タイ行くかい?系の日記
2007年、某大手企業グループの1社に勤めていた36歳シロウが、何を考えたか突然会社を辞め安定した生活を捨てタイへ飛び出した!! 体育会系とは正反対のタイのゆる~い環境でてきと~に書いていきます。気付いたら在タイ10年過ぎてた。


FC2カウンター



プロフィール

シロウ

Author:シロウ
12年以上勤めた日本の会社を辞め、現在タイのバンコクで働いています。

けっして体育会系の人間ではありません。
ゆる~いのが好きです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ポートフォリオの見直し
米国対中国の貿易戦争が熱くなってきた!
 トランプ頑張れ! 中国が倒れるまでやれ!
 そしたら世界恐慌になるね。株購入の最大のチャンス到来や~。
しかし、日本のマスコミがトランプを叩いて中国寄りばかりなのはなんなんやろ。
 中国が東南アジアやアフリカで滅茶苦茶してるのもちゃんと報道しろや。
 世界の覇権を中国が握るようなことになったらマジでやばいのに。
 以前の日記にも書いたが、シロウの予想通りインドが漁夫の利を得るか?)

さて、本文いきます。

4月のソンクラーン休暇(タイ旧正月)にマレーシアへ行く予定にしてたんだけど、
一緒に行く予定だった友達の都合が悪くなり、行けなくなっっちゃった。
5連休が暇になっちゃったんで、真面目に投資について考えてみた。

まずは、久しぶりにポートフォリオの見直しを行った。
しばらくほったらかしで管理してなかったので、ものすごくバランス悪っ!!

※ポートフォリオとは・・・現金、預金、株式、債券、不動産など、
             保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容

株やFXなどリスクを取れるのは一般的に(100−年齢)といわれる。
例えば、シロウは現在46歳なので、
100−46=54 

つまり54%は株などのリスク資産に投資し、
残りの46%は現金や国債など安全資産を持っておくのがバランス良い、とされる。

もちろん、その人の経済状況などによってベストなバランスは変わってくると思うけど、
一応これを目安に、シロウは株等リスク資産60%、現金等安全資産40%に調整していくことに。

また、シロウの場合は生活基盤が日本ではなくタイなので、バーツを多めにして
日本円ベース40%、タイバーツベース30%、その他ドルなど30%に調整していくことにした。
(もし今、日本に住んでたら日本円ベース60%、その他40%位にするかな。)
現在、バーツ資産(現金、株)の割合が10%程度しかなく、目標の30%には程遠いので、
遊ばせてるバーツをちょっと真面目に運用して割合を増やさないといけない。

【いろいろ考えた結果、今後の方針決定!!】
1.日本株を買い(eSports関連株2銘柄イーガーディアン、SHIFT+建設関連株)
  *建設関連株は地震の時に株価が跳ね上がるので地震のリスクヘッジ用
2.タイ証券会社にてタイ株を買い
  (eSports関連株1銘柄と他1銘柄 eSports関連はMFECにする予定)
3.日本の証券会社で持っていたタイ株(CPF)を一部売却し
  さらに資金を追加投入しインド株、ベトナム株、フィリピン株(MPIとコンビニ関連株を予定)
  を新規購入検討。
4.ブラジル株を一部売却しアルゼンチン株へ(メルカドリブレにする予定)
5.米国株を買い(NVIDIAかMonster Energyの予定)

現在保有中で元本回収済みのタイ株(バムルンラッド病院など)、
インド株(インフォシスなど)、日本株(モバイルファクトリ—など)は
とりあえずそのまま放置。

【上記説明】
1.eSportsは趣味なので、期待をこめて。
  予定どおりにいけば未来も明るい。
  2022年にアジア競技会のメダル種目に決定しているし、
  2024年のパリオリンピックの正式種目を目指している。
  eSports関連は連日良いニュースばかり。
  あと、建設株はいつ南海トラフ地震が来てもいいように。
  こればっかりは、いつ来るか分からないので、
  長期保有しても苦にならない安定して配当出す復興関連株をこれから探さなきゃ。
  今まで資産の内の数パーセントしか所有してなかった日本株を
  今後15%程度まで増やす予定。

