゲーマーで年間1億以上稼いでる人は
  世界中で数人しかいないらしい。
(参考:2017年のプロ野球選手の年棒1億円以上は日本人約80名)
6.小学生の将来なりたい職業ランキングのトップにeスポーツプレイヤー。
  ちなみに2016年のランキングでは、
  1位サッカー選手、2位野球選手、3位医師、4位ゲーム制作、5位建築士
  すでに4位にその兆しが見えてます。
  本当は野球選手が1位であって欲しいが、厳しいだろうね。


https://www.youtube.com/watch?v=MF8wpwMknic
↑世界大会Evo2017、日本のときど選手の優勝動画。
 感動もの。


https://www.youtube.com/watch?v=fS4SKgzKawI
↑プロゲーマー梅原が大学で講演。
 いいこと話してます。




一時帰国2017(その2)
(明けましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いします。
 ところで平成何年? 海外に長くいると調べないと分からないという。。。)

それでは日記いきます。

前回からの続き。。。

9月11日(月)三井アウトレット幕張で買い物。
今回の帰国時にどうしても買いたかったのが
メガネだ。
Zoffでメガネを作ることに。

最近老眼が進んで、メガネを外さないと
スマホの文字が読みにくい。
タイで作ったメガネを調べてもらうと、
必要以上に度がキツイとのことで、
度を弱めてもらうことに。
そうすれば、メガネをはずさなくても
スマホの文字は読めるだろう、と店員からのアドバイス。

完璧にフィットしたド近眼と乱視の薄型レンズを作るには
4日掛かるとのこと。
「一時帰国なので、4日も待てない」と伝えたところ、
「今ある在庫の中から一番フィットしたレンズで調整しましょうか」とのこと。
調整してもらったところ、問題無さそうだったので、
作ることに。

1時間も待たずあっという間にできた。
しかも会話の中で出た「一時帰国」という言葉を店員が覚えていて
免税処理もやってくれた。
日本で買い物するのはラクでイイネ。
帰り際に店員から「次回帰ってくる時は初日にお店に来てくださいね、
4日以上あれば選択肢が増えますので」と。
次回帰国時メガネ作る時は、初日に行こうっと。
メガネ代は2万円ちょっとだった。

買い物の後は、今回帰国の主目的である
運転免許の更新
へ。
案内の人もテキパキしてたし、
免許更新者も真っすぐに列を作ってて
たくさんの人がいたけど全く混乱せず
あらためて日本ってすごいなあ、と感心。
タイだと毎日大騒ぎで大混乱になってるだろうな。

さっき作ってもらったばかりのメガネで視力検査したが、
全く問題なくOK。
ゴールド免許なのですんなり終了。

19時30分から高校のミニ同窓会
錦糸町の九州自慢というお店。
お土産が入ったでかいバッグ持って
繁華街をキョロキョロ歩いてると、
呼び込みがすぐ群がってきて人気者に。

月曜日なので皆さん仕事後だったが、
1名を除いて定刻前に集合。すごい。
まさかの飛び入り参加者がいたのでお土産足りず。
幹事のトモザワのお土産の一部を渡すことに。

昔の思い出話や近況報告など楽しかった。
「実は俺、ゲイなんだ」と一人が爆弾告白して盛り上がった。

「高校時代は同級生ではなく、野球部の監督がお気に入りだった」とのこと。
日本もこういうことがカミングアウトできるように
なってきたんだろうか。
タイではゲイやらカマやらトムやら
ウジャウジャいるのでカミングアウトしても
「ふーん、それで?」で終わりそうなネタだけど。


9月12日(火)イオンモール幕張で買い物。
タイのショッピングモールもかなりでかいが、
それをしのぐ広さ。

その後は会社の元同僚たちとマリンスタジアムで野球観戦
千葉ロッテ対オリックス。
千葉ロッテは今年最下位だが、球場につくと
やっぱわくわくするなー。
マリン名物の強風のため、打ち上げ花火は中止になったが
今シーズン1番いいゲームじゃないかというシーソーゲームの末、
千葉ロッテが勝利!!
盛り上がりました。

Zozo.jpg
↑球場の雰囲気がたまりません!!