2.MFEC(タイのIT企業)は事業内容も有望だし、  
  配当率も6%あってシロウが調べた結果、優良株といえるんだけど、
  なぜか株価が下がり続けている。
  原因をいろんな角度から探ったところ、
  蓋をするようにちょっと高めの金額で不自然に大量の売りが出ているのを発見。
  これが騰がらない原因か。
  おそらくこれは見せ板(売買する気がないのに大量の注文を入れて
  価格操作しようとすること。日本だと違法。タイは知らん)で、
  上値を押さえつけて安く買い集めたい大口がいると思われる。
  大口の買い集めが完了して、売り板の蓋が取れたら上がり始めると思われるので、
  購入タイミングを逃さないように、株価や板の状況は時々チェックしておきたい。
  この株は日本で扱ってる証券会社はなさそうなので、
  タイの証券口座を持っている人しか買えなそう。
  eSportsビジネスを手掛け始めたナリ君に調査依頼したが今のところ情報なし。 
  MFECの他、あともう1銘柄調査して投資予定。(配当率が高く長期持てる銘柄) 

3.インド、ベトナム、フィリピンにちょっとまとまった額を投資予定だが、
  現状はいろいろ問題が。
  シロウは変な情報(アナリストの嘘話や推奨銘柄が書いてあるブログなど)が頭に入ってくる前に、
  ニュートラルな状態で企業情報と決算書をまず確認して銘柄を絞り込む。
  ベトナムの上場企業を調査した結果、
  「これはいいぞ!」とワクワクするような会社を2社見つけた。
  事業内容、決算内容とも良く(シロウ基準だが)、チャートもなだらかな右肩上がりで美しい。
  
  一応、「ベトナム関連のブログ」などで悪い情報などがないかチェックすると、、、
  ベトナムには「外国人保有枠」というのが存在し、
  人気株は常に枠いっぱいで買えない、との情報発見。(嫌な予感。。。)
  抽出した2銘柄の外国人枠を調べると、案の定枠いっぱいで購入不可。
  うわーっ、せっかく時間掛けて銘柄絞り込んだのに。。。(涙
  とりあえず一旦はベトナム株はあきらめるけど、
  何か起きて(あるとしたら中国と紛争などか?)外人が手放して枠が空けば、
  リスクはあるけど思い切って多めに買いたい。
  ASEAN内ではベトナムに一番投資したい。
  
  ということでベトナムへの投資は外人枠で厳しい状況なので、
  ASEAN内でまだ投資したことのないフィリピンの上場企業を調査。
  コンビニ関連株(セブンイレブンにするかな)と
  MPI社(インフラ関連)はまあまあ面白そう。
  ただ、現状フィリピンには問題があって、ドゥテルテ大統領が完全に親中派ということ。
  ここのところずっとフィリピンマーケットが右肩下がりだが、
  欧米が資金を引き揚げてる模様。

  
philippines chart

  ↑フィリピン株全体の今年の値動き(フィリピン株総合指数)
  大統領が代わらないうちは期待できない。右肩下がり。

Ayala chart

  ↑フィリピンを代表する不動産会社の値動き(アヤラ・ランド社)
   今年に入ってから見事な右肩下がり。年初から約16%下落。

  とりあえず様子見しておいて、親米政権に代わってからの投資でも良さそう。
  モルディブ、スリランカが中国に借金漬けにされて半植民地化してるのは有名だが
  最悪フィリピンもそうなる可能性がある。
  やっぱり東南アジアは政治リスクが怖い。
  フィリピンの政情は要監視。
  う〜ん、中国から一定の距離を保っているインドネシアの方が今は安全そうだけど、
  どうすっかな。。。
  さらっと表面上だけインドネシアの上場企業を一通り調べてみたけど
  あまり興味をそそられなかったんだよな。。。
  
  タイ株のCPFを一部売却した理由は、既に大企業になり株価が結構上がってしまって
  これ以上の成長はあまり期待できなくなったため。
  配当は3%あるし倒産することもまずないだろうけど、面白みもなくなってしまった。

CPF.jpg
  ↑CPFのチャート。
  シロウが買い始めたのは2003年6月。その後鳥インフルで下がった時に買い増し。
  2008年から急激に上がってますね。

  ちなみにベトナムやフィリピンなどの発展途上国の株はアイザワ証券などで買えます。
   
4.投資予定のメルカドリブレ(アルゼンチン)はかなり有望な株と思うけど、
  怖いのはアマゾンが本格的に南米に進出した時に
  シェア奪われるかも。それが一番大きなリスク。
  アマゾンの動向は気にしておきたいところ。
  あと、アルゼンチンの経済が今危機的状況なので、
  落ち着くまでは様子見かな。
  こちらも買うタイミング待ち。

5.NVIDIAやMonster EnergyはeSportsのスポンサーになってくれてる会社なので
  応援する意味で買ってみたい。
  NVIDIAはAI(人口知能)分野にも進出しており、事業内容が面白そうな会社。
  Monster Energyは飲料品会社だが、デザインがよくファッションとして
  若者にも人気があるそうな。
  これらの銘柄が何かの原因で大きく下がった場合は、内容によっては買うチャンス。
  時々株価ウオッチして様子見。