9月13日(水)あっという間に楽しかった一時帰国は終わり
またタイへ。
現実に戻される~。

帰国時には知り合い以外にも、
お店の店員さんや代行サービスの運転手など
たくさんの人と触れ合ったが、サービスレベルが高く
不愉快な思いをすることはほとんど無かった。
日本では買い物やら飲食やら運転やら
何をするにしても快適だった。
気温も夕方以降は涼しく気持ちよかった。

母国はやっぱり最高でした。

今回使った費用は
日本側(買い物、飲食、交通費など):約110,000円
タイ側(航空券、空港駐車場代、お土産、リエントリービザ代など)
                 :約80,000円
合計約190,000円
予算200,000円だったのでなんとか収まった。


一時帰国2017(その1)
(今日は2017年の大晦日ですが、
 年末ってあまり感じません。
 2018年もよろしくお願いします。シロウ)

それでは過去日記いきます。(約半年遅れ)

9月7日(木)深夜便で日本に一時帰国

今回も高校同級生、日本時代勤めていた会社の元同僚、
草野球のチームメート、家族に会うため
お土産は30人以上分となり、荷物重い。
一人分はたいした量ではないんだが。。。

深夜便は時間を有効に使えるが、
身体的にきつい。
有給休暇がもっとあれば、余裕を持って帰れるのだが。


9月8日(金)の朝、成田空港の郵便局でポケットWiFiを受け取り
さっそくLineで実家や日本の友達連中に到着報告。

実家に向かう電車で乗り換えの時に
電車の中にパスポート、アパートと車の鍵が入ったカバンを
置き忘れてしまう失態。

寝てたので慌てて起きて電車を飛び降りたのがまずかった。

降りてすぐ気づいて、駅事務所へ。
担当の若い兄ちゃんが真摯に対応してくれて、
次の停車駅へ連絡してくれた。
しかし、駅員が車内捜索するも見つからず。

そして、また次の到着予定駅に事前に連絡してもらい
車内捜索してもらうのだが、
結局どこの駅でも見つからなかった。

忘れ物センターにもそれらしき物は届いてない、という。

駅員から「車内清掃などでひょっこり出てくることもあるので、
しばらくしてから忘れ物センターへ連絡してみてください」と。

1時間おきくらいに忘れ物センターへ連絡するが、
出てこず。
午前中に置き忘れたのに、夕方6時になっても出てこないってことは、
見つからないかもなー。
パスポート作り直さなきゃいけないかも、うわー。

夕方から元会社の同僚との飲み会へ。
場所は船橋のNIJUU-MARUというお店。

お店に入る前に一応忘れ物センターへ電話してみる。
職員「それっぽいのが届いてますね。お名前ご確認できますか?」

見つかった。良かったー。
横須賀駅に届いているとのことで、翌日受け取りに行くことに。

タイでは忘れ物や落し物はほとんど出てくることはないが、
日本人の民度の高さに感謝。

これで安心して飲めるぞー!!

19時~22時飲み放題。
事前に聞いてた人以外にも飛び入り参加の人もいて、
お土産を念のため多めに持って行っててよかった。
退社して10年経つのに集まってくれて本当にありがたい。
料理もおいしかった。

毎回何人かの方が、「来年はタイに遊びに行くから」と言ってくれるのだが、
元同僚で来てくれたのは10年間で5人だけ。(内1人は出張でタイへ)
ぜひ、来てくださいね。


9月9日(土)両親とアクアラインを通って横須賀へ。
忘れ物取りに行くついでにドライブしようと。
親父が運転。長距離ドライブも問題なさそう。
元気になってくれて本当に良かった。

夕方には弟のゴロウもわざわざ京都から帰って来てくれた。
夕食は家族4人で、近くの焼き肉屋へ。
日本の牛肉うめー。2万円くらい。割り勘で支払い。

その後、元草野球チームメンバー4人で
居酒屋へ。シロウは既に焼肉でお腹いっぱいで
全く食べられず。
その後スナックへ。
4人で3万2千円。

日本人のおねえちゃんたちとの話は楽しかったが、
お触りはもちろんダメなのでコスパは悪い。
ここは何と林君が4人分支払ってくれた。ありがとう。

小腹が空いたので屋台のラーメンへ。
酔っ払いの若者2グループが喧嘩しており、
警察車両数台が集まる大騒ぎに。やれやれ。
相変わらず、木更津ガラ悪い。


9月10日(日)草野球チームメートの林君が迎えに来てくれて
一緒にスポーツ用品など買い物した後、
監督のDenさん家へ。
昼から暗くなるまでバーベキュー。
日本の肉うめー。
ライバルチームの人や新しくチームに入ったばかりの
知らないメンバーも集まってくれた。ありがたい。
DSC_1070.jpg

その2へ続く。。。


クイーン・シリキット公園など
(2017年12月中旬からタイは寒いです。
 朝は20度切ってます。
 水シャワーしかないタイ人は大変だろうなー)