上記を10年程度の目標でやっていきたい(もちろん市場の状態によっては早くも遅くもなる)

次回日記もおねえちゃんネタではなく投資関係予定なので
面白くないと思います。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

世界的に大麻(マリファナ)が合法化する流れについて
(今回の日記から数回、投資関係になります。
 主な目的は自分の記録用として。
 数年後に「あの時はこういうこと考えてたんだな」と
 確認できるように。      
あとは、文字に起こすことによって自分の頭の中を
 いったん整理しようかと。           シロウ)
 

canada market
↑先日、カナダで大麻が合法化する法案が可決された。

大麻(マリファナ)がタバコや酒より害があるのかないのかが
しきりに議論されてるけど、本質はそこじゃないと思う。
世界的な禁煙ブームの中でタバコに代わる財源を確保しないといけない、
ということと、どうせ裏にお金が流れるのだったら合法化してしまえ、ということ。
シロウは25年程前にカナダのヴィクトリアやウィスラーに3度旅行したが、
タバコを吸ってるとよく「タバコちょうだい」とカナダ人に声を掛けられた。
たしか当時で日本の数倍位の価格だった。タバコに掛ける税金が高かったのだろう。
まだ飛行機の中でも普通にタバコが吸えた時代の話だ。

実際カナダでは合法化前から大麻を簡単に手に入れることができたらしい。
もはや体に悪かろうと「合法化してしまって裏に流れてるお金を国として吸い上げたい」と
いうことだろう。
今まで裏に流れていたお金はマネロンされることがなくなり、
堂々と商売し納税するようになるだろう。
お金のことだけを考えれば正しい決断だろう。
昔のアメリカの禁酒法でマフィアにお金が流れ込んで失敗したのは有名な話だ。

実はアメリカ合衆国も大麻合法化に向けてもはや時間の問題という状況だ。
カナダの大麻合法化が経済にどれほど影響があるのか、お金の流れがどう変わるのか
アメリカに投資を考えているシロウにとってはカナダの事例は非常に参考になる。
注視していきたいと思う。

canada market 3M
↑カナダ3ヶ月チャート
ここ3ヶ月はきれいな右肩上がり

タイでは麻薬所持は最高で死刑だが、
体に悪いからということではなく、利権がらみで禁止しておいた方が
権力者にとって都合がいいというのが一番の理由だろう。
日本の場合は、電子タバコが売れているので、
まだ当分の間は大麻(マリファナ)の合法化はなさそう。
もし世界的な流れで日本も合法化された場合、
JTが取り扱うことになるんだろうし、
合法化になりそうな気配が出てきたらJTの株でもあらかじめ買っておけば
美味しい思いをできるだろう。
JTは配当金の利回りが年4%以上あり、年々増配傾向にあるし
株主優待も最低単元の100株しか持ってなくても1000円分のJT製食品がもらえるなど手厚いので
配当目当てで保有しておくのも良いと思う。
1株2,000円程度まで落ちるようなことがあったら、目を瞑って買っても大丈夫かと。
倒産することもなさそうだし。

JT 10Y
↑JTの10年チャート
実際には娯楽用大麻より先に医療用大麻が先に合法化されるだろうから
JTよりも医療用大麻関連株を先に調べておきたい。

大麻の害については専門家の間でも諸説あるので、
素人のシロウが分かるはずもなく、議論するのはあまり意味がないし時間の無駄。
そこは専門家に任せておいて、シロウのスタンスとしては
とりあえず住んでる国の法律を守るということと、
法律が変わることによってお金の流れがどのように影響するかを予測し
投資に活かしていく
こと。

大麻の害が少ないことが判明したから合法化する、ということではなく、
本質はお金であるということ、
世の中には表の情報に本質が隠された似たような事例がいっぱいあり
投資する上で本質を見誤らないようにしたい。

特に法律が変わる時や規制が外れたりするとき
お金の流れがガラッと変わって、株価が大きく変動する会社が出てくるので
予想が当たればチャンス。

次回日記もおねえちゃんネタではなく投資関係なので
面白くないと思います。
テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイで虫歯治療
3月29日(木)、シラチャにある歯医者へ虫歯治療に行ってきた。

日本で虫歯治療した詰め物が3箇所とも取れてしまっていたのだが、
そのまま放置してた。
3日前くらいからズキズキと痛むようになって、
さすがにヤバイと。

https://www.yotsubadental.jp/
↑四つ葉デンタルクリニックという日本人向けの歯医者

タイの法律では日本人の歯科医が実際に治療をすることはできないので
タイ人の歯科医が担当。
日本語通訳が付く。

歯のレントゲンを撮られて、検診。

治療方針の説明があった。
膿の除去と仮詰めして今日のところは4,500B(約15,000円)と。
完全に治すには虫歯1箇所あたり6回程の通院と30,000B(約9万円)が掛かる見込みと。

今痛みが発生しているところ以外の詰め物がとれた2箇所についても
直した方がいいだろう、と。
なんだかんだで100,000B(約30万円)くらい掛かりそう。
タイは保険が効かないので、全額自己負担

タイ人向けの完全ローカルの歯医者だと安いんだろうけど、
まあ安心料だと思って、しょうがない。

さっそく治療してもらうことに。
麻酔2箇所注射され、キーンという嫌な音がする機械と
何やらガリガリやられた。
麻酔効いててもマジ痛え。

仮の詰め物されて初日終了。
見積もりどおり初回は4,500B。

抗生物質と痛み止めをもらった。

終わった後、食事にいったんだが、
麻酔の影響で唇の感覚が全くなく、食事に一苦労。
普段なら20分位で食べ終える量だが、1時間も掛かってしまった。

これから治るまで歯医者通いか~。めんどくせー。

歯科助手のおねえちゃんが2人いるのだが、
でかいマスクしてるのでかわいいのかどうなのか分からない。
顔見せろ。
かわいければ通院の苦痛が多少やわらぐかと。

Shika.jpg
↑こういうの希望

(その後も週一くらいで歯医者に通っており、
 虫歯2箇所は完了。残り1箇所をこれから治療。
 すでに7万バーツ(20万円位)を超えた。
 歯も痛いが懐も痛い。。。          )
テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

カプコンプロツアー“ThaigerUppercut 2018”
3月24日(土)、朝部屋でウダウダしてたら
ナリ君から「シロウさん、今日タイでスト5の大会ありますよ!!」と
電話が。

※スト5・・カプコンのストリートファイター5という格闘ゲーム

マジで!? そんなニュース見てないけど。

ナリ君「私も選手のツイッター見てさっき知ったんですよ~」

ナリ君はeSports動画鑑賞が趣味なのだが、
そのきっかけは数ヶ月前のシロウとの何気ない雑談からだった。

シロウ「日本人のときどっていうゲーマーが世界大会で優勝したんだよ」

普通の人だったら、「ふ~ん、そうなの」位の反応なのだが、
ナリ君はその動画をYoutubeで見て、
それ以降eSportsにハマってしまった。
これがナリ君にとって良いことなのかどうなのかは
今の所シロウには分からない。
世間一般には「eSports? 所詮ゲームでしょ?」だろうからね。

話元に戻します。

渋滞に巻き込まれて
相当遅れて会場であるアジアンホテルに到着。

ただ、タイのグダグダの運営のおかげで
進行が遅れており、大会中に間に合った。

ナリ君と合流。

ナリ君「あそこに板ザン、いますよ」

※板ザン・・・板橋ザンギエフという名の有名日本人プロゲーマー

さっそく、「写真撮ってもいっすか?」と話しかけ、
少し会話をしながら写真撮影。
ミーハーやな。

TGU01.jpg
↑板ザン選手とナリ君

板ザン選手の他にもボンちゃん選手、ももち選手、どぐら選手、えいた選手など
有名な日本人選手がちらほら。
いつも動画で見てる選手が目の前をうろうろしてるのは、
なんか不思議な感じがした。

ナリ君は「仕事に活かす」とのことで、
運営側の人と名刺交換。
後日、挨拶に行くことになったらしい。

結局、会場には2時間程いた。

TGU02.jpg
↑会場の様子。 9割以上男。

TGU04.jpg
↑ボンちゃん選手が外国人選手と対戦中

それなりに熱気は感じられたが、
問題点もたくさん。

1.会場案内などのプラカードなど何もない。
2.司会進行などがない。
3.誰が勝ち残ってるか、など結果や進行状況などが分からない
  ってか、そもそもこの大会に参加選手は誰が来ているのかが分からない。

などなど。

正直、高校の文化祭よりもレベルが低かった。

きちんと司会進行をおいて、簡単な選手紹介「Evo2017覇者!!日本代表ときど選手の出場です!!
皆さんふるって応援お願いします!!」や
「これから10分トイレ休憩に入ります」などアナウンスなどすべきだろう。
タイっぽく、何となくダラダラやってる感じ。
見てると選手も「え?俺の出番なの?」てな感じ。
これだと初めて見に来た人は、誰がすごい選手なのかもアマチュア選手なのかすら分からず、
何が何だか全く分からないことだろう。
また来ようという気にはなれないと思う。
観客が楽しめるようなショーアップなど仕掛けも必要。