さて、過去日記いきます。

8月12日(土)~14日(月)タイは3連休。

8月12日(土)アジアンティークへ。

シリキット王妃誕生日(母の日)ということもあってかすごい人。

コンサート見たり。
なんか有名な歌手らしく追っかけみたいな
おばちゃん連中が前の方にいっぱい陣取ってた。

Qui01.jpg

シロウも聞いたことがある曲もあった。

8月13日(日)
Qui02.jpg
↑チンコパフェ。

 シロウが注文しようとしたが
 ガーンちゃん恥ずかしがって却下


8月14日(月)はシリキット王妃誕生日の振り替え休日で
会社休み。
クィーン・シリキット公園に行くことに。

公園内では青空マーケットが開催されていた。
雰囲気は良いが、屋外なのでとにかく暑い。

Qui04.jpg
↑青空マーケットの様子

Qui03.jpg
↑ヘビも売られていた。
 1匹4,000バーツ~(約12,000円~)

公園内を散歩。約22ヘクタールもあるそうな。
王妃の公園らしく花が多い。

Qui07.jpg
↑まず、このようにシロウが試し撮りさせられる

Qui05.jpg
↑広々として気持ちいい

午後からは映画鑑賞
ホラー映画が観たいとのガーンちゃんの希望。
「アナベル2」
邦題は「アナベル 死霊人形の誕生」なのか。

Qui06.jpg

ガーンちゃんはビビりまくって楽しんでたな。


「アート・イン・パラダイス」&「Chocolate Ville」
8月5日(土)
エスプラネードというショッピングセンターへガーンちゃんと。

まずは食事。

ガーン「ここシズラーないの?」

シロウ「ないみたいね。Fujiにしようか。」

ガーン「Fujiはカレーある?」

シロウ「あるよ。カレー食べたいの?
    じゃあ、CoCo壱にしよう。」

CoCo壱で食事。
ガーンちゃんはCoCo壱のカレーが好きなのだ。

食事の後は4階の「アート・イン・パラダイス」へ。
ここは変わった写真が撮れるところ。
ガーンちゃんは100枚くらい撮ってたんじゃないか?

中国人のおねえちゃんがいっぱいいた。(ただし残念な感じ)
Art01.jpg

ART02.jpg

Art03.jpg

Art04.jpg

Art05.jpg

↑100枚の中から一部紹介

なんだかんだ3時間位写真撮りっぱなし。
ガーンちゃんは特に写真バカ

夕食はちょっと離れた「カセサート‐ナワミン通り」にある
Chocolate Villeという巨大屋外レストランへ。
5時頃到着。
ここはタイ人に今大人気のレストランで
夕方以降はすごい人だった。

Art06.jpg
↑敷地内マップ

Art07.jpg
↑塔の上から撮影

Art12.jpg
↑池の周りの席が人気

Art08.jpg
↑メニュー この右側のページのスペアリブがイチオシらしい

Art09.jpg
↑食事中

Art11.jpg
↑夜景

Art10.jpg
↑勝手にボート上へ

昼と夜で雰囲気ががらっと変わるので
5時位に行ってまずは敷地内を見てから
6時位から食事し、7時位からライトアップされた雰囲気を楽しむのが
カップルの王道かと。
バンコク中心地からそれほど遠くないので
デートスポットとしてオススメ。
ただしここも中国人多し。


アユタヤ旅行2017
7月15日(土)
ガーンちゃんとアユタヤ観光に行くことに。
シロウは何度か行ってるしあまり興味をそそられないので、
今回は初めて行くマイナーなスポットもスケジュールに
入れてみた。

アユタヤに向かう途中でパトゥムタニにある
「リムナム・ワット・サーンチャオ市場」に立ち寄ることに。
ワットというのはタイ語で寺を意味するので、
この市場はお寺近くの川辺にある。

市場はほぼローカルで小規模。
ガーンちゃんがちょっと買い物したくらいで(シロウのお金だが)
魚と鳩にタンブンしたくらい。
所用時間も30分程度。

Ayu01.jpg
↑魚にタンブン(ほとんどナマズ)

Ayu03.jpg
↑餌にどんどん魚が集まってきてイモ洗い状態

Ayu02.jpg
↑鳩にもタンブン

さらにアユタヤ中心部に行く前に1か所寄り道。
バンパイン宮殿へ。
ここはガーンちゃんの希望。
シロウは知らなかったのだが、
タイ人には非常に有名な観光スポットらしい。
行ってみるとJTBツアーの日本人観光客も結構いた。