日本のK1などをみて少しは盛り上げ方の勉強してほしい。
とにかく運営はグダグダだった。
観戦料無料だからっていっても、ちょっとねー。

大会結果は下記のとおり。

■■ThaigerUppercut 2018『ストV AE』部門上位結果
優勝 ときど(豪鬼)[日本]
準優勝 sako(メナト)[日本]
3位 Aziz(豪鬼、コーリン)[クウェート]
4位 板橋ザンギエフ(アビゲイル)[日本]
5位 Tse4(バイソン)[香港]
5位 K-Brad(キャミィ)[アメリカ]
7位 ボンちゃん(ナッシュ)[日本]
7位 Big Bird(ラシード)[UAE]

https://appvs.famitsu.com/20180326_3325/
ナリ君と写真を撮った板ザン選手は4位だった。


https://www.youtube.com/watch?v=1RuzUSrG910
↑決勝の様子。日本人対決。

後日、ナリ君がeSportsビジネスへの進出を兼ねて
大会運営代表者に会いに行ったけど、金持ちのボンボンで
適当すぎて全然ダメ
だったらしい。
今後、ナリ君が運営側に入って改善していけば、
少しはマシになるんだろうか。
せっかく世界的にeSportsが注目浴びつつある中で
運営のせいでタイでは発展が遅れそうで怖い。

既にeSportsに興味ある人だけでなく、
新規を取り込んでいかないと、業界が発展していかない。
本気で「この分野を発展させたい」と情熱を持った人が
運営してくれることを強くのぞむ。
今はまだビジネスとしての規模は小さいし採算に合うかどうか微妙だろうけど、
地道に発展に尽くしていれば利益は後からついてくるはず。

まっ、シロウは外野からヤジ飛ばすだけなんだけど。
テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

パタヤ
(※今回の日記は18禁となっております。
 シモネタ嫌いな人はご注意ください。  シロウ)

シロウがタイに来た当初からの
ソフトボールチームメートのヤマちゃんが
2018年3月末に日本へ帰国することになった。

ヤマちゃんはタイ人と結婚して日本で生活していたのだが、
タイ人奥さんがホームシックになり、
2007年8月にタイに移住してきた。
シロウがタイに来たのが2007年9月末頃で
ヤマちゃんの方が約1ヶ月訪タイが早い。

2007年10月にシロウがソフトボールチームに入ってから
10年来の友人である。
タイ奥さんとは移住して数年後に離婚しており、
常々「タイ人嫌いだし、タイにいる意味ないよなー、帰ろっかな」と
冗談っぽく話していたが、今回ついにそれが現実となってしまった。

結構このケースは多くて、タイ人が嫌いになって数年で帰国する人
多くみてきた。
タイ嫁に苦しめながらも耐えながら生活してる日本人もいっぱいいるが、、、

「帰国前に最後、パタヤでパーっと遊びたいんだけど、一緒にどう?」と
ヤマちゃんから誘いがあり。
2月17日(土)一緒にパタヤで遊ぶことに。

まずはヤマちゃんお勧めのステーキ屋で夕食。
牛肉をレアで食べられる、とのことで
レアでたべた。(夜中から下痢になったんだが、おそらくこれのせい)

食後、1軒目ゴーゴーへ。
ヤマちゃん「ここは準備運動だから」と。
しかし、速攻でおねえちゃん連れ出し。

シロウ「えっー!? さっき準備運動って言ってたやん。」

ヤマちゃん「今日は目標9発だから、これは準備運動ですよ」(笑)

どんだけ絶倫なんや。

ヤマちゃん「いい薬があって、すごい効くんですよ」ニヤリ

ドーピングか。
ちなみにシロウは薬に頼ったことはない。

シロウは近くの喫茶店でヤマちゃんを待つことに。

しばらくすると、ゴーゴー近くのホテルで一仕事終えたヤマちゃんが
戻ってきた。「2発完了っす」

ヤマちゃん「さっ、次行きましょう!!」

賢者モードどころか、テンション高っ!!

次の店でもさっそくおねえちゃんを指名し、モミモミしてる。
「やわらかくて気持ちいい~!!」
また持ち帰るのかと思いきや、スイッチが入らなかったようで
3軒目へ移動。

ヤマちゃん、3軒目でも速攻でおねえちゃんを指名しモミモミ。
しばらく店の中でしばらくイチャイチャした後、お持ち帰り。
このペース、旅行者超えてる!!

この時点で12時位になっていたので、
シロウは帰ることに。

(後日、ソフトボールチームで送別会をし
 皆でボールに一筆書いて、ヤマちゃんを見送った。
 
シロウ「日本帰ったらタイ料理が懐かしくなったりするんじゃない?」

ヤマちゃん「それはないです!!」キッパリ

日本でもいろいろえろえろがんばってほしいですね。 シロウ )



ソフトボール大会(2018年3月)
(ちょっと前のことになるけど、マレーシアの選挙でマハティール氏が勝って
 みごと復帰しました。 ASEANに投資してる人は皆さん注目して見ていた選挙戦でした。
 中国の傀儡政治から脱却できそう。マハティール氏が親日というのは有名です。
 日本にとっても良い結果でしたね。マレーシアは既にほぼ先進国で投資はする予定ないけど
 今後も注目していきます。                          シロウ)

3月11日(日)味の素カップ第二回大会
今回は第一回大会より1チーム増えて7チームの参加。

チームメンバーに事前に出欠をとると、
参加予定人数が増えすぎて、なんと25名!!

「これ2チームに分けて参加の方が良くない?」って話になり、
大会1週間前に大会事務局へ「2チームで参加いいっすか?」と確認したら、
「もう組み合わせ等決まってるから、変更無理。今さら何言ってんだよ、ボケが。」と
却下されてしまった。

ただ、「人数ギリギリのチームがあるので、
そこに助っ人を何人か出してあげて欲しい」との依頼あり。
25名中7名を助っ人として出すことに。

今回の大会、コバ監督と助監督がそろって日本出張と時期が重なり
参加できなくなったため、なんとシロウが監督をすることになってしまった。
面倒くせー。

コバ監督「シロウ君、当日は指揮よろしく」

シロウ「ヤダ、チョーカンベン」

コバ監督「ダメ、監督命令。ウダウダ言ってると永久ベンチな、おまえ。」

は~、事前にオーダー決めないと。
帰国でこの大会が最後の参加となる2名はフル出場してもらうこととして、
日本から来てくれたワダ君もフル出場だな、とか考えながら
出席率やチームへの裏方的な貢献度を考慮して、
勝ちにはこだわらないオーダーを作った。

アベさん(前監督)からは「今回も優勝や!!2連覇や!!
必勝オーダーや!!」と電話が。

その後も「必勝オーダーできた?」と何度も督促の電話が。

そんなに気になるなら、アベさんが監督やってくれ。。。

大会なので、たしかに「勝ちにこだわる」のもアリかと思うんだけど、
いくら上手でも普段の練習にほとんど参加しないで、
大会だけに出てくるような人はあまり使いたくない、
というのがシロウの気持ち。
采配権限は監督にあるので、シロウの考えを押し通させてもらった。

予選は3チームで総当たりのリーグ戦、1位のみ勝ち抜け。

で、結果。3チームが1勝1敗で横並び。
大会ルールにより、じゃんけんで勝ち抜けを決めることに。

じゃんけんで3チーム中、2位。1位通過ならず。
この時点で優勝の可能性は消滅し、3位決定戦へ。

3位決定戦は惜しくも負けてしまい、7チーム中4位という結果だった。
まあ、ほぼ現在の実力通りの結果じゃないかな。
ヘタな人は使わずうまい人だけでチーム組んで
ガチで勝ちに行けば優勝は狙えたと思うけど。

シロウは采配に専念したため、守備は1試合だけで
残りの試合はDHでしか出場しなかったが
すげー疲労感。
監督なんてやるもんじゃないな。
たとえフル出場でも選手の方がラク。


PC買い替え
2018年年始のこと。

自宅でPC使ってたら、突然シャットダウン
立ち上げようとしたけど、うんともすんともいわなくなった。

「どうしたんだ?Hey Hey Baby~♪」

思わず、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」を歌ってしまう。


https://www.youtube.com/watch?v=4CZZslbCWaQ

しばらく放置して試みるも、状況変わらず。

2011年後半に購入した東芝ノートパソコンで、
6年以上使っていたからそろそろ壊れてもおかしくない頃。
しゃーない。

買い替えも視野に入れつつ、パソコンショップへ持っていった。

シロウ「ちーっす。こいつ立ち上がらないんだけど~、
     ちょっと見てくんねえかな?マジヤベえ。」

蓋開けて何やら機器を使って確認する店員。

店員「マザーボードの交換が必用ですね。
    東芝のパーツは取り寄せになるので、2週間位は見てください。
    費用は作業費込で数千バーツ位になります。」

シロウ「データは取り出せる?」

店員「データは生きてますね。すぐ取り出せますよ。」

シロウ「じゃあ、修理しなくていいよ。新しく買うわ。」

ということで、東芝ノートパソコンの修理は諦めて、
買い替えることにした。

【過去のPC及びワープロ使用履歴】
NEC PC6001mkⅡ→NEC PC8801mkⅡSR→富士通オアシス(ワープロ)→
日立FLORA→富士通デスクトップ→東芝ノート→東芝ノート(タイで購入)

上記のようにずっと日系メーカーを使い続けてきたが、
ついに今回はDell製にすることに。
本当は日系メーカーにしたいんだけど、
タイだとシェアが低すぎて、故障した時にパーツがすぐ手に入らないなど不便なので。
すまんの。

さらに、今回はノートじゃなくてデスクトップにしてみた。
持ち運びに便利なので前回はノートにしたんだけど、
よく考えたら、この6年間修理時と引っ越し以外1回も外に持ち出したことがなかった
「それだと、ノートにする意味なくね?」というのと
「今回は大きいモニターにしてみよう、ウヒヒ」と考えたから。


今回購入したもの
・Dellデスクトップ本体 Optiplex3050
PC01.jpg


・Acer22インチモニター
PC02.jpg

・USB無線LANアダプタ


・UPS(停電対策)
PC04.jpg

スペックは前回より少々良くなったが、トータル価格は今回の方が掛かった。
ノートPCだと不要な「無線LANアダプタ」と「UPS」を買った分高くついた。
タイは停電が多いのでUPSは持っておいた方がいい。
PC用スピーカーは既存のOlasonicを使いまわしなので、費用が掛からなったが、
持ってなかったらこの分も掛かるところだった。
Olasonic スピーカーはコストパフォーマンス最高。(以前の日記でも書いたけど)
PC03.jpg


今回は買わなかったが、デスクトップはカメラもマイクもついてないし、
ノートPCのオールインワン的な便利さはやっぱり捨てがたいところ。

ただ今後、「モニターが壊れた」だの「スピーカーが壊れた」だの起こった時は
壊れた部分だけ買いなおすか修理できるので、
デスクトップの優位性が活かされるだろう。

今のところ調子良いです。
画面が大きいのはやっぱいいですね。

ペッチャブーン旅行その2
前回の続き。。。

12月10日(日)
ホテルで朝食後、まず向かったのは
Bann Hom Tienという観光地。

ここは撮影スポット多くいわゆる「インスタ映え」するところ。
日本人的にはあまり楽しくないが、
タイ人といくなら必須観光地だろう。

Su01.jpg
↑カラフルに光ってるのはロウソク

Su02.jpg
↑写真撮影疲れる

The Scenery vintage Farmへ。
スワンプンだと、ここも必須観光地
羊に餌付けしたりショーもあったりして
カップルにもファミリーにもお勧め。

Su03.jpg
↑羊ショー。ガキども大喜び。ガーンちゃんも大喜び。

Su04.jpg
↑餌もって歩くとあっという間に羊に囲まれる

いつも写真撮影で想定以上に時間とられるので、
今回は十分余裕をみたスケジュールにして正解だった。

Bo Khlueng Hot Spring(温泉)へ。
全体的にぬるいので、日本人は吹き出し口に近いところお勧め。
温泉につかるだけなので、ガーンちゃんはすぐ飽きるかな、と思ってたけど
気に入ったようで、2時間くらいお湯につかったり外で涼んだりしていた。

Su05.jpg
↑タイ人は服を着たまま入る。間違っても全裸にならないように。

Venetoという「インスタ映え」する観光地へ。
温泉で時間取り過ぎたため、閉館間近に入園。
遊ぶ施設と言えばボートくらいしかないが、
きれいな写真はたくさん撮れる。
タイ人はこういうところが好き。

Su06.jpg
↑写真撮影のための旅行

Su07.jpg
↑とりあえずきれいな写真が撮れれば大満足のガーンちゃん

食事はKrua Mon Khaiというタイ料理屋へ。
すごい行列。30分くらい待った。
ちなみにVIP席は追加料金払えばすぐ座れる模様。
ここは美味しくて安いので人気がでるのも分かる。

2日目終了。

12月11日(月)
3日目は帰りがけに
ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ寄った。

10年以上前に1度来たことがあって、その時は観光客向けで
商売っ気が強すぎていいイメージが無かったが、
今回も変わっていなかった。

水上市場の中ではここが外国人観光客には一番人気なんだが、
シロウには一番つまらない水上市場。
水上市場あちこち行ったことがあるガーンちゃんも
「ここは高いしうるさいし店員しつこいし、良くないね」と。
情緒のかけらもない。

Su08.jpg
↑ボート大渋滞

2泊3日旅行終了。


ペッチャブーン旅行その1
12月9日(土)~12月11日(月)タイは月曜が祝日で3連休なので
2泊3日で「タイのスイス」とよばれる
ペッチャブーン県スワンプンへ行ってきた。

ここは以前、ヨダ君、一休、レックちゃんと4人で行ったことがあるところ。

今回泊まったホテル(Sanitaコテージ)は車がないと不便なところだったが、
周りは自然いっぱいでなかなか良かった。
宿泊費の割に、朝食もちゃんと手作りでおいしく、
果物などの食材の一部はホテル内の農園で採れたものも。

スタッフも親切だった。
20Bのチップであんなに喜んでくれるとは。
「今までチップもらったことない」って言ってたけど、マジか?

pe00.jpg
↑Sanitaコテージ。 白人も結構泊まっていた。

1日目ホテルにチェックインした後、まずは
Tham Khao Binという洞窟へ。

pe01.jpg
↑洞窟の前は庭園が広がっている。 池があるってことは・・・?

pe01-1.jpg
↑恒例の魚に餌付け

pe01-2.jpg
↑シロウは羊に餌付け

pe02.jpg
↑Tham Khao Bin入口

pe03.jpg
↑洞窟内

次に向かったところも
Tham Chomphonという洞窟

pe04.jpg
↑洞窟の入口前にはサルがいっぱい

pe05.jpg
↑洞窟内

おっぱい店員で有名な喫茶店Cup C Cafeへ。

pe06.jpg
↑この看板が目印

ここはナリ君が、「ラチャブリー方面行くなら
行かないと」と情報くれたとこ。

エロそうなおっさんで行列できてた。

カップルもいたが、あきらかに気まずそう。
シロウは偶然を装って入ったが、
「この店知ってたでしょ?」とガーンちゃんにバレバレだった。

メニュー取りに来る時も
わざと前かがみで谷間がもろに見えるようなサービス。
いや~、眺めがいいね~。

pe06-1.jpg
↑豊胸し過ぎの店長。Cカップどころかスイカップ?
さすがにガーンちゃんの前では他のおねえちゃんの写真は撮れなかったので
この画像はシロウが撮ったものではなく、ネット上から。

pe07.jpg
↑店員は一緒に写真とってくれる。
こちらの写真もネット上から

pe08.jpg
↑料理は意外とちゃんとしていた。おっぱい閲覧料が乗ってるため少し高め

この日は夕方に「コウモリ寺」行って
帰りにホテル近くのムーガタで食事。
ガーンちゃん、ムーガタはあまり好きじゃないと思ってたが
ここのムーガタは食材多く、気に入ったようだ。

pe09.jpg
↑黒い帯がコウモリ。 ここは以前来たことがあり2回目。

2日目へ続く。。。

クリスマスツリー&動物園デート
(イチロー事実上の引退か。。。寂しくなるな。
 シロウはイチローのファンで、イチローTシャツを買ったほど。
 日米野球でイチローが東京ドームに来た時、当然シロウはライトスタンドにいた。
 イチローが練習ボールをスタンドに投げ入れたとき、シロウの方向へ。
 ジャンピングキャッチ!!と思ったら、はじいてしまい斜め後ろの人に捕られてしまった。
 グローブ持っていっておけば良かったよ。。。                    シロウ)

さて、本文いきます。 

12月4日(月)
クリスマスツリーを見にセントラルワールド前へ。

写真バカのガーンちゃんは大喜びで
撮りまくり。
翌日が祝日ということもあって、人が多かった。

Chu1.jpg
↑写真撮影大好きなタイ人がうじゃうじゃ

Chu2.jpg
↑サンタとツリーのところは特に人気

Chu3.jpg
↑こういうのを何枚も撮らされる。

Chu4.jpg
↑場所を代え撮影。 モデルにでもなったつもりかよ

Chu5.jpg
↑いい加減飽きてきた

12月5日(火)祝日
ガーンちゃんとドゥシット動物園へ。

昔レックちゃんと行ったことあるのでずっと避けてたのだけど、
さすがに日帰りで行くところがなくなってきたので。

動物園の駐車場入り口は渋滞しており、
祝日ということで人がいっぱい。

以前来たことあるところだったけど、
全然覚えてなく、初めて来たのと同じくらい新鮮だった。

バンコク市内にこんな立派な動物園があるのは
素晴らしいと思う。
入場料も安いし。(タイ人は50B 約150円)
ただ、聞くところによると、
現在の王様がこの動物園を郊外に移転させたがってる、とのこと。

Chu5-1.jpg
↑入口から撮影タイムスタート

Chu6.jpg
↑タイで超有名な日本軍人こぼりさん

Chu7.jpg
↑魚に餌。ガーンちゃんはどこ行ってもチャンスがあれば必ずやる

Chu8.jpg
↑隙あらば写真

Chu9.jpg
↑後ろに見えるのはキリン