広いのでブルジョアな人たちはゴルフカートで敷地内を移動。
平民の我々は徒歩。
景色はきれいでのんびりしたいところだったが、
この日はとにかく暑かった。汗だく。

Ayu04.jpg
↑美しい庭園

Ayu05.jpg
↑とても広く撮影スポットはいっぱい

宮殿観光の後は近くで昼食。
たまたま見つけた所だが、
川沿いで景色がよくお勧め。

Ayu06.jpg
↑おいしい料理

Ayu07.jpg
↑TONNAM RIVERVIEWというタイ料理レストラン。

アユタヤのメイン観光スポットへ。

Ayu08.jpg
↑ガイドブックでよく見るやつ

Ayu10.jpg
↑アユタヤの遺跡

Ayu09.jpg
↑上れる遺跡もあり

Ayu11.jpg
↑修復工事中

とにかく暑い。。。

前回カンチャナブリー旅行の時に象乗り計画してたけど
時間が足りず乗れず。
そこで今回アユタヤで乗る予定だったが、今回も時間が足りず。。。
シロウは象に乗ったことあるんで、どうでもいいんだが、
ガーンちゃんは乗ったことないので、乗せてあげたかったんだが。

車で移動してるとアユタヤはあちこちに遺跡が見えるので
ガーンちゃんが「ちょっと、あれ見に行こうよ!」と
予定外に見る所が増えてしまったため時間が足りなくなってしまったのだ。

Ayu12.jpg
↑しょうがないので象の像と写真で我慢

アユタヤはシロウ的には日帰りで十分なんだが、
ガーンちゃんは1泊してじっくり見たかったみたい。

最近ガーンちゃんとの旅行日記になってるな。。。


カンチャナブリ2017(その3)
前回からのつづき。。。

7月10日(月) ホテルチェックアウトして
まず向かったのは連合軍共同墓地

ガーンちゃんは怖がりなので、
「戦死者のお墓」と教えたら嫌がったが、
行ってみたら明るい雰囲気で開放感のあるきれいな庭園という感じで
喜んで写真とりまくってた。
連合軍墓地なのでやっぱり白人の観光客がここは特に多かったが、
日本人も行っておくべきだろう。

kan3-1_201711070033508e2.jpg
↑真剣に説明書きを読むガーンちゃん。歴史の勉強中。

kan3-2.jpg
↑説明書き。

kan3-3.jpg
↑墓標。ほとんどが30歳以下で亡くなってた。

kan3-4.jpg
↑お墓なのになぜかうれしそう

墓地の後は、国鉄カンチャナブリ駅へ。
電車に乗って「クウェー河鉄橋(戦場にかける橋)」を通過し
タムクラセーまで行く予定。
シロウはこの路線に乗るのは3回目。

kan3-5.jpg
↑カンチャナブリ駅時刻表

駅に人はそれほど集まっておらず、切符はすぐ買えた。
シロウは外国人価格で100バーツ。タイ人のガーンちゃんは無料
約1時間遅れで電車が到着。
進行方向に向かって左側が眺めがいいので、
左側の座席を確保したかったが、すでに満席。
しょうがなく空いていた右側に。

日本軍が断崖絶壁に敷設したこの路線は
いつ乗っても興奮する。

多数の事故死者(主に捕虜)を出しながら敷設したらしいが、
よくこんなところに電車を走らせたなと感心する。
車窓から見える景色もすばらしい。

タムクラセに到着。
洞窟などを見学。

kan3-6.jpg
↑断崖絶壁を走る

kan3-7.jpg
↑ちょっと怖い。高所恐怖症の人は無理。

kan3-8.jpg
↑今はのどかで美しい景色

kan3-9.jpg
↑車窓から。クウェー河鉄橋。

タムクラセ駅周辺にはレストランや屋台がいくつかあるので
そこで昼食。

帰りの電車は眺めの良い右側の座席を確保したかったが、
やっぱり満席で左側に。
まあ、3連休で天気も良かったので人が多いのはしょうがない。
でも、タイ人無料はやめてほしい
ガラの悪いアホっぽい中学生くらいのタイ人がうじゃうじゃいた。
せめて50バーツで切符を販売すれば相当席に余裕ができて、
お金を払ってるのに長距離を立ち乗りになる外国人観光客が
だいぶ救われるはず。

クウェー河鉄橋駅で下車し、周辺の市場など散策。
小腹が空いたので軽くビールでも飲みながらと思ったら、
この日は「アルコール飲料販売禁止の日」で飲めず。
軽く食事し、バンコクへ戻った。

シロウはタイの観光地でカンチャナブリが一番好きだが、
ガーンちゃんも「今まで行った観光地の中で一番良かった」と言っていた。
良かった。

今回行ったところ以外にもカンチャナブリやその周辺は見どころが多く、
最低2泊は欲しいところ。
1日はツアーで主要な所を回り、他はレンタカーなどで自力で回るのが
良いと思う。

カンチャナブリ旅行日記 完

カンチャナブリ2017(その2)
前回からのつづき。。。

7月9日(日)まず向かったのはシーナカリン・ダム
ここはガーンちゃんの希望。
以前、ナコンナヨックのダムに行った時に、
景色が素晴らしかったので、ダムに興味をしめしたようだ。

しかし、「ナコンナヨックのダムの方がいいね」と
あまり感動はしなかった模様。
kan2-1.jpg
↑ダムの眺め

ダムの次に向かったのはPhra That Cave(洞窟)。
洞窟の入り口に向かうには
駐車場から600メートルほど山登りをしなきゃいけない。
結構急なところもあるので、サンダルとかだと辛いかも。
普段あまり歩かないタイ人たちも頑張って登っていた。

Kan2-2.jpg
↑ちょうど半分まで登ったところ。300メートル地点。

kan2-3.jpg
↑ちょっと休憩。

洞窟の入り口には「ガイドが来るまでここで待て」と書かれており
しばらく待つことに。
ガイド同伴じゃないと入れない。

照明がなく真っ暗なので
ガイドが持つ照明がないとちょっと危険かも。
まあそれなりにきれいだが、コウモリ独特の匂いがあったし、
洞窟の中は蒸し暑かった。

kan2-4.jpg
↑洞窟内。

kan2-5.jpg
↑洞窟内。結構狭い所も。

日本の三大鍾乳洞の内の2つ、龍泉洞(岩手県)と
秋芳洞(山口県)に行ったことがあるシロウにとっては
ちょっと物足りない。
たぶんここは日本人はほとんど来てないと思われる。

洞窟の後は、エラワンの滝へ。
ここは以前来たことがあり2回目。
公園内にはいくつかの滝があり、
そこを歩いて回る。
人が多くて景色がイマイチ。

ドクターフィッシュもいっぱいで、
水の中に入るとすぐかじりついてくる。

kan2-6.jpg
↑滝つぼの様子。雨季なのであまり透明度は高くない。

Kan2-7.jpg
↑滝の裏側まで泳いで行ったガーンちゃん。

今回、思ったのは「ガーンちゃん、水泳が上手になったなー」と。
足が届かないところも平気で泳いでいた。
海とか滝とか何度も一緒に行ってるから、そら上手になるわ。

エラワンの滝の後は、象乗りに行く予定だったけど、
洞窟と滝でだいぶ時間が取られてしまったので、パス。
Malika R.E.124というところに向かった。
エラワンの滝からグーグル先生に従って最短ルートで向かうと、
とんでもない農道やら林の中を通らなければならず、
途中やたらと看板で「野生象に注意!」とあり、
道路上に象のでかいウンコが大量に落ちていたりして、
危うく車で象のウンコに突っ込むところだった。
ガーンちゃんは不安になり「ほんとにこんなところに
観光地あるの?」と。

走り続けていると急に町が開けてMalika R.E.124へ到着。

シロウもここは初めて。
広い敷地内が昔のタイの街並みになっており、
店員などが全員、民族衣装を着ている。
しかも観光客も民族衣装のコスプレ可。
衣装のグレードにより金額はいろいろ。

シロウ「ガーンちゃんも民族衣装着てみたら?」

ガーン「実はさっき滝で泳いだ時にパンティ濡れたから
    今、ノーパンなの」

民族衣装は自力で着るのが難しいらしく、
着付け担当者が付いて着替えさせてくれるので
ノーパンがバレてしまう。
恥ずかしくて無理なんだと。

あ~。

kan2-9.jpg
↑施設内ではこの古銭みたいのに両替してから
 買い物ができる。
 とりあえず300B分(約900円分)を両替。

kan2-8.jpg
↑人力車。

kan2-10.jpg
↑コスプレしたタイ人がうじゃうじゃ。

kan2-11.jpg
↑店員も民族衣装。

施設内でだらだらメシ食ったり、お茶飲んだりしてたが、
観光地にしては意外と安く、300Bも使い切らなかった。

kan2-12.jpg
↑素焼きのコーヒーカップがおしゃれ。持ち帰り可。

kan2-13.jpg
↑後ろに見える塔は登れる。

後日、ガーンちゃんがMalika R.E.124の写真を友達連中に見せたら
皆うらやましがって、「私も行きたい~」とか「どこにあるの!?」とか
興味津々だったとか。
おねえちゃんと一緒にカンチャナブリに行くなら、
Malika R.E.124はお勧め。
ただしちゃんと「パンティは着けてくるように」と伝えるのを忘れずにね!

7月10日(月)に続く。。